プロ野球 勝敗の途中経過と順位表(2017)

平成29年プロ野球ペナントレース。各球団の星取表と、順位の途中経過が分かる表を作ってみました。

※ このページは過去(2017年シーズン)のページです。今シーズンの情報は、「順位の途中経過(最新)」をご覧ください。

 2017年プロ野球 年間スケジュール

春季キャンプ
2月1日(水)~2月28日(火)前後
オープン戦
2月25日(土)~3月26日(日)
2017 WORLD BASEBALL CLASSIC
1次ラウンド 3月7日(火)~3月11日(土)東京ドーム
2次ラウンド 3月12日(日)~3月16日(木)東京ドーム
決勝ラウンド 3月20日(月)~3月22日(水)米国ドジャーススタジアム
セ・パ公式戦
3月31日(金) セ・パ両リーグ開幕
セ・パ交流戦
5月30日(火)~6月18日(日)
オールスター
7月14日(金) 【第1戦】 ナゴヤドーム
7月15日(土) 【第2戦】 ZOZOマリンスタジアム
日本シリーズ
10月28日(土)~ 【第1戦】 パ出場チーム本拠地

 2017年 ペナントレース星取表

速報データ更新日: 2017年10月10日(火)の全ゲーム終了時点(レギュラーシーズンの全日程が終了)

セリーグの順位変化チャート図

パリーグの順位推移グラフ

2017年 セ・リーグの日程別成績
順位
球団名
期間 対戦球団
勝敗結果(星取表)
成績(末時点、累積)
勝敗分数、勝率、順位、差
優勝
広島
広島
4月 DeDeDeDeDeDe 16・10・1 .615 1位
5月 DeDeDe 29・19・1 .604 1位
交流戦 西西西BsBsBs 41・25・1 .621 1位
6-7月 DeDe 60・33・2 .645 1位
8月 DeDeDeDeDeDe 72・46・4 .610 1位
9-10月 DeDeDeDeDe 88・51・4 .633 優勝
2位
阪神
阪神
4月 DeDeDeDe 14・10・0 .583 2位 差1
5月 DeDeDeDeDe 27・19・0 .587 2位 差1
交流戦 BsBsBs西西西 37・27・0 .578 2位 差3
6-7月 DeDeDeDeDe 49・42・0 .538 2位 差10
8月 DeDeDe 65・51・1 .564 2位 差5.5
9-10月 DeDeDeDeDeDeDeDe 78・61・4 .561 2位 差10
3位
DeNA
DeNA
4月 11・12・2 .478 4位 差3.5
5月 22・24・2 .478 4位 差6
交流戦 西西西BsBsBs 31・33・2 .484 3位 差9
6-7月 47・43・3 .522 3位 差11.5
8月 60・54・4 .526 3位 差10
9-10月 73・65・5 .529 3位 差14.5
4位
巨人
巨人
4月 DeDeDe 13・12・0 .520 3位 差2.5
5月 DeDeDeDeDeDe 23・24・0 .489 3位 差5.5
交流戦 BsBsBs西西西 29・36・0 .429 4位 差11.5
6-7月 DeDeDeDeDeDeDeDe 44・48・1 .478 4位 差15.5
8月 DeDeDe 59・58・1 .504 4位 差12.5
9-10月 DeDeDeDeDe 72・68・3 .514 4位 差16.5
5位
中日
中日
4月 DeDeDeDeDeDe 9・14・3 .391 6位 差5.5
5月 DeDeDeDeDeDe 19・27・3 .413 6位 差9
交流戦 BsBsBs西西西 28・36・3 .438 5位 差12
6-7月 DeDeDe 40・53・3 .430 5位 差20
8月 DeDeDeDeDeDeDe 50・65・5 .435 5位 差20.5
9-10月 DeDeDe 59・79・5 .428 5位 差28.5
6位
ヤクルト
ヤクルト
4月 DeDeDeDeDeDe 10・15・0 .400 5位 差5.5
5月 DeDeDe 20・27・0 .426 5位 差8.5
交流戦 BsBsBs西西西 25・39・1 .391 6位 差15
6-7月 DeDeDeDeDeDe 33・59・2 .359 6位 差26.5
8月 DeDeDeDeDeDe 40・78・2 .339 6位 差32
9-10月 DeDeDeDe 45・96・2 .319 6位 差44
※ ここでの対戦球団の略称は、見易さを重視して、広島カープ巨人横浜DeNADe阪神ヤクルト中日、と表記しています。
=勝ち、=敗け、=引き分け
※ この表での「勝差」の値は、当該末時点における1位チームとのゲーム差です。
※ 4月は、3/31の開幕から4月末日までの期間で、成績は4月末時点。
※ 5月は、5/1から5/28(交流戦前)までの期間で、成績は5/28時点。

セリーグの順位変化チャート図

2017年 パ・リーグの日程別成績
昨季順位
球団名
期間 対戦球団
勝敗結果(星取表)
成績(末時点、累積)
勝敗分数、勝率、順位、差
優勝
ソフトバンク
ソフトB
4月 西西西BsBsBsBsBs 14・12・0 .538 4位 差4.5
5月 西西西BsBsBsBsBsBs西西西 30・19・0 .612 2位 差3.5
交流戦 DeDeDe 42・25・0 .627 2位 差1.5
6-7月 西西西BsBs西西西 62・32・0 .660 2位 差-0.5
8月 BsBsBs西西西BsBs西西西 79・40・0 .664 1位
9-10月 BsBsBsBs西西西西BsBsBs 94・49・0 .657 優勝
2位
西武
西武
4月 BsBsBsBsBs 12・10・1 .545 3位 差4.5
5月 BsBsBs 25・19・1 .568 3位 差6
交流戦 DeDeDe 35・26・2 .574 3位 差5.5
6-7月 BsBsBsBsBsBs 52・37・2 .584 3位 差7
8月 BsBsBsBsBsBsBsBsBs 67・48・3 .583 2位 差10
9-10月 BsBsBsBsBs 79・61・3 .564 2位 差13.5
3位
楽天
楽天
4月 BsBsBs西西西 16・5・0 .762 1位
5月 BsBsBs西西西BsBs西西西 30・12・0 .714 1位
交流戦 DeDeDe 40・20・0 .667 1位
6-7月 BsBs西西西BsBsBsBsBsBs 57・28・1 .671 1位
8月 西西西BsBsBs西西西西西西 64・46・2 .582 3位 差10.5
9-10月 BsBsBs西西BsBs西西Bs 77・63・3 .550 3位 差15.5
4位
オリックス
オリorix
4月 西西西西西 15・8・0 .652 2位 差2
5月 西西西 19・27・0 .413 4位 差13
交流戦 DeDeDe 29・35・0 .453 4位 差13
6-7月 西西西西西西 40・50・1 .444 4位 差19.5
8月 西西西西西西 53・61・1 .465 4位 差23.5
9-10月 西西西西西 63・79・1 .444 4位 差30.5
5位
日本ハム
日ハム
4月 西西西BsBsBsBsBs西西西 6・19・0 .217 6位 差12
5月 BsBsBs西西BsBsBs西西 19・27・0 .413 4位 差13
交流戦 DeDeDe 27・37・0 .422 5位 差15
6-7月 西西西BsBsBs西西西 33・60・0 .355 5位 差28
8月 BsBs西西西BsBs 44・70・0 .386 5位 差32.5
9-10月 西西西BsBsBsBsBs西西BsBs西 60・83・0 .420 5位 差34
6位
ロッテ
ロッテ
4月 BsBsBs西西西BsBs西西西 7・16・1 .304 5位 差10
5月 西西西BsBsBs 14・33・1 .298 6位 差18.5
交流戦 DeDeDe 20・45・1 .308 6位 差22.5
6-7月 BsBsBs西BsBsBs西西西BsBs西西西 29・61・1 .322 6位 差30.5
8月 BsBs西西西BsBsBsBsBsBs 39・76・1 .339 6位 差38
9-10月 西西西Bs西西西BsBs 54・87・2 .383 6位 差39
※ ここでの対戦球団の略称は、見易さを重視して、日本ハムソフトバンク千葉ロッテ西武西楽天オリックスBs、と表記しています。

パリーグの順位推移グラフ

(勝差)」とは、上位チームとのゲーム差のこと。
 「ゲーム差」とは、上位チームAに下位チームBが追いつくには、直接対戦で最低何試合(何連勝)を要するかを示しています。つまり、引分けが無いとすれば、AチームとBチームの貯金(あるいは借金)の数は、ゲーム差の2倍も違うことになります。
 プロ野球で、3ゲーム差を追いつくには、それが実現できたとしても、経験則的に約1カ月かかると言われています。過去、日本のプロ野球界で、最大のゲーム差を逆転して優勝を果たしたのは、1963年の西鉄ライオンズ(パリーグ)で、南海ホークスとの最大14.5ゲーム差をひっくり返して優勝しました。最近では、長嶋茂雄監督が率いた1996年の巨人が、広島との最大11.5ゲーム差を逆転して優勝した「メークドラマ」や、原辰徳監督が率いた2008年の巨人が、阪神との最大13ゲーム差を逆転して優勝した「メークレジェンド」が、記憶に残っています。つまり、逆にオールスターまでの前半戦で、10ゲーム差も付けられると、滅多なことでは逆転不可能な状態と言えるかもしれません。

2017年 順位の途中経過と最終順位表

9月10日、広島とSBが同じマジック「5」、セパ同日優勝なるか!?

セ・リーグでは、お盆前の8月8日に、広島にマジックナンバー「33」が点灯。その後、一旦はマジックは消えますが、9月5日には4度目の再点灯で、マジックナンバーは「12」。9月に入ってからの広島は、ヤクルト、阪神、中日に対して9連勝。その後は1敗を挟んでの2連勝で、一気にマジックを「1」まで減らしています。

一方のパ・リーグでは、9月1日に、ソフトバンクにマジックナンバー「16」が点灯。こちらも、9月に入ってからは8連勝。その後は広島と同じく1敗を挟んでの勝利で、一気にマジックを「1」まで減らしています。

9月14日(木)の試合が終わった時点で、広島とソフトバンクの優勝マジックナンバーは、共に「1」。両チームによるセパ同日ダブル優勝が、ますます現実味を帯びてきました!。過去に、セ・リーグとパ・リーグで同日に優勝が決まったのは2度あり、1951年9月23日に南海と巨人が、1958年10月2日に西鉄と巨人が、同じ日に優勝を決めています。今年の「Xデー」は、16日(土)からの週末が濃厚と目されており、過去最速のセパ同日優勝となるかもしれません。

ソフトバンクがパ史上最速V

9月14日(木)終了時点で、広島ソフトバンクが、共に揃ってマジックを「1」に!。翌15日は試合がなく、9月16日(土)に、59年ぶりセ・パ同日優勝と期待されたのですが・・・。

9月16日(土)、ソフトバンクは、2位の西武相手に敵地メットライフ球場で対戦し、7対3で西武を下し、2年ぶりのリーグ制覇、パ・リーグ史上最速の優勝を決めました!。

しかし、広島は、本拠地マツダスタジアムで最下位のヤクルトと対戦し、地元ファンの期待が高まる中で、まさかの逆転負けを喫し、優勝はお預け・・・。残念ながら、59年ぶりのセ・パ同日優勝は成りませんでした。

広島が2年連続V

9月16日(土)に最下位ヤクルトに逆転負けを喫し、セパ同日優勝を逃した広島は、翌17日(日)の地元マツダスタジアムでの対ヤクルト戦が、台風18号により中止。台風一過の18日は、場所を甲子園に移して、2位阪神との直接対決。勝つか引き分けで優勝が決まる大一番。

9月18日(月・祝)、広島は、初回に松山の適時打で1点先制すると、その後2-2で迎えた8回表には、バティスタが値千金の適時打を放ちリードを奪い、そのまま3-2で逃げ切り、優勝を決めました。広島のリーグ優勝は、2年連続8度目。リーグ連覇は、古葉竹識監督が率いた1979、80年以来となる37年ぶりの快挙で、緒方監督は球団史上2人目の連覇を達成。

2017年 セ・リーグの順位変動
順位 オープン戦 4月末順位 5月末順位
交流戦前
6月中順位
交流戦後
7月中順位
前半終了
7月末順位 8月末順位 最終順位
1位 阪神 広島 広島 広島 広島 広島 広島 広島 優勝
2位 ヤクルト 2 阪神 1 阪神 1 阪神 3 阪神 8 阪神 10 阪神 5.5 阪神 未定
3位 DeNA 3 巨人 1.5 巨人 4.5 DeNA 6 DeNA 2.5 DeNA 1.5 DeNA 4.5 DeNA 未定
4位 中日 0 DeNA 1 DeNA 0.5 巨人 2.5 巨人 4 巨人 4 巨人 2.5 巨人 未定
5位 広島 0.5 ヤクルト 2 ヤクルト 2.5 中日 0.5 中日 0.5 中日 4.5 中日 8 中日 未定
6位 巨人 1.0 中日 0 中日 0.5 ヤクルト 3 ヤクルト 8.5 ヤクルト 6.5 ヤクルト 11.5 ヤクルト 未定

ページへ進む昨シーズン(2016年)の順位変動へ


※ 便宜上、1位~6位まで順位づけしていますが、同率のタイの場合もありますので、ご留意ください。但し最終順位は、もし勝率で複数球団が並んだら、セ・リーグは勝利数が多い球団を上位とし、パ・リーグは当該球団間の勝率が高い球団が上位となります。
※ オープン戦は、そもそも両リーグ混戦を強引にリーグ別に分けている事、試合数が少なくチームによっても試合数が大きく異なるので、勝差の算出に無理がある点、ご留意ください(引分けの数が多いと、マイナスの値もあり得ます)。
※ 5月末は、5/31から始まる交流戦前の、序盤リーグ戦の最終試合時点の順位です。
※ 7月中は、オールスター戦前の前半戦終了時点7/12の順位です。
※ この表での「勝差」の値は、当該末時点における上位チームとのゲーム差です。
2017年 パ・リーグの順位変動
順位 オープン戦 4月末順位 5月末順位
交流戦前
6月中順位
交流戦後
7月中順位
前半終了
7月末順位 8月末順位 最終順位
1位 ロッテ 楽天 楽天 楽天 楽天 楽天 ソフトバンク ソフトバンク 優勝
2位 ソフトバンク 3.0 オリックス 2 ソフトバンク 3.5 ソフトバンク 1.5 ソフトバンク 1.5 ソフトバンク -0.5 西武 10 西武 未定
3位 オリックス 0.5 西武 2.5 西武 2.5 西武 4 西武 7 西武 7.5 楽天 0.5 楽天 未定
4位 西武 0.5 ソフトバンク 0 日本ハム 7 オリックス 7.5 オリックス 6 オリックス 12.5 オリックス 13 オリックス 未定
5位 日本ハム -0.5 ロッテ 5.5 オリックス 0 日本ハム 2 日本ハム 8.5 日本ハム 8.5 日本ハム 9 日本ハム 未定
6位 楽天 3.5 日本ハム 2 ロッテ 5.5 ロッテ 7.5 ロッテ 5 ロッテ 2.5 ロッテ 5.5 ロッテ 未定

ページへ進む昨シーズン(2016年)の順位変動へ


【関連ページ】 こちらも併せてご覧ください。
2017年 プロ野球 解説者による順位予想
2017年 プロ野球 各球団の注目選手

▲ページTOPへ