ラッキョウの育て方

都会からリタイアして地元の田舎に戻り始めた家庭菜園、少しずつ学んだ野菜の育て方のコツをまとめてみました。

 1.ラッキョウ栽培のキモとコツ

ラッキョウ(辣韮)とは、ネギ属の多年草です。オオニラやサトニラという別称があると、あちこちに書かれていますが、ついぞ、そんな名前は聞いたことがありません(汗)。調べてみると、道教(道家)では、臭気の強い薤(オオニラ)は淫欲や怒りをもたらすと禁じたそうで、中国からラッキョウが伝来した大昔の呼名かもしれません。

ラッキョウは、特有の強い匂いと辛味を持ち、生薬の一種として漢方にも用いられることから、適量を食べると滋養強壮としての効能があるとされ、最近では、血液サラサラ効果やダイエット効果があるという説も。以前、松井秀喜がまだ巨人で活躍していたころに、『毎朝、ラッキョウを1粒食べている』という話を聞いた覚えがあります。また、カレーライスの付け合わせ(薬味)に出されるのは、ラッキョウに含まれているアリル硫化物という成分が、消化を助け、また豚肉に含まれるビタミンB1の吸収に役立つと言われているからです。ただし、くれぐれも食べすぎにはご注意を(笑)。

【品種】
中国から日本に伝わったのは平安時代とされ、さほど多くの品種はありません。ラクダ系の品種を元に、歯ごたえや球の大きさを改良した品種や、匂いや辛みを抑えエシャロット(エシャレット)として栽培される品種、沖縄の島ラッキョウなどがあります。
ラッキョウは、ニンニクと同じく、その年に収穫した球根を種球として植えて栽培を繰り返していくので、今となっては、我が家のラッキョウの品種は、何か分かりません(汗)。強いて言うなら、「我が家のラッキョウ」(笑)。
【連作障害】
ほとんどありません。
【病害虫】
ほとんどありません。
ラッキョウの葉を食害する害虫・ネギコガ?・・・のはずが、春先(4月下旬から5月上旬)に、小さくて黒い、丸っこい芋虫の様な、何かの幼虫が大量発生し、地上葉を根元から食害され、1年物のラッキョウの畝は、結構大きな被害を受けました(泣)。結構な数なので、捕殺するのも面倒だと、マラソン乳液を散布して安心していたのですが、一向に効かなかったようです・・・(汗)。結局は、根気よく捕殺するしかありません。この害虫、ラッキョウの葉の他に、ワケギの葉やニンニクの葉にも付いていますので、ネギ属の葉を好んで食害しているようです。一体何の幼虫なのかと調べてみると、見た目的には「カブラハバチ」の幼虫に似ていますが、カブラハバチはその名の通り、”カブラ”などアブラナ科の野菜の葉に付くそうなので違うとすると、「ネギコガ」なのかな?。薬剤散布で駆除する場合は、マラソンは効果が見られず、オルトラン(粉剤、水和剤)が効果的でした!。

 2.植え付け

ラッキョウの花一塊になって収穫された球根を、1つずつの球にばらし、それを種球として植え付けて栽培します。植え付けて1月半も経つと花を咲かせますが、種は採れません。

さて、「らっきょう漬け」としての商品価値は、もちろん味も重要ですが、シャキシャキとした歯ごたえも大切です。そのため、大粒のラッキョウより、小粒のラッキョウが好まれます。しかし、漬ける側からすると、小さいラッキョウほど、洗って皮を剥いて、根と葉を切ってという作業が大変になるし、量も作れません。そのため、国産の小粒のらっきょう漬けは、中国産のものと比べると、とても値段が高いです。

小粒のラッキョウにするか、大粒のラッキョウを収穫したいか、まずは品種選びもありますが、在来種を育てている場合には、植えつけ方と育て方で、球の大小を調整することができます。

小粒で食感・食味のよいラッキョウを育てるための代表的な栽培方法が、「2年越し栽培」。ラッキョウは普通、夏の終わりから秋に種球を植えて、翌年の春から初夏に収穫しますが、そこで収穫せずにそのままもう一年越冬させ、植え付けから2年後の春から初夏に収穫するのが、2年越し栽培です。ラッキョウは、最初植え付けた1つの種球が、分蘖(ぶんげつ)して10~20個もの1塊のラッキョウに育ちます。しかし、そこで掘り起こさず、そのまま土の中に置いておくと、翌年にはさらに1球が10~20倍もに分げつしたら、一体どうなるか、想像してみてください(汗)。実際には、スペースの関係で、最大の20×20倍=400倍とは成りませんが、分げつした球根が土の中でひしめき合うことで、より小粒のラッキョウを収穫することができます。

ラッキョウの1年物と2年物左の写真は、10月上旬のラッキョウの株の様子。右側の株は、8月下旬に1球を植え付け、芽が出て花が咲いた状態。左の株は、昨年植え付けて今年収穫せずにそのままにして、同じく花が咲いた状態の株。分げつの数が全然違います!。

その原理を応用すると、通常の1年栽培でも、1箇所に2~3粒の種球を植え付けることで、収穫できる球は小粒になりますし、浅植えするより深植えした方が、小粒になりやすいです。


 

【気象環境】
生育適温は、18~22℃。冷涼で乾燥、日照を好みます。しかし、8月下旬から9月上旬の、まだ残暑の盛りの頃が、植え付けの適期。植え付けると間もなく芽を出し、一月もすると花を咲かせます。
耐暑性・耐寒性とも高く、北海道から沖縄まで、全国で栽培することができます。
【播種の適期】
播種(種まき)の時期は、暖地では11月上旬~下旬、中間地・寒地では10月中旬~11月上旬です。越冬前に大きな苗にし過ぎると、逆に凍害を受け易くなってしまうので、早蒔きには注意が必要です。本葉が2~3枚になった頃が、一番寒さにも強くなります。
種まきと収穫時期
 
【土壌・施肥】
土質は特に選びませんが、水はけが悪いと球根が腐敗することがあります。吸肥力が強く、痩せ地や乾燥地でもよく育ちます。そのため、鳥取県など砂地の地域での栽培が盛んです。毎年野菜を育てている畑であれば、耕すだけで、基肥(元肥)も石灰も特に施す必要はありません。
【植え付け】
耕したら平畝を立て、蒔き溝を掘って、種球を植え付けていきます。植え付ける株間は10cm、条間は20cm間隔。比較的密植は可能です。
ラッキョウの種球天地を間違えないように、発根部を下、種球の先端を上に向け、古根は取らず薄皮も剥かずに、そのまま土に埋めます。植え付ける深さは、3~5cmが一般的。覆土の厚さを2cmくらいの浅植えにすると、丸く太った球が多く収穫でき、5cm以上の深植えにすると、細目の小粒な球が収穫できます。漬けるには大きい球の方が楽ですが、ラッキョウは小粒の方がシャキシャキと食感がいいですね(笑)。小さい球を収穫したい場合は、株間を20cmに広げ、1ヶ所に2~3球を同時に植え付けてもいいです。少し高畝にして、深めに植え付けても構いません。

 3.育て方

ラッキョウは、野菜栽培の中では、とても手のかからない野菜です。ただ、栽培期間が長いので、草取りだけは必要です。

春になった3月ごろ、葉の色を見て緑が薄いなと感じたら、株元に少し鶏糞などを撒いて追肥し、草取りを兼ねて中耕・土寄せをしておきましょう。

5月になって、球が肥大してくると、球根の先端が分かれ出します。そのままにしておくと、株元から光が土の中に入って、ラッキョウの白い肌が緑変してしまうので、土寄せをします。

収穫

ラッキョウ漬けラッキョウは、収穫時期になっても、葉がニンニクの様に大きく枯れてきませんし、タマネギの様に葉が倒れることも無いので、収穫適期が分かりにくいです。6月下旬が収穫期の目安。ただし、ラッキョウは、収穫して時間が経ち鮮度が落ちてくると、薄皮がどんどん剥がれやすくなってしまいます。できれば、収穫したその日のうちに、塩漬けにしましょう。そのため、休みの日など、ラッキョウを漬ける時間的余裕のある日を狙って、収穫しましょう!(笑)。

らっきょう漬けは、個人的に、甘酢漬けより塩漬けが大好き。甘酢に漬け直す手間もかかりませんし、日持ちもするのでおすすめです。

 


▲ページTOPへ