コードレス掃除機を比較、お勧めはどれ?

掃除機を引っ張りまわすのが億劫になり、コードレス掃除機の購入を決意!やっぱりダイソンかな?

コードレス掃除機(スティック式とか、ハンディクリーナーとも)を買おうと決意!。最初は「ダイソンで決まりでしょ!」と思っていましたが、各メーカーの新製品を見ると、どれが良いのか決められません。そこで、人気でおすすめのコードレス掃除機を比較する一覧表を作ってみました。

新製品・新型・新商品,new 最新の製品情報にページを更新しました。(2018年10月28日)
※ 情報内容については、必ず公式ホームページやカタログで、ご確認ください。
※ 関連する、「お掃除ロボットを比較、お勧めはどれ?」、「布団クリーナーを比較、お勧めはどれ?」のページも、是非ご覧ください。

 1.吸引力で選ぶなら、やっぱりダイソン?

コードレス掃除機、サイクロン掃除機と言ったら『やっぱりダイソン(Dyson)』と言われるだけあって、その吸引力は確かに強力です!。

ただ、どうしても気になるのが、「音(騒音)の大きさ」と「重さ」と「バッテリーの持ち」です。

騒音については、以前よりダイソンのコードレス掃除機は、『ジェット機のような甲高い騒音が煩すぎる』、『掃除機をかけているとテレビの音も聞こえない』と、マイナスの評価が多く聞かれたのですが、V6シリーズ(2015年発売)では運転音が従来モデル(DCシリーズ)に比べて30%低減され、V8(2016年発売)とV7(2017年発売)、最新のV10シリーズ(2018年発売)では50%まで低減されています。

V8/V7/V10の騒音レベルは、運転モードによって 74~84dB程度。80dbの音と言うと、地下鉄の車内やピアノ、布団たたき、麻雀牌をかき混ぜる音のレベルです。最近の静かなコード式掃除機の音は、MAXモードでも 60dBを切っていますので、それに比べれば、ダイソンはまだ結構うるさい掃除機です。60dBの目安は、洗濯機の運転音やトイレの洗浄音、テレビの音のレベルです。つまり、静かな掃除機であれば、テレビの音よりも小さくなっているので、掃除機をかけながらでも普段通りのテレビの音が聞こえますが、ダイソンだとさすがにそうはいきません(汗)。

重さについては、V6が2.1kg、V8が2.61kg、V7が2.47kg、V10が2.58kgとなっており、確かに軽量が最大の特徴であるシャープ「RACTIVE Air」の1.5kgと比較すると重いですが、パナソニックや日立、三菱などの製品でも2kg台前半が多いので、同等か、ちょっと重い程度です。ただし、ダイソンのモーターヘッドは、ヘッド自体が重いことと、自走式では無いので、その吸引力の強さも災いして、ヘッドを前後に動かすのに大きな力が必要になる点は、確かにマイナス要素です。

バッテリーの持ち、つまり満充電状態での連続運転時間は、強モードで比べると、国内メーカーのコードレス掃除機が8分~10分前後、一番長い三菱電機「iNSTICK」(インスティック)で約15分ですが、ダイソンで最長の運転時間を誇るV8/V10でも約8分間と、若干短くなっています。ただし、通常(標準)モードで比較すると、国内メーカーが30分前後なのに対して、ダイソンV8は最長40分間!(V10の弱モード1なら最長60分)。その吸引力の強さを考慮すれば、年末の大掃除には全く足りないにしても、一般的な広さの家で普段使うには、十分な稼働時間かもしれません。

ダイソンの「シリーズの違い」について

まず、ダイソンの Digital Slim コードレスクリーナーのラインナップについてですが、現在の主力製品には、新しい順に、「Dyson Cyclone V10」シリーズ、「Dyson V7」シリーズ、「Dyson V8」シリーズ、「Dyson V6」シリーズという、4つのラインがあります。

シリーズ発売日
V102018年3月
V82016年5月
V72017年5月
V62015年5月
DC742014年10月
DC622013年8月
DC452012年9月
DC352011年2月

これ以外にも、2015年より前に登場した旧型モデル(DCシリーズ)が、リーズナブルな”エントリークラス”として、今でもネットや店頭で買うことが出来ます。「DC35」シリーズ(2011年2月発売)、「DC45」シリーズ(2012年9月発売)、「DC62」シリーズ(2013年8月発売)、「DC74」シリーズ(2014年10月発売)などがあります(なぜか、DC5*シリーズは登場していません)。なお、デジモーターの吸引力に関しては、2013年に発売されたDC61以降のモデルでは、毎分最大110,000回転の最大出力350Wという主力エンジン部分は特に変わっていませんので(デジモーターV8は425Wに出力増強)、とにかく安くダイソンのコードレス掃除機が欲しいという方は、要チェックです!(笑)。

V6/V7/V8シリーズの違いについてですが、まず「Dyson V6」は、2015年5月に発売された、ダイソンの”ミドルクラス”として位置付けられるシリーズです。0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕らえられるポストモーターフィルターを搭載し、課題だった運転音を従来モデル(DC)より30%低減しました。

翌2016年5月に発売された「Dyson V8」は、当時としてはダイソンの最上位機種(ハイエンドクラス)です。よりパワフルな吸引力を実現するため、従来のデジモーターV6から出力が21%アップしたデジタルモーターV8を搭載し、吸引力としては15%アップ。最長運転時間はV6の20分から40分へと2倍に延長され、運転音も従来のDCシリーズに比べ50%低減されました。V6の運転音と比べても、通常使用でV6が82dB、V8が74dBですから、V6の90%に軽減されています。たかが10%と思われるかもしれませんが、例えば80dBというと、地下鉄の車内の騒音レベルで、布団を叩いたり麻雀牌をかき混ぜる音クラス。電車内では我慢せざるを得ませんが、通常生活の中では、隣にいる人はうるさくて我慢できないレベルです。一方、70dBに下がると、騒々しい事務所内の騒音レベルで、かなり大きな声を出さないと会話できないのでうるさいとは感じますが、我慢できないほどでは無くなります。

そして、2017年5月に新発売された「Dyson V7」は、ミドルクラスのV6とハイエンドのV8の間を埋める、いわば”ミドル-ハイレンジクラス”の機種になります。運転音は、V8並みに50%低減されており、リチウムイオンバッテリーもV6よりは改善が図られ、最長運転時間はV6の1.5倍となる30分を達成しています。

そして、最新機種最新型は、2018年3月に発売された「Dyson V10」。従来のハイエンドクラス「V8」を凌駕する、ダイソンの”フラッグシップモデル”として登場しました。ダイソンが、日本のユーザー目線で開発したというV10は、全く新しい「ハイパワー&長時間連続駆動」をもたらす、V10デジタルモーターを搭載しています。回転数(毎分)は、従来(V7/V8/V6)の11万回転から12万5,000回転へと14%アップし、出力は525Wと従来の最上位機種V8の425Wより24%もアップしています。

ダイソンの「モデルの違い」について

なお、V6/V7/V8/V10といった各シリーズごとに、 ”Fluffy(フラフィ)”とか”Absolute(アブソルート)”、”Animalpro(アニマルプロ)”といった、複数のモデル(商品)がラインナップされています。『各モデルの違いは何か?』と言うと、実は、シリーズ毎に、本体は全て同じ機種です。ただ、それぞれのモデル毎に、アタッチメントやヘッドなど“同梱品”が違っていて、同梱品のパーツの種類や数によって、価格が異なっています。また、本体の色が、シリーズやモデルによって異なっているので、例えば 「どうしても DC62 の パープル が欲しい」となると”DC62 モーターヘッド”を、「どうしても DC62 の ピンク が欲しい」となると”DC62 モーターヘッド コンプリート”をといった様に、選ばざるを得ません。

また、「Dyson Cyclone V10 」や「Dyson Cyclone V10 Animal+」のように、ダイソン公式オンラインストアでのみで購入可能な、【直販ストア限定モデル】もありますので、ネットショップで探す際には注意が必要です。

 

ダイソンの「ヘッドの違い」について

ダイソンのV10/V8/V7/V6シリーズには、モデル(商品)によって、付いているヘッドの種類が異なります。基本となるクリーナーヘッドには、「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」、「ソフトローラークリーナーヘッド」、「モーターヘッド」という、3種類のヘッドがあります。それぞれ、特徴や機能が違うため、モデルによって、何れかのヘッドが1種類だけ付属している場合と、違う2種類のヘッドが付属しているものがあります。

①モーターヘッド

最も最初に登場したヘッドが、ダイソンの代名詞ともいえる「モーターヘッド」(カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド)です。ブラシの付いていない古いタイプの掃除機のヘッドや、空気を吸い込む力でブラシを回転させるタービンヘッドとは違い、モーターの力でヘッド内にあるブラシを回転させることで、より多くのゴミを吸い取ることが出来るようになりました。ヘッド内でカーボンファイバーブラシとナイロン素材のブラシが回転し、カーペットに入り込んだゴミも掻き出し、微細なホコリも取り除きます。他のヘッドに比べて、モーターヘッドの幅は約21cmとコンパクトで軽量なので、軽く取り回しやすいメリットもあります。

逆にデメリットとしては、ヘッドと床の隙間が狭いため、大きなゴミはヘッドを前後に滑らせただけでは吸い取り難いこと、ブラシに髪の毛や細い糸くずなどが絡みつきやすいのが欠点です。なお、v7/v8シリーズではモーターヘッドが付属するモデルは選ぶことができません。「V6シリーズ」では、すべてのモデルにモーターヘッドが付属しています。

②ソフトローラークリーナーヘッド

そして2015年に登場したのが、新開発の「ソフトローラークリーナーヘッド」です。最大の特徴は、『大きなゴミから小さなゴミまで、同時に吸い取ります』というセールスポイント。大きなゴミが吸い取り難かったモーターヘッドでは、硬いブラシをブラシバーに搭載していましたが、それに替えて、ナイロンフェルトで覆われた全幅サイズのローラーを搭載することで、大きなゴミを捕らえると同時に、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが、微細なホコリを取り除くことが出来るようになりました。特に、フローリングの床では、他のどの掃除機よりも多くのゴミを吸い取ります。

マイナス面としては、ヘッドの幅が25cmとモーターヘッドより4cmもヘッドが大きく、重量的にもモーターヘッドの約1.5倍も重いことです。ただし、フローリングの床掃除がメインであれば、特に気にならないかもしれません。v6/v7/v8シリーズの「FluffyFluffy+」モデルに、このソフトローラークリーナーヘッドが採用されています。

③ダイレクトドライブクリーナーヘッド

フローリング掃除に特化したソフトローラーヘッドと同時に2015年に登場したのが、カーペット掃除に特化した「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」です。従来のモーターヘッドのブラシパワーを”75%”向上させたことで、カーペットの奥に入り込んだ食べこぼし、ダニの死骸やフン、ペットの抜け毛などをパワフルに取り除くことができます。ダイレクトドライブヘッドは、v6/v7/v8シリーズの「Animalpro」(アニマル・プロ)モデルに採用されていますが、その名前に違わず、毛の抜けるペットを家の中で飼っている家庭では、ペットの抜け毛対策として、最強の武器になるかもしれません。

デメリットとしては、ソフトローラーヘッドと同じくヘッドの幅が25cmとモーターヘッドより4cmも大きいことです。重量的には、モーターヘッドとソフトローラーヘッドの中間くらい。また、太くて硬いブラシ素材が、カーペットの繊維や柔らかい床材の表面を傷つける可能性が高くなるため、デリケートな素材のカーペットや床では注意が必要です。

なお、v7/v8/v10シリーズの最上位モデルである「Absolute」モデルには、ソフトローラーヘッドと、ダイレクトドライブヘッドの両方が付属します。

 

比較してダイソンで選ぶなら、お勧めはこれ!(V10/V8/V7/V6の比較)
製品名 ダイソン
dyson v10
ダイソン
dyson v8
ダイソン
dyson v7
ダイソン
dyson v6
発売日 2018年3月 2016年5月 2017年5月 2015年5月
製品特徴 dyson v10
コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります。コードのいらない解放感。最長60分の運転時間。
dyson v8
強力な吸引力で、大きなゴミから小さなゴミまで最も多くのゴミを吸い取ります。家の隅々まで掃除できる運転時間。
dyson v7
大きなゴミから小さなゴミまで最も多くのゴミを吸い取ります。
dyson v6
ダイソン コードレス掃除機 軽量モデル。
ダイソン公式オン
ラインストア
価格
¥91,584~75,384
(税込)
¥64,584
(税込)
¥59,184~49,464
(税込)
販売終了
ネット安値
(目安)
6万円台から
楽天市場
amazon
4万2千円位から
楽天市場
amazon
4万円位から
楽天市場
amazon
3万円台から
楽天市場
amazon
収納サイズ 25x25x123 cm 25x22x124 cm 25x21x124 cm 25x21x121~
21x21x118 cm
重量 2.58 kg 2.61 kg 2.40 kg 2.10 kg
吸引仕事率
MAX
通常
V8比13%アップ
130 WA
28 WA
13 WA
V6/7比15%アップ
115 WA
28 WA
 
 
100 WA
21 WA
 
 
100 WA
28 WA
 
運転音※1
MAX
通常
DC比50%低減
83 dB前後
77 dB前後
DC比50%低減
85 dB前後
77 dB前後
DC比50%低減
87 dB前後
75 dB前後
DC比30%低減
92 dB前後
83 dB前後
集じん容積 0.54 L 0.54 L 0.54 L 0.4 L
充電時間 約3.5時間 約5.5時間 約3.5時間 約3.5時間
運転時間※2
MAX
通常
最長:約60分
約8分/約5分
約20分/約30分
最長:約40分
約7分/約7分
約30分/約40分
最長:約30分
約6分/約6分
約20分/約30分
最長:約20分
約6分/約6分
約16分/約20分

※1 YouTube「ダイソン コードレス掃除機:V6とV7とV8の運転音の大きさ比較」の計測結果より。
※2 クリーナーヘッド/非モーター駆動ツール、V10の”通常”は「パワーモード2」。

 

ダイソンの同梱品について

ソフトブラシ ミニソフトブラシ ハードブラシ ふとんツール コンビネーション
ノズル
隙間ノズル アップトップ
アダプター

比較してダイソンで選ぶなら、お勧めはこれ! (v10シリーズ)
製品名 V10 シリーズ
Cyclone V10 V10 Absolutepro V10 Fluffy+ V10 Fluffy V10 Animal+
製品画像 Dyson Cyclone V10 Dyson Cyclone V10 Absolutepro Dyson Cyclone V10 Fluffy+ Dyson Cyclone V10 Fluffy Dyson Cyclone V10 Animal+
発売日
(型番)
2018年6月
【直販限定】
2018年3月
SV12 ABL
2018年3月
SV12 FF COM
2018年3月
SV12 FF
2018年3月
【直販限定】
定価(税込) ¥91,584 ¥99,144 ¥86,184 ¥75,384 ¥86,184
ネット安値
(目安)
91,584円
キャンペーン中

Dyson公式ストア
直販限定
75,500円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
65,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
59,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
86,184円
キャンペーン中

Dyson公式ストア
直販限定
テクノロジー
デジタルモーター V10
Radial R サイクロン
クリーナーヘッド
ダイレクトドライブヘッド
ソフトローラークリーナーヘッド
モーターヘッド
ミニモーターヘッド
付属ツール
延長ホース
ミニソフトブラシ
フトンツール
コンビネーションノズル
隙間ノズル
収納用ブラケット
アップトップアダプター
※ Dyson V8シリーズは、2017年5月に仕様変更され、型番が SV10 ABL から SV10 ABL2 等へとver.2に変わっています。色(カラー)が変更され、アップトップアダプターが標準同梱になったことで、価格も少し上がっています。
比較してダイソンで選ぶなら、お勧めはこれ! (v8シリーズ)
製品名 V8 シリーズ
Dyson V8
Absolute+
Dyson V8
Absolute
Dyson V8
Animalpro
Dyson V8
Fluffy+
Dyson V8
Fluffy
製品画像 v8 Absolute+ v8 Absolute v8 Animalpro v8 Fluffy+ v8 Fluffy
発売日
(型番)
2017年8月
2017年5月
SV10ABL2
2017年5月
SV10ANCOM2
2017年5月
SV10FFCOM2
2017年5月
SV10FF2
定価(税込) ¥104,544 ¥104,544 ¥93,744 ¥93,744 ¥82,944
ネット安値
(目安)
99,144円
キャンペーン中

Dyson公式ストア
直販限定
86,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
78,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
70,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
62,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
テクノロジー
デジタルモーター V8
ポストモーターフィルター
クリーナーヘッド
ダイレクトドライブヘッド
ソフトローラークリーナーヘッド
モーターヘッド
ミニモーターヘッド
付属ツール
延長ホース
ハードブラシ
フトンツール
コンビネーションノズル
隙間ノズル
収納用ブラケット
アップトップアダプター
※ Dyson V8シリーズは、2017年5月に仕様変更され、型番が SV10 ABL から SV10 ABL2 等へとver.2に変わっています。色(カラー)が変更され、アップトップアダプターが標準同梱になったことで、価格も少し上がっています。

 

比較してダイソンで選ぶなら、お勧めはこれ! (v7シリーズ)
製品名 V7 シリーズ 新商品
Dyson V7
Absolute
Dyson V7
Animalpro
Dyson V7
Fluffy
製品画像 v6 Absolute v6 Animalpro v6 Fluffy
発売日
(型番)
2017年8月
2017年5月
SV11 AN
2017年5月
SV11 FF
定価(税込) ¥78,624 ¥71,064 ¥71,064
ネット安値
(目安)
78,624円
直販限定
ダイソン公式ストア
57,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
78,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
テクノロジー
デジタルモーター V7
ポストモーターフィルター
クリーナーヘッド
ダイレクトドライブヘッド
ソフトローラークリーナーヘッド
モーターヘッド
ミニモーターヘッド
付属ツール
延長ホース
ハードブラシ
フトンツール
コンビネーションノズル
隙間ノズル
収納用ブラケット

 

比較してダイソンで選ぶなら、お勧めはこれ! (v6シリーズ)
製品名 V6 シリーズ
Dyson V6
Slim
新商品
Dyson V6
Animalpro
Dyson V6
Fluffy+
Dyson V6
Fluffy
Dyson V6
Motorhead+
Dyson V6
Motorhead
製品画像 v6 slim v6 Animalpro v6 Fluffy+ v6 Fluffy v6 Motorhead+ v6 Motorhead
発売日
(型番)
2017年5月
SV07ENT2
2015年9月
SV08MHCOM
2015年5月
SV09MHCOM
2015年5月
SV09MH
2015年5月
SV07MHCOM
2015年5月
SV07MH
定価(税込) ¥55,944 ¥91,584 ¥91,584 ¥80,784 ¥75,384 ¥64,584
ネット安値
(目安)
40,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
50,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
65,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
48,000円
楽天市場へ
amazon
Yahoo!へ
47,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
45,000円
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
テクノロジー
デジタルモーター V6
ポストモーターフィルター
クリーナーヘッド
ダイレクトドライブヘッド
ソフトローラークリーナーヘッド
モーターヘッド
ミニモーターヘッド
付属ツール
延長ホース
ハードブラシ
フトンツール
コンビネーションノズル
隙間ノズル
収納用ブラケット

※ dyson v6シリーズには他に「V6 Fluffypro」というダイソン公式オンラインストア直販限定モデルがありましたが、既に販売を終了しているため掲載していません。

ダイソンの同梱品について

ソフトブラシ ハードブラシ ふとんツール コンビネーション
ノズル
隙間ノズル アップトップ
アダプター

 2.機能性だったら日本の家電メーカーも!

毛足の長い絨毯(カーペット)がある家では、ダイソンの強力な吸引力は、とても重宝するらしいです。

しかし、フローリングや畳だけで、こたつの時だけ敷きマットがある程度の我が家では、もっと取り回しがきいて、軽くて、安くて高機能、充電時間が短くて稼働時間は長く、高価なバッテリー交換が少なくて済むような(出来るならバッテリー交換が不要な)、日本の家電メーカーのコードレス掃除機も捨てがたい。

ただし、メーカーや機種によって、重量軽さ)、吸引力充電時間稼働時間充電方法ゴミの捨てやすさデザイン価格、さらには自立するのか? 等々、良い面があれば悪い面もあって、機種を絞り込むのはなかなか難しいです。

ここでは家電メーカーと言いながら、すこぶるネットで評判がよくて(口コミ評価が高い)、ネットショップでの売上ランキングでもトップに入ってくる、電動工具メーカー「マキタ」(脚注参照)のコードレス掃除機を一番に挙げてみました。
さすが電動(充電)工具のトップメーカー、“軽さ”と“充電時間”は、他のクリーナーと比べると、際立って優れています!。ただ、デザインは実用本位というか、シンプルというか。まぁ掃除機の見てくれ(外観)で掃除するわけじゃ無いですから。

後日談ですが、実はマキタ、買っちゃいました!。 とってもいいです。

コードレス掃除機の最初の購入に、マキタはおすすめです!

何がいいって?、良い所は、

第一に、とっても”軽い”。 短いノズルに付け替えて、障子の桟や、鴨居の上など、片手で持って、イスに登って、スイスイと掃除ができます。 仕舞うにも、軽いので、納戸の壁に打ち付けた釘に、ハンドルに付いた紐を引っ掛けて、ぶら下げておけます。

第二に、小さいですが、”LEDライト”が点いています。 最初はこんな小さな明かりで!?と思いましたが、昼間でも薄暗い廊下の隅や、ベッドの下などで、この小さな明かりが大変重宝します!。他のメーカーも、ぜひ見習って付けて欲しいものです。

第三に、”バッテリーが長持ち”。 部屋の所々、廊下や階段の端々を、ちょこちょこっと掃除するくらいなら、数回分はバッテリーが持ちます。週に一回しか掃除しないと、ひと月・ふた月ほっといても、バッテリーが残ってます。
ただし、バッテリーの充電中は、「ゴゴゴー」と凄い音を発します。明日の朝使うからと、寝る前に充電しようものなら、寝られなくなってしまいますので(但し、充電時間はたった22分です)、外出中に充電を済ませておく必要があります。 (~_~;)

しかし、ネットで買った商品が届いて、箱を開けた時には、ビックリしました。 (*_*;
まるで、大きなプラモデルの組立セットか、電動工具かが、間違えられて届いたのかと。 お洒落なデザイナーズマンションには、絶対に似合わないでしょうね。

さて、『コードレス掃除機の一台目に、マキタがおすすめ』と書きましたが、コードレスが便利なので、だんだんと、何時もの掃除機よりコードレスの出番が多くなってくると、逆にマキタでは、吸引力に物足りなさを覚えてしまいます。そうなると、『吸引力が強いダイソンがおすすめ』に。本当は、『マキタとダイソンと、二台持ち』ってのが、理想かもしれません(汗)。

比較して日本メーカーのコードレス掃除機で選ぶなら、オススメはこれ!
製品名 マキタ
充電式クリーナ
CL141FDRFW

(バッテリ・充電器付)
シャープ
RACTIVE Air
EC-A1RX
日立
パワーブースト
サイクロン
PV-BD700
パナソニック
iT(イット)
MC-SBU510J
三菱電機
iNSTICK
HC-VXG30P
製品画像
Yahoo!
ショッピング

(発売日)

(2013年2月)

(2016年12月)

(2016年4月)

(2017年5月)

(2017年5月)
定価 ¥36,000(税別) オープン オープン オープン オープン
ネット安値
(目安)
→23,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
↓58,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
↓30,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
↓62,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
↓57,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
本体サイズ 11x15x98cm 22x22x98cm 23x28x102cm 25x15x116cm 23x20x105cm
重量 1.4kg 1.5kg 2.3kg 2.2kg 2.1kg
吸引仕事率 (標準)9W~
(強)25W
(不明) (不明) (不明) (不明)
集じん容積 0.5L/0.33L 0.13L 0.2L 0.2L 0.4L
充電時間 22分
Li-ion電池
(14.4V 3.0Ah)
バッテリー充電式
80分
Li-ion電池
(18V)
バッテリー充電式
3.5時間
Li-ion電池
(21.6V 2.5Ah)
充電スタンド式
3時間
Li-ion電池
(21.6V 1.85Ah)
充電スタンド式
2時間
(急速60分)
Li-ion電池
充電スタンド式
運転時間 (標準)40分間
(強)20分間
(標準)30分間
(強)8分間
(標準)30分間
(強)8分間
(標準)15~30分間
(強)10分間
(標準)30分間
(強)15分間
備考
(特徴)
  • 充電時間22分で約20~40分もの連続使用が可能。
  • 一つのリチウムイオンバッテリ14.4Vが様々な工具で使い回せる!
  • 「ゴミ捨て簡単」カプセル集じん。ゴミはカプセル部をひねって捨てるだけ。
  • ドライカーボン採用で1.5kgの軽量ボディ。
  • 大風量ターボモーター&遠心分離パワーサイクロン。
  • 2017年4月、交換バッテリー・布団ヘッド・フレキシブルノズルなど便利ツールを同梱したプレミアムパッケージ発売。
  • 重さ1.5キロ、高い場所も楽々。
  • パッと置ける自立構造。
  • コードレスでも強力なパワーブーストサイクロン。
  • 壁際のゴミも取れる自走スマートヘッド。
  • 場所に合わせてノズルがI字とT字型に替わるパワーノズル。
  • ハウスダスト発見センサー搭載で微細なゴミの有無をチェック。
  • 業界最細のスリムボディとシンプルデザインが空間に調和。
  • 紙パック式(MC-PBU510J)も。
  • ヘッド回転、狭い所もOK。
  • 運転時間が旧モデルの1.5倍。
  • 掃除機とは思えないデザインでインテリアにもフィット。
  • ふとん専用のアタッチメントや脱臭機能を搭載。
  • 充電台に空気清浄機能を搭載で部屋の空気もキレイ。
※マキタ:
株式会社マキタ(本社:愛知県安城市、東証1部:6586)は、電動工具の国内最大手のメーカーで、日本国内シェアは約60%。また世界の電動工具市場シェアでは約25%を占め、世界第2位の企業です。世界40カ国以上に直営の営業拠点を有し、2017年3月期の売上高は約4,150億円(連結)、従業員数は約15,344人です。
※サイズ・重量について:
スティックとハンディの兼用タイプでは、スティック式の場合のサイズと重量を掲載。

 3.コスパ(安さ)にこだわるなら?

このくらいの値段だったら、買ってみて、もし使えなかったとしても、諦めがつくかな? それとも、結局のところ“安物買いの銭失い”になってしまうのでしょうか?

しかし、安いからといっても、評判や評価(口コミ)は決して悪いことありません。これで十分使えたら、ダイソンの価格って??? まぁ、自分がどこに満足を見出すか、人それぞれってことでしょうか。

比較してコスパ(安さ)でコードレス掃除機を選ぶなら、お勧めはこれ!
製品名 ツカモトエイム
DI'-LIGHT
AIM-SC200
ティファール
エアフォース
エクストリーム
アイリスオーヤマ
充電式スティック
クリーナー
ESC-7DCE
マキタ
充電式クリーナ
CL102DW

(バッテリ・充電器 付)
製品画像
Yahoo!
ショッピング


(発売日)
aim-sc200
(発売:2017年9月)
ty8867
(発売:2014年2月)
ESC-7DCE
(発売:2015年3月)

(発売:2012年3月)
定価 ¥24,000(税別) オープン オープン ¥19,500(税別)
ネット安値
(目安)
↓19,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
→17,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
↑12,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
→13,000円位~
楽天市場へ
amazonへ
Yahoo!へ
本体サイズ 24x21x103cm 25x25x108cm 18x16x104cm 11x15x98cm
重量 1.7kg 3.4kg 2.0kg 1.0kg
吸引仕事率 (不明) (不明) (不明) (標準)6W~
(強)14W
集じん容積 0.3L 0.5L 0.6L ダストバッグ 0.5L
紙パック 0.33L
充電時間 4時間
Li-ion電池
充電スタンド式
6時間
Li-ion電池(25.2V)
充電スタンド式
3.5時間
(充電Stand:約48時間)
Ni-MH電池(14.4V)
充電スタンド式
50分
Li-ionバッテリ(10.8V)
バッテリー充電式
運転時間 (エコ)60分間
(中間)30分間
(フル)20分間
(標準)35分間
(Mini)55分間
(Hi)30分間
20分間
(ESC-7DCKは電池2個付=40分)
(標準)21分間
(強)13分間
備考
(特徴)
  • スティック型クリーナーとしてもハンディ型クリーナーとしても使える2in1タイプのサイクロン式クリーナー。
  • 強力ecomoフィルターと紙パック不要のサイクロン式でお手入れ簡単。日本電産社ブラシレスモーター使用。
  • 強力ecomoフィルターと紙パック不要のサイクロン式でお手入れ簡単。日本電産社ブラシレスモーター使用。
  • 軽量1.7kgで高い所から、約180度水平になるので低い場所までキレイにお掃除。
  • 独自開発のエクストリーム・サイクロンで吸引力が最大5倍長続き!
  • 大容量リチウムイオン電池で最大55分の連続運転を実現。
  • 奥のゴミまで掻き出す高速回転モーターブラシ。
  • ゴミ捨てはワンタッチで簡単、丸洗いOK。お掃除中に物を動かす時などその場に立てることができる自立式。
  • 超吸引毛取りヘッドで優れたダストピックアップ率99%。
  • ハンディータイプとしても使用可能。
  • 電池カートリッジ2個付属、2個同時充電も可能。
  • ワンタッチゴミ捨てで紙パック不要、水洗いOK。
  • 電池寿命は約600回(電池1個あたり300回)。
  • 充電時間50分で約13~21分もの連続使用が可能。
  • プロ用充電工具のハイパワーモータを搭載したパワフルな吸引力!
  • 一つのリチウムイオンバッテリ10.8Vが様々な工具で使い回せる!
  • 新フロントカバー採用の紙パック式!繰り返し使えるダストバッグでも。
※サイズ・重量について:
スティックとハンディの兼用タイプでは、スティック式の場合のサイズと重量を掲載。

 4.ネット通販ランキング、売れ筋・人気のコードレス掃除機はこれだ!

ネットショップ(通販)で最もよく売れている、コードレス掃除機(コードレスクリーナー、充電式、スティック型)はどれか、調べてみました。


amazonランキング 「スティッククリーナー の 売れ筋ランキング」 はこちら


楽天市場 ランキング市場 「コードレス式(充電式)ランキング」 はこちら


Yahoo!ショッピング 「コードレス、スティック型掃除機人気ランキング 1位~20位」 はこちら

 

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

【関連ページ】こちらもどうぞご覧ください。

▲ページTOPへ