【野菜栽培カレンダー】 6月

種まきの時期を逸したりしない様に、家庭菜園で日々すべき必要な作業を記した野菜栽培カレンダー(日誌)を作ってみました。

旧暦で6月の和風月名は「水無月(みなづき、みなつき)」。この”無”は連体助詞である”の”を意味し、「水の月」、つまり田に水を引く(水を張る)時期であることを表しています。現在の季節感とは1~2ヶ月ほどズレますが、季節としては 仲夏(ちゅうか)に当たります(芒種(6/6頃)から小暑(7/7頃)の前日まで)。

そろそろ梅雨の時期です。長野(関東甲信越)の梅雨入りは、平年だと6月8日ごろ。ちょうど、昨年の秋に植えた、タマネギニンニクの収穫時期と重なります。早い場所では、早生品種のジャガイモも、収穫適期を迎えます。畑が雨で湿っている状態で、こうした貯蔵する野菜を収穫すると、乾きが遅く傷みやすいので、出来るだけ晴れの日が続くタイミングを見計らって収穫を済ませなければなりません!。

※ 私が住んでいる長野県長野盆地辺りでの、気候や風土に沿った野菜栽培の作業日誌です。お住まいの地域の寒暖によって、前後させてください。ちなみに、長野の「桜の開花日」(平年)は4月13日です。全国の主要都市のさくらの開花日(気象庁)を参考に、ずらす日数をご判断ください。
※ 年によって日が異なる暦(祝祭や行事、二十四節気など)は、最も一般的な平年日に合わせました。
6月の家庭菜園 作業日誌
主な作業



1日 衣替え
2日 長ネギ(ネギ坊主)の自家採種
3日
4日 小梅の収穫
5日 ソラマメの自家採種
6日 芒種(ぼうしゅ)
7日 タマネギの収穫
8日 梅雨入り(平年)
9日 イチゴのマルチ撤去・苗取りの準備
10日 菜花の種取り



11日
12日
13日
14日
15日 ニンニクの収穫
16日
17日
18日
19日
20日 ラッキョウの収穫



21日 夏至(げし)
22日 ゴーヤの棚紐張り
23日
24日
25日
26日 大梅の収穫
27日 セロリ苗の定植
28日
29日
30日
【関連ページ】も、是非ご覧ください。

▲ページTOPへ