マルチとトンネルを掛けよう!

畝を立てたら、草除けと地温上昇・保水のためにマルチを敷き、野菜の種まきや苗を定植したら、防虫対策にトンネルを掛けましょう。

畝を立てたら、病害虫と雑草除け、地温上昇・保水のためにマルチを敷き、野菜の種まきや苗を定植したら、防虫対策にトンネルを掛けましょう。

 1.畝作り、畝立て

畝(うね)とは

野菜の種を蒔いたり、苗を植える場所は、1~2週間前に石灰や堆肥など鋤き込んで耕してから、土を盛り上げ、畝(うね)を作ります。この、畝を作ることを、園芸用語で、「畝立て」といいます。

畝を立てることで、水はけをよくし、通気性や日照性も高まります。なお、栽培する野菜ごとに、適した畝の形や大きさ、高さは異なります。葉物野菜は、あまり水はけを気にしなくていいので、高さ5~10cmほどの平畝で構いませんが、乾燥を好むトマトなどは、高畝にした方が、良いトマトが収穫できます。特に、我が家の畑は粘土質で、水はけが悪いので、トマトは、これでもか!ってなくらい、思いっきり高畝にしています。

ちなみに、石灰を施すのは、酸性に強く傾きやすい土を、中和させるためです。特にホウレンソウ等は酸性土を嫌うため、他の野菜より石灰を多めに施します。そこで、石灰に何を使うかですが、一番安いのは「消石灰」。しかし、消石灰はあまりに強アルカリ性で、そのまま野菜の根が直接触れてしまうと、枯れてしまいます。そこで、種まきや定植する時期より、できるだけ早い時期に土に鋤き込み、土に馴染ませてしまう必要があります。消石灰を使う場合は、2週間以上前と言われています。次に安いのが「苦土石灰」で、一番高いのが「有機石灰」です。苦土石灰なら、種まきや定植の1週間前、有機石灰なら、ほぼ影響はないので、直前か同時でも構いません。

肥料も同様です。肥料成分に野菜の根が直接触れると、肥料焼けを起こし、枯れてしまうことがあります。特に未熟な堆肥ほど、早い時期に土に鋤き込みます。化成肥料でも、種まきや定植の1週間前までに、畑に鋤き込むように言われています。ただし、消石灰と有機堆肥を同時に投入すると、窒素分が強アルカリに反応し、アンモニアガスを発生することがあるので、1週間ほどずらす必要があります。そのため、畝を立てるのは、種まきや定植の『1~2週間前には』とされています。

畝立てしかし、実際のところ、そんなに段取りよく、畝の準備なんぞ出来ません(汗)。たいていは、『ア、キャベツの種を蒔くのを忘れてた!』てな感じで、慌てて畝を立てるのが関の山。
そんな時、私は(ほとんど毎回ですが・・・)、少な目の苦土石灰と化成肥料を鋤き込み、畝を立ててから、上から消石灰と鶏糞を撒くようにしています。これなら、すぐに種や苗を植えても、根焼けを起こす心配は、まずありません。まぁ、『もっと早くやれよ!』って話なんですけどね(笑)。

畝の方角

畝の向き・方角畝の向き(方角)は、畑の形や場所など特に制約が無ければ、南北方向か東西方向に畝立てするのが一般的ですが、個人的には、「南北方向」が一番いいと思います。

理由は、背の高い棚を建てても、日中に日陰になる面積が少なく、畑全体に太陽の光がまんべんなくあたり、日当たりが確保しやすいことと、南北の方が風が通りやすいためです。また、強い風が吹くのも、南風や北風の時が多いので、棚やトンネルが、風の被害を受けにくくなります。ただし全国には、ひょっとしたら『うちは、東風(西風)が強いんだよ』っていう地域があるかもしれません(汗)。その時は、地域の先達の教えを乞うてください。

 2.マルチ(マルチング)

マルチとは

農業で言う「マルチ」とは、畑の畝あるいは土を、薄いポリエチレン製のフィルムや、ビニールや紙のシート、稲藁(わら)などで覆うこと(=動詞)で、英語の「Mulching」(マルチング)を縮めて略し、”マルチ”と言うようになりました。転じて、マルチングで土を覆うシートや藁(わら)のことを指して、マルチと呼ぶこともあります(=名詞)。通常、『マルチをかける』とか『マルチをする』、『わらでマルチする』などという言い方をしています。

マルチをする目的は、雑草対策や乾燥防止、地温上昇、雨による土の跳ね返りを防ぎ病害虫対策など、様々あります。また、マルチには、一般的に黒マルチが多く使われていますが、銀マルチや白マルチ、透明マルチ、土に還る紙マルチ、藁マルチなど、効果の違う様々なマルチ素材があります。

地温上昇には、透明マルチが効果的です。早春にマルチして、夏までに剥ぐ場合は、透明マルチがおすすめです。黒マルチでも、ある程度の地温上昇は期待できますが、透明マルチには適いません。それに、黒マルチの下は、ダンゴ虫やゲジゲジ、ナメクジの巣窟になりやすいですが、透明マルチなら地表面が高温になるので、そうした虫も住めません。高温のため地表面の雑草の種や芽も死滅するので、ある程度は雑草も防止できます。

稲わらマルチ夏以降は、逆に直射日光を遮り、地温上昇を抑えてくれる黒マルチが重宝します。稲わらマルチは、野菜の収穫が終わったら土に鋤き込めば堆肥になり良いのですが、広い面積を覆ったり、細かい場所まで隙間なく敷き詰めるのには適していません。私は、ナスやキュウリの株元には稲わらを使いますが、レタスやイチゴの畝には、通常は黒マルチを使います。ただし、少しの株数であれば、簡単に稲わらで済ましてしまうことも。

 3.トンネル

トンネルとは

農業で言う「トンネル」とは、寒さ対策や害虫除けに、畝の上に湾曲したポールを設置し、その上から透明のビニールシートや防虫ネット、寒冷紗、不織布などを掛け、トンネル状にして、野菜を覆うことです。『トンネルを作る』とか、『トンネルで栽培する』という言い方をします。

トンネル用の資材

トンネルを設置するには、トンネル用の支柱(ポール)と、被せる布やシートなどの被覆資材が必要です。なお、育てる野菜や畝の立て方によって、トンネルの高さや幅が違ってきますので、必要となる支柱の長さや被覆資材の幅も変わってきます。トンネル支柱の長さには、900mmからはじまり、1200mm、1500mm、1800mm、2100mm、さらには3,600mm、3,900mmといったものまであります(汗)。しかし、長さや幅の違うトンネル資材を揃えるとなると、コストばかりかかってしまい、それこそ野菜は買った方が安いと言われかねません(汗)。どの長さや幅がいいのかは、残念ながら経験で学ばざるを得ません。個人的には、支柱の長さが2.1mで、被覆資材の幅が1.8mのものを、一番多く使っています。このサイズが汎用的に多く売られているので、単価的にみても、コスパに優れます。なお、支柱の長さは、土の中に挿す深さによってトンネルの大きさを調節できますし、被覆資材の幅も、足りないと問題ですが、余る分にはさほど困りません(汗)。

トンネル支柱は、人それぞれ使い勝手が違うでしょうが、私的には、すぐに曲がってしまう金属製の硬い支柱より、グラスファイバーで出来たフレキシブルな「ダンポール」がおすすめ。太いものより、細い5.5mm径で、長さ2,100mmのものが、安くて使い勝手が良いです。

被覆資材は、値段の安さにつられて不織布を買うと、すぐに穴が開いたり破れたりして、消耗品になりがちです。少し高くても、しっかりした寒冷紗タイプのものの方が、長持ちします。ただし、軽い不織布も、ベタ掛けする時には便利なので、それぞれ買って、自分で使い分けてみてください。

洗濯バサミでトンネル被せた布やシートの裾は、風に飛ばされたり、絶対に虫が入らないように、全面に土をかけて埋め込んでしまうのが一般的です。ただし、土を被せてしまうと、草が生えてきてネットに絡みつき、剥ぐときに布が破れやすくなります。また、草取りや追肥の時に、布やシートを剥ぐのが一苦労です。

そこで、多少の虫による被害は農薬で対処すると割り切って、被覆材の裾は、石やブロック、長めの角材や古くなった物干し竿などを使って押さえるか、洗濯バサミ(ピンチ)でポールに挟んで止めるのがおすすめ。最近は、安いプラスチック製の洗濯バサミでも、紫外線による劣化防止塗料が塗られた製品が、スーパーなどでも売られています。20個入りで100円ほどと、大変お買い得ですよ!。

 


【関連ページ】も、是非ご覧ください。

▲ページTOPへ