【野菜栽培カレンダー】 5月

種まきの時期を逸したりしない様に、家庭菜園で日々すべき必要な作業を記した野菜栽培カレンダー(日誌)を作ってみました。

旧暦で5月の和風月名は「皐月(さつき)」。田に早苗(さなえ、苗代から田へ移し植える頃の稲の苗)を植える時期であり、早苗月(さなえづき)が略され早月(さつき)となり、”神に捧げる稲”という意味の「皐」の字があてられたそうです。現在の季節感とは1~2ヶ月ほどズレますが、季節としては 初夏(しょか)に当たります(立夏(5/6頃)から芒種(6/6頃)の前日まで)。

長野では、遅霜の心配が無くなる5月のゴールデンウィークから、家庭菜園での種まきや苗の植え付けが本格化します。私は、基本的に種まきをして、多くの野菜の苗を自分で育てていますが、ナスやトマト、特にピーマンやシシトウはいくら保温して早く種まきをしても、収穫時期が遅くなってしまうため、1~2株ずつは育った苗を購入して定植することにしています。接ぎ木苗を植えたい大玉スイカも、この時期に苗を購入して定植します。

※ 私が住んでいる長野県長野盆地辺りでの、気候や風土に沿った野菜栽培の作業日誌です。お住まいの地域の寒暖によって、前後させてください。ちなみに、長野の「桜の開花日」(平年)は4月13日です。全国の主要都市のさくらの開花日(気象庁)を参考に、ずらす日数をご判断ください。
※ 年によって日が異なる暦(祝祭や行事、二十四節気など)は、最も一般的な平年日に合わせました。
5月の家庭菜園 作業日誌
主な作業



1日 らっきょう土寄せ
2日 八十八夜
3日 仏花(アスター、百日草、ダリア等)の種まき、菊の植替え
4日
5日 端午の節句
6日 立夏(りっか)
7日 購入苗(トマト・ミニトマトナスピーマン、シシトウ、スイカ)の定植
8日
9日
10日 自家苗(キャベツナスキュウリ等)の定植



11日
12日
13日
14日 トウモロコシエダマメの種まき(2回目以降適宜)
15日 サツマイモ苗の植え付け
16日
17日
18日
19日
20日 ラッカセイの種まき



21日 小満(しょうまん)
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日 白系カボチャの種まき(直播き)
31日 セロリ苗のポット上げ
【関連ページ】も、是非ご覧ください。

▲ページTOPへ