【野菜栽培カレンダー】 9月

種まきの時期を逸したりしない様に、家庭菜園で日々すべき必要な作業を記した野菜栽培カレンダー(日誌)を作ってみました。

旧暦で9月の和風月名は「長月(ながつき、ながづき)」。日増しに夜が長くなっていく「夜長月(よながつき)」から「長月」となりました。現在の季節感とは1~2ヶ月ほどズレますが、季節としては 仲秋(ちゅうしゅう)に当たります(白露(9/8頃)から寒露(10/8頃)の前日まで)。ちなみにこの仲秋とは、秋を3区分した初秋(旧暦7月)、仲秋(同8月)、晩秋(同9月)のことです。月見の風習がある八月十五夜の月を『中秋の名月』と表しますが、この中秋(ちゅうしゅう)は、「秋の中日」(旧暦8月15日)のことを指しています。

長野では、8月もお盆を過ぎると暑さが一服、そして9月になると、急に秋を感じる様な空気感に一変します!。夏の暑さで成長が止まっていた野菜も、元気を取り戻し、急に成長を加速させます。そして、秋野菜の種まきが、最盛期を迎えます。

※ 私が住んでいる長野県長野盆地辺りでの、気候や風土に沿った野菜栽培の作業日誌です。お住まいの地域の寒暖によって、前後させてください。ちなみに、長野の「桜の開花日」(平年)は4月13日です。全国の主要都市のさくらの開花日(気象庁)を参考に、ずらす日数をご判断ください。
※ 年によって日が異なる暦(祝祭や行事、二十四節気など)は、最も一般的な平年日に合わせました。
9月の家庭菜園 作業日誌
主な作業



1日 二百十日
2日 ハクサイの種まき
3日
4日
5日
6日 ダイコンの種まき
7日
8日 白露(はくろ)
9日 重陽の節句
10日 タマネギの種まき



11日 縮みホウレンソウ・縮みコマツナの種まき
12日
13日 野沢菜の種まき
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日 サツマイモの試し掘り



21日
22日
23日 秋分(しゅうぶん)
24日
25日
26日 長ネギの種まき
27日
28日
29日
30日
【関連ページ】も、是非ご覧ください。

▲ページTOPへ