【野菜栽培カレンダー】 8月

種まきの時期を逸したりしない様に、家庭菜園で日々すべき必要な作業を記した野菜栽培カレンダー(日誌)を作ってみました。

旧暦で8月の和風月名は「葉月(はづき、はつき)」。紅葉が終わった木々の葉が落ちる「葉落ち月」が転じて葉月となりました。現在の季節感とは1~2ヶ月ほどズレますが、季節としては 初秋(しょしゅう)に当たります(立秋(8/7頃)から白露(9/8頃)の前日まで)。

いよいよ真夏の8月。私が子供の頃には、最高気温が33度と言ったら『今日は暑い』とアイスをねだったものでしたが、近年は長野でも35度や36度は当たり前…(汗)。37度超えの日もあり、過去の最高気温は38.7℃!。ただし、朝晩は気温が下がり、日中でも日陰で涼しい風がふけば、なんとかクーラー無しでも過ごせるので、身体の負担はだいぶ軽くて済みます。でも、野菜はそうはいきません。多くの野菜が、高温と日照りで、生育が停滞してしまいます。それなのに、こっちは暑い中で水やりをしなければなりません…。ただし、クウシンサイツルムラサキだけは、どんなに高温になろうとも、嬉々として葉を茂らせてくれるのが、せめてもの救いです(笑)。上手に育てれば、オクラもたくさん収穫できます!。

※ 私が住んでいる長野県長野盆地辺りでの、気候や風土に沿った野菜栽培の作業日誌です。お住まいの地域の寒暖によって、前後させてください。ちなみに、長野の「桜の開花日」(平年)は4月13日です。全国の主要都市のさくらの開花日(気象庁)を参考に、ずらす日数をご判断ください。
※ 年によって日が異なる暦(祝祭や行事、二十四節気など)は、最も一般的な平年日に合わせました。
8月の家庭菜園 作業日誌
主な作業



1日
2日 レタスの種まき
3日
4日
5日
6日 夏土用明け
7日 立秋(りっしゅう)
8日
9日
10日



11日
12日
13日
14日
15日 お盆
16日
17日
18日 早取りハクサイの種まき
19日
20日



21日
22日
23日 処暑(しょしょ)
24日
25日 ホウレンソウの種まき
26日
27日
28日 早取りダイコンの種まき
29日 ラッキョウワケギの種球植え付け
30日 レタス苗の定植
31日
【関連ページ】も、是非ご覧ください。

▲ページTOPへ