【デスクライト】蛍光灯とLEDを比較、おすすめはどれ?

蛍光灯をLEDに変えたら本当に安く済むのでしょうか?またデスクスタンドをLEDライトに変えて目には問題ないの?

 1.はじめに

いま使っているデスクライトの蛍光灯が暗くなってきたので、適合するコンパクト蛍光ランプ「FPL27EX 」の価格を調べたら、ネットショップでは500円位から買えそうですが、送料が別に掛かります。しかし、近所のホームセンターや電気店で買うと、1,500円以上もします(汗)。だったら一層のこと、いまのデスクライトは8年くらい使っていて古くなったで、そろそろLEDの新しい物に買い替えた方がいいのでは?、と思ったのが事の始まり。

現在使っているデスクライトは、山善(YAMAZEN)の「TDS-27(W)」という商品。裏には、2009年製と書かれています。ネットで調べると、もう販売はされていませんが、最安値では2,400円くらいの値段で売られていた商品だったようです。もちろん当時は、電気店で4千円くらい出して買ったんだと思いますが(汗)。

TDS-27

サイズ 幅25×奥15×高40cm、1.1kg
消費電力 22W(100V、50-60Hz共用)
使用ランプ FPL27

今までに、蛍光ランプは2回交換しています。いずれもネットで買っているので、その購入履歴から調べると、2013年10月と、2016年3月に交換しています。デスクスタンド自体は店頭で買ったので分かりませんが、2009年製なので、2010年か2011年頃だろうと推測。今回、2018年2月に3回目の交換時期が来たということは、定期的に 2年~2年半くらいで、蛍光ランプの交換が必要になっています。

毎日平均10時間くらい使っていると思うので、年間300日使っているとして計算すると、1年間で3,000時間。2年で6,000時間、2年半だと7,500時間となります。東芝や三菱の当該商品のスペックを調べると、定格寿命は「7,500h」と記されているので、ほぼカタログ通りの寿命だったことが分かります。

照明器具の寿命は?

日本工業規格「LED卓上スタンド・蛍光灯卓上スタンド(勉学用・読書用) JIS C8112」によると、付属書Aにおいて、照明器具には寿命があり、以下の様な長期使用に当っての安全に関する注意項目を、取扱説明書などに表示することが望ましいと記されています。

  1. 照明器具には寿命がある旨。
  2. 交換時期は、8~10年が目安である旨。
  3. 温度や点灯時間など使用条件によって寿命が短くなる旨。 etc

2.蛍光灯とLEDのコスト比較

では、蛍光灯とLEDの「デスクライト」では、ランニングコストはどのくらい違うのか?、調べてみましょう。最近のLED機器は安くなっていて、蛍光灯とさほど変わらない様なので、本体価格は無視することにします。条件は、私が今まで使ってきたデスクスタンドの蛍光灯タイプを参考に、毎日10時間、年間300日点灯し、約2年半ずつ蛍光ランプを2度交換して、8年間使った場合の、電気代と、交換したランプ(蛍光灯)代を対象とします。

蛍光灯の場合

まず最初に本体を購入した際に、蛍光ランプは付属していることを前提とすると、8年間の使用で、交換のために新品の蛍光ランプ(FPL27)を2回購入したとします。

amazonなら送料無料で、約700円前後で購入できますから、ランプの交換代は2回分で、合計1,400円とします。

次に電気代ですが、私がいま使っている蛍光灯(TDS-27)の消費電力は、「22W」です。一般的な家庭における消費電力あたりの電気代は、26.74円/kWh(参考:エネルギーコストについて)ですから、1時間あたりの電気代は、22W×26.74円/kWh÷1000=0.588円/hと計算できます。

この場合、1日あたり10時間使うと、一日の電気代は約5.88円/日になります。年間300日使うと、一年間の電気代は、約1,764円/年です。8年間使ったとすると、総電気代は、14,112円/8年にもなります。

LEDの場合

まず最初に、LEDライトの照明器具は、通常は従来の蛍光灯の様に、ランプを交換できる設計にはなっていません。LEDランプが切れたら(点かなくなったら)、修理に出すか、買い替える必要があります。

『じゃあ、LEDのデスクライトは、どれくらい寿命が持つのか?』と店員に尋ねると、『8~10年くらいは大丈夫だと思いますが、商品によっては数年でダメになる場合も・・・』と、意外とあやふや(汗)。

デスクライト TaoTronics LED 目に優しい電気スタンド 省エネ学習机 テーブルスタンド 卓上ライト タッチセンサー調光 USBポート付 TT-DL13【国内正規品】

そこで念のため、『LED & デスクライト & 寿命』をキーワードに検索してみると、例えばamazonでランキング1位のLEDデスクライトブランド「TaoTronics」のベストセラー電気スタンド「TT-DL13」(タッチセンサー調光 USBポート付)であれば、使用時間は5万時間を謳っています!(短い類似商品でも4万時間以上)。1日10時間で年間300日使ったとして、8年間で合計2万4千時間ですから、まだその倍、16年間位は使えそうです(笑)。なので、交換のランプ代は不要です。

次に電気代ですが、上記電気スタンド「TT-DL13」(410ルーメン)の消費電力は、「12W」です。一般的な家庭における消費電力あたりの電気代 26.74円/kWhを乗じると、1時間あたりの電気代は、12W×26.74円/kWh÷1000=0.321円/hと計算できます。

この場合、1日あたり10時間使うと、一日の電気代は約3.21円/日になります。年間300日使うと、一年間の電気代は、約963円/年です。8年間使ったとすると、総電気代は、7,704円/8年です。ただし、調光機能が付いている照明器具をMAXの明るさで使い続けることは滅多にないので、明るさを抑えれば、さらに電気代は、8年間で5千円くらいまでは余裕で下がりそうです。

8年分を比較した結果は?

以上、蛍光灯(TDS-27)とLED(TT-DL13)のデスクライトについて、1日10時間、年間300日、8年間使用した場合のランニングコストを比較した結果が、下表です。LEDのデスクライトを使った方が、蛍光灯の物に比べて、『一年間あたり 約1千円もお得』になるという計算結果になりました。LEDの場合、調光機能を使えば電気代はもっと節約できるので、さらにお得な結果になります。ただし8年間、LEDライトの寿命が持つという前提ですが・・・。

蛍光灯とLEDのランニングコスト比較(8年間で)
蛍光灯 LED 差額
交換ランプ代 1,400円 0円 ▲ 1,400円
電気代 14,112円 7,704円 ▲ 6,408円
合計 ▲ 7,808円
(976円/年)
※ 1日10時間、年間300日、8年間使用した場合。
※ 蛍光灯は定格22W、LEDは12Wで試算。調光機能のあるLEDは明るさを抑えれば更に電気代は安くなります。

3.LEDライトは目に問題は無いのか?

果たして、蛍光灯が目に良いのか悪いのか、全く知りませんが、蛍光灯が日本で製造され市販されるようになったのが1950年前後のことなので、蛍光灯が世に普及して半世紀以上は経っていると思われます。その間、蛍光灯による健康被害訴訟といった話は聞いたことがないので、まぁ大丈夫なんでしょう(汗)。

一方、LEDランプが本格的に世に出だしたのは2009年以降のことなので、まだ10年も経っていません。しかし、2011年3月の東日本大震災後の政府の節電要請を受けて、補助金制度などの活用もあり、一気に普及が加速しています。矢野経済研究所の調べによると、2016年の照明器具の販売額(見込)は、従来光源照明器具が1,309億円なのに対して、LED照明器具が6,482億円と、約5倍にもなっています(右図の2018年は予想)。政府では、2020年までにフローでLEDランプのシェアを100%に、2030年までにストックでも普及率100%の達成を目指しています。

では、LEDのデスクライトを使っていても、目には、何の問題も無いのでしょうか?

LED照明器具およびランプの普及率の推移

明るさ

デスクライトは、手元を明るく照らして、読書や作業をしやすくするための電気器具ですが、LED式のデスクライトの場合、古い製品や、性能の低い製品だと、そのための十分な明るさが確保できない商品があるようです。

日本工業規格では、卓上スタンドの明るさについて、基準を定めています。「AA形」(可搬式)では、光源から30cm離れた場所で500ルクス以上を、「A形」(据置式)では300ルクス以上と定められています。消費者庁でも、前者を「精細作業用」、後者を「読書用」と表示するよう指導しています。したがって、デスクライトの性能としては、せめて「読書用」と表示できる【A形相当】以上の商品を選択すべきしょう。

卓上スタンドの品質規格「JIS C8112」とは?

JIS規格AA形とは日本工業規格「LED卓上スタンド・蛍光灯卓上スタンド(勉学用・読書用) JIS C8112 : 2014」では、可搬式の卓上スタンド(AA形)の場合、光源中心直下の点を中心としたスタンドの前方半径50cmの1/3円周上において「250ルクス以上」、半径30cmの1/3円周上において「500ルクス以上」の照度が必要とされています。この試験に適合しないと、JIS規格は貰えません(汗)。なお、据置式(A形)の場合は、それぞれ150/300ルクス以上となっています。

区分半径50cm半径30cm
AA形250Lx以上500Lx以上
A形150Lx以上300Lx以上

なお、消費者庁では、卓上スタンド用蛍光灯器具の『製品別品質表示の手引き』において、JIS C8112に規定する測定方法により、半径30cmの1/3円周上での照度に応じて、以下の様に表示することを指導しています。
 「精細作業用」… 500ルクス以上
 「読書用」  … 300ルクス~500ルクス未満
 「一般作業用」… 300ルクス未満

ただ、LEDデスクライトの商品スペックを調べても、なかなかこうした詳細なデータが示されていない商品も多数存在します。そこで、PanasonicのLEDデスクスタンドで調べてみると、2015年2月発売の「SQ-LC522」(実勢価格で7千円前後)のスペック(器具光束:427Lm、消費電力:13W)は【JIS規格:A形相当】、2017年2月発売の「SQ-LD523」(実勢価格で1万円前後)のスペック(器具光束:845Lm、消費電力:13W)は【JIS規格:AA形相当】を達成しています。

これ以外にも様々な商品のスペックを見比べてみると、JIS規格相当が表示されていない商品で、かつ照度(ルクス、Lx)のスペックも記されてない場合は、光束であれば最低でも400ルーメン以上、できれば800ルーメン以上を、消費電力は少なくとも7ワット以上の商品を選んだ方が、明るさ的には安心できそうです(あくまで私見です・・・汗)。
ちなみに、「光束」とは、照明器具から発せられる光の束の量を示し、単位は『ルーメン(Lm,lm)』です。一方、「照度」とは、光に照らされた机上や部屋の明るさを示し、単位は「ルクス(Lx,lx)」です。

見やすさ

LEDのデメリットのひとつに、「多重影」(マルチシャドウ)の問題があります。多重影とは、放射状に幾つもの影が出来ること。LED照明の場合、光源となる小さなLED球を幾つも並べて、全体で明るさを確保するため、至近距離で利用するデスクライトだと、その光源の数だけ影が発生する、「多重影」が起きやすくなります。多重影は、眼精疲労などの原因にもなると言われており、目への負担が大きくなります。

ただ、最近の性能のよいデスクライトだと、この多重影が技術的に発生しないように処理されています。

また、「見やすさ」という点においては、①より自然光に近い演色評価数(演色値)であること(Ra値が大きいほど太陽光(100)下での見え方に近い)、②眩しすぎない明るさに調節できるよう多段階や無制限の「調光機能」があること、さらに出来れば、③部屋の照明とデスクライトの色温度を合わせられる「調色機能」が付いていると、「目に優しい」商品と言えるでしょう。

LEDデスクライトを選ぶポイントは?

したがって、LEDデスクライトを選ぶ際には、以下の点に留意して、商品を選ぶ必要があります。

ちなみに、蛍光灯の卓上スタンドの場合は、比較的安価な商品でも、明るさ的には十分な性能が確保されているものがほとんどです。私がいま使っているデスクライトの蛍光ランプ「FPL27EX」の場合で調べてみると、全光束は1,800Lmで、演色性は84Raとなっています。そこそこ高価なLEDデスクライトと比較しても、遜色ないか、上回るスペックです。

光色(色温度) 3波長形昼白色(5000K)
全光束100時間後 1800Lm(66.7Lm/W)
演色性 84Ra

4.おすすめの目に優しいLEDデスクライト

確かに性能は良いに越したことはありませんが、全部の性能を高次元で要求すればするほど、価格的にも高額な商品になってしまいます(汗)。ここでは、購入金額の目安ごとに、人気の商品をピックアップして、「おすすめの目に優しいLEDデスクライト」のスペックを比較してみることに!。

①5千円位までなら

DS-LD65A (オーム電機) http://www.ohm-electric.co.jp/

【JIS規格 AA形相当】
 【主要スペック】 680Lm、Ra-、10W
 【主要機能】 段階調光あり、調色機能なし

【おすすめPoint】 2017年10月発売の新製品で、直下照度(セード高35cm)が1,500Lxと激明!(AA形相当をかるくオーバー)。全長(高さ)が約66cmとサイズ的にも余裕ありながら、デスクを広範囲に照らす回転角90度の2分割の可動式セードが便利そう。

LE-H617W (TWINBIRD) http://www.twinbird.jp/

(JIS規格 AA形相当?)
 【主要スペック】 672Lx(32cm時)、Ra-、4.5W
 【主要機能】 段階調光あり、調色機能なし、多重影処理あり

【おすすめPoint】 カタログ上は「JIS規格相当」を謳っていませんが、32cmの高さで672Lx(参考値)ということはJIS規格AA形相当以上ということになります。ただし、消費電力は4.5Wと小さ目なので、AA形相当を達成するには無理がありそうですが、この価格であればコストパフォーマンスは高そうです。さらに今なら、amazonなら¥3,400円からと、大変お買い得!

HSD16012 (NEC) http://www.nelt.co.jp/

【JIS規格 A形相当】
 【主要スペック】 670Lm、Ra85、7W
 【主要機能】 段階調光あり、調色機能なし

【おすすめPoint】 希望小売価格は12,000円もしますが、2015年2月発売の商品で価格もこなれ、実勢価格は5千円位からと、だいぶ安く買うことができそうです!さらに今なら、amazonなら¥3,780円からと大変お買い得!色もホワイト以外に、チャコールブラックワインレッドインテリジェンスブルーと、大変カラフル!

②7~8千円位なら

SQ-LC522 (Panasonic) http://panasonic.jp/

【JIS規格 A形相当】
 【主要スペック】 427Lm、Ra85、13W
 【主要機能】 調光(100~20%)あり、調色機能なし

【おすすめPoint】 クランプタイプのデスクライトで、高さは上アームが11cm、下アームが36cmで、可動範囲が広いです。2015年2月発売の旧モデル商品なので、価格もこなれ、実勢価格は7千円位からと、だいぶ安く買うことができます!後継機となる、2017年2月発売の「SQ-LC524」は、【AA形相当】と性能が更にアップしていますが、値段は1万円位からと、少々お高くなります。

③1万円位なら

SQ-LD523 (Panasonic) http://panasonic.jp/

【JIS規格 AA形相当】
 【主要スペック】 845Lm、Ra83、13W
 【主要機能】 調光(100~20%)あり、調色機能なし

【おすすめPoint】 上記のベーススタンドタイプの後継商品(2017年2月発売)。クランプタイプと同じく、上アームが11cm、下アームが36cmで、可動範囲が広いです。クランプタイプ「SQ-LC524」も、価格は一緒です。2018年2月新製品には、同形の後継機「SQ-LD515(同等品値下げ商品=SQ-LD525)」(クランプ型は「SQ-LC516(同等品値下げ商品=SQ-LD526)」)が、上アームが更に長くなって新発売!

Z-LIGHT Z-N1100 (山田照明) https://www.yamada-shomei.co.jp/

(JIS規格 AA形相当?)
 【主要スペック】 555Lm、Ra80、7W
 【主要機能】 無段階調光機能あり、調色機能あり

【おすすめPoint】 調色機能付き。カタログ上は「JIS規格相当」を謳っていませんが、30cm直下で637Lx(参考値)ということはJIS規格AA形相当以上ということになります。ただし、消費電力は7W。希望小売価格は16,800円(税別)もしますが、2016年12月発売の商品で価格もこなれ、実勢価格は1万円位からと、だいぶ安く買うことができそうです!クランプタイプで可動範囲も広いです。

④1万円以上なら

Z-LIGHT Z-80N/Z-81N (山田照明) https://www.yamada-shomei.co.jp/

(JIS規格 AA形相当?)
 【主要スペック】 814Lm、Ra80、10W
 【主要機能】 無段階調光あり、調色(25~100%)あり

【おすすめPoint】 動かしやすいハンドル付きのヘッド。明るさと色温度の調光機能を搭載したZ-LIGHTのスタンダードモデル。2017年10月発売の新製品。同じシリーズの「Z-81N」は、人感センサー付きで、着席・離席を感知して自動で点灯・消灯(5分後)します。値段は実勢価格で1千円ほどアップ。

Z-LIGHT Z-80 PRO2 (山田照明) https://www.yamada-shomei.co.jp/

(JIS規格 AA形相当?)
 【主要スペック】 815Lm、Ra97、12W
 【主要機能】 無段階調光(10~100%)あり、調色なし

【おすすめPoint】 人気のZ-80シリーズに、より自然光に近い高演色LEDをプラス。写真やグラフィックを楽しみたい最良の逸品。2017年10月発売の新製品で、明るさもさらにパワーアップしました。調色機能はありませんが、そもそも色の再現性に優れた高演色LEDを採用しており、演色評価数は「97」と驚異的です!

▲ページTOPへ