ゴルフに便利! 4バック積める乗用車は?

新車の条件は、4人でゴルフ行ける乗用車。4人乗れて、ゴルフバッグが4つ積める乗用車を、セダン・ミニバン・ワゴン・SUV別に、一覧表にリストアップ。

最近の国産車は、ダウンサイジングで小型化が進み、逆にゴルフバックは大型化!。昔に比べると、ゴルフバック(キャディバック)が4つ積めるクルマは、だいぶ減ってしまいました。以前は、セダンでもゴルフバックが4つ積めるのが開発の前提条件の一つであったりしたと思うのですが、ゴルフ人口の減少と、団塊世代の高齢化や団塊ジュニアの車離れもあって、今や4人でゴルフに行く自動車の開発など、自動車メーカーの眼中にはあまり無いようです・・・。

一方で、国内の自動車メーカーも、国内だけでは需要が限られることから、世界戦略車としてプラットフォームを共通化し、開発と生産コストの削減を図るため、高級車などでは逆に海外仕様で大型化している車種も増えています(スバルの新型レガシィB4・アウトバック、マツダのアテンザなどは、横幅が1,840mmにも、さらにホンダのレジェンドなどは驚愕の1,890mm!)。 それなのに、デザインを優先するがため、4バック積むのはきつかったり、下手すると積めなくなっていたりします。。。輸入車は、もっとキツイですね~。

ゴルファーには、肩身が狭いというか、新車選びの選択肢が限られ、車を買うにも難しい判断が迫られる時代になってしまいました。

関連ページ、「新車発売情報カレンダー【国産/外車】」、「ドライバーを比較 飛んで曲がらないのはどれ?」、「アイアンを比較 自分に合ったクラブを探そう!」のページも是非ご覧ください。

いま乗っているフォレスター(2代目 SG系)は、全幅が1,735mmと、5ナンバーサイズ(全幅1,700mm以下)より少しだけ広いだけで、キャディバックを十分に真横に積むことができます。そのため、普段でも積みっぱなしにしています。4人でゴルフに出かけるときは、いい加減に積んでも、十分な後方視界を確保しながら、キャディバック4個を、真横に積み重ねることが出来ます。バックの向きを変えるなど、ていねいに積めば、キャディバック4個を横に積み上げ、更に4個のボストンバックも、後方視界の隙間を確保しつつ、積み込むことが出来ます。

私が所有しているアダバットの9.0型、47インチ対応のキャディバックの実寸を、測ってみました。多少の誤差はご容赦ください。おおよそ、全長は1m30cm、横幅は約36~46cm(平均すると41cm)、横にした時の厚みは約26cmでした。平均的なバックと比べると、少し大き目だと思います。

そこで、このゴルフバックの体積を計算してみると、130×41×26=138,580cm3となります。1000cm3=1リットルですから、私の9インチゴルフバックの体積は、約139リットルとなります。従って、このバックが4個入るためには、トランクルームの容積は、最低でも555リットル以上必要となります。(実際には、ゴルフバックは真四角ではないし、多少変形したり潰れたりしますので、積み方を工夫すればもっと少ない容積でも、積み込むことは可能なはずです・・・。)

例えば、モデルチェンジ毎に大型化している日産・エクストレイル(全幅 1,820mm)の最大ラゲッジルーム幅は 1,305mm(荷室容量 550L/2列シート)と、車幅が1.8m以上あるのに、47インチ対応のキャディバックを横積みするのにギリギリです(汗)。一方、5ナンバーサイズのホンダ・シャトル(全幅 1,695mm)の最大荷室幅は 1,510mm(荷室容量 570L)と、広くて大きく、今時の長尺クラブも入るキャディバックを、余裕で横積みすることが出来ます。
3ナンバーのエクストレイルより、5ナンバーのシャトルの方が、車幅は12.5センチも狭いのに、荷室幅は20.5センチも広いことになります。(但し、これはあくまでカタログ値で、タイヤハウスの形や大きさ等により実用性は異なるので、ご留意ください。)

エクストレイルとシャトルの荷室サイズの比較

車体の大きさと、荷室の空間づくりは異なるので、要注意です!。


キャディバックの縦・横・幅の実寸サイズ

フォレスター SG5の荷台にゴルフバックを積んだ状態

 セダン (ハッチバック含む)

ゴルフに便利なクルマ | セダン編

LEXUS

LS
2017/10 FC
 新型フルモデルチェンジ
850万円~1,350万円
レクサスのフラグシップ最上級大型セダン(セルシオ後継)。4バック積載にはコツ必要。新型LSは世界最高水準の安全装備が。
GS
2012/1 FC
2015/11 MC
530万円~730万円
レクサスのEセグメントクラスの大型セダン(アリストの後継)。LS同様ハイブリッドもラインナップ。
HS
2009/7 FC
2016/10 MC
420万円~570万円
レクサス初のFFで、ハイブリッド専用中型セダン。パッケージングの妙、ISは車幅広いが車高低くFRで3個が限界。

トヨタ

クラウン
2012/2 FC
2015/10 MC
360万円~590万円
トヨタのフラッグシップ高級セダン。ハイブリッドもラインナップ。4バック+余裕のトランクは立派。
SAI
2009/12 FC
(2018/1 生産終了)
330万円~430万円
トヨタの上級ミドルセダン。ハイブリッド専用。バッテリー有り&日本仕様の車幅で4バック可は特筆。
カムリ
2017/7 FC
 新型フルモデルチェンジ
330万円~420万円
トヨタの上級ミドルセダン。ハイブリッド専用。海外戦略車のためSAIより幅広で4バック余裕。
マークX
2009/10 FC
2016/11 MC
250万円~430万円
トヨタのミドルセダン。積み方にコツ必要。FF化が噂されるフルモデルチェンジは延び延びに、2016年末にMCで延命化。
プレミオ・アリオン
2007/6 FC
2016/6 MC
180万円~280万円
トヨタのファミリーセダン。積み方にコツ必要。5ナンバーセダンで4バック積載は希少価値。
プリウス
2015/12 FC
240万円~320万円
燃費は40kmオーバー。全グレード小型リチウム電池採用で荷室容量502L確保。ただし4個搭載には制約多し。

日産

シーマ
2012/5 FC
2017/6 MC
750万円~860万円
日産のフラッグシップ高級セダン。2010年に生産終了も、ハイブリッド専用車で復活。
フーガ
2009/11 FC
2015/2 MC
410万円~650万円
日産のEセグメントクラスの上級セダン。ガソリン車は4B余裕もハイブリッドはコツ必要。
スカイライン
2013/11 FC
2017/12 MC
310万円~570万円
日産の高級セダン。走りも重視。ハイブリッド専用車になる予定も、ダウンサイジングターボも追加。
ティアナ
2014/2 FC
250万円~310万円
日産のアッパーミドル大型セダン。クルマにモダンリビングがキャッチコピー、広さに高級感を。
シルフィ
2012/12 FC
2013/ MC
200万円~260万円
日産のミドルセダン、ブルーバード後継。当初サニーベースも現行は3ナンバーサイズに拡大。
ラティオ
2012/10 FC
2014/10 MC
150万円~180万円
日産の世界戦略コンパクトセダン。マーチベースの5ナンバー枠で9インチ4バック積載ギリ。

ホンダ

レジェンド
2015/1 FC
680万円
ホンダの最高級セダン。V6・3.5+新3モーターのハイブリッド専用に。旧型は4個も、新型HYBRIDは3個まで(但し無理すれば?)。
アコード
2013/6 FC
2016/5 MC
370万円~400万円
ホンダの上級セダン、9代目はハイブリッド専用車に。9.5吋は無理も、9吋なら何とか?
シビック セダン
2017/9 NEW
 新型フルモデルチェンジ
265万円
ホンダの世界戦略車となったシビックが、北米でワイドに成長し大人気になって日本に逆上陸。ハッチバックは無理もセダンは9吋4個可。

マツダ

アテンザ
2012/11 FC
2015/1 MC
260万円~360万円
マツダのミドルクラスセダン。3代目はマツダのフラックシップモデルに。9吋までならギリ。

スバル

レガシィB4
2014/10 FC
2017/10 MC
280万円~310万円
スバルのフラッグシップ上級ミドルセダン。ツーリングワゴンを廃し世界戦略車としてワイド化。
WRX S4
2014/8 NEW
2017/8 MC
330万円~360万円
スバルのミドルサイズ・スポーツセダン。かつてのインプレッサWRXの後継もサイズ的に新型。
インプレッサG4
2016/10 FC
180万円~240万円
フルモデルチェンジでスバルの新プラットフォームSGPを初採用。全長・全幅とも前モデルより拡大。

ダイハツ

アルティス
2017/7 FC
 新型フルモデルチェンジ
350万円
ダイハツ唯一のハイグレードセダン。トヨタ・カムリのOEMで中間1グレードのみ販売。

※ 三菱自動車の最後のセダン、日産からOEM供給を受けて販売していた「ディグニティ」と「プラウディア」は、2016年12月をもって販売を終了。
バックのサイズの比較

ゴルフバック(キャディバック)のサイズにも、色々あります。

女性やシニアで、14本もフルに必要ない、ハーフセットで十分という人は、出来るだけ軽い、8.5インチのバックを使っている人もいます。

一方、男性の場合は、昔に比べてクラブも長尺化しドライバーのヘッドも大きくなっていますので、一般的には9インチ(9型)が主流で、最近では見栄えのする9.5インチのバックも多くなってきています。中には、重いのは苦にしないと、USA直輸入の10.5インチなんてキャディバックを持つ人も居て・・・。そういう人は、人の車に乗せてもらわず、必ず自分の車で行ってください!(汗)。

ステーションワゴン

ゴルフに便利なクルマ | ステーションワゴン編

トヨタ

アベンシス
2011/9 FC
2015/10 MC
260万円~280万円
英トヨタが生産する欧州モデルの逆輸入。現行3代目から5ドアハッチバックはなし。
カローラフィルダ―
2012/5 FC
2017/10 MC
160万円~230万円
トヨタの大衆車カローラの派生車種。2013/8にハイブリッドモデルを追加。
プリウスα
2011/5 FC
2014/11 MC
240万円~330万円
トヨタのプリウスから派生したハイブリッド専用ステーションワゴン。7人乗り(ミニバン)も。

日産

ウイングロード
2005/11 FC
240万円~330万円
2007年ステージア生産終了後、日産唯一のステーションワゴン。年次改良は重ねられているが、次期MCは不明。

ホンダ

シャトル
2015/5 NEW
170万円~200万円
フィットシャトルの後継、5ナンバーのステーションワゴン。ハイブリッドも。

マツダ

アテンザ ワゴン
2012/11 FC
2015/1 MC
260万円~360万円
マツダのミドルクラスワゴン。大型化も低床スタイルで4個ギリ。

スバル

レガシィ アウトバック
2014/10 FC
2017/10 MC
310万円~340万円
新型はツーリングワゴンが消えアウトバックのみに。ワゴンとSUVのクロスオーバー。
レヴォーグ
2014/6 NEW
2017/8 MC
270万円~360万円
レガシィツーリングワゴンの後継として日本専用サイズで誕生。2016/7にSTI Sport追加。

ゴルフバックが4つ積める国産ステーションワゴン車のうち、私が買ってもいいかな~と思っている購入予定?候補のワゴン車を比較した、一覧表を作ってみました。  ページへ進む買換え予定のワゴン候補車を徹底比較

 SUV

ゴルフに便利なクルマ | SUV編

LEXUS

RX
2015/10 FC
 復活、日本上陸
500万円~740万円
レクサスの大型クロスオーバーSUV。トヨタ・ハリアーのレクサス版。余裕で4バック可。
NX
2014/7 NEW
2017/9 MC
430万円~580万円
レクサス初のコンパクト(中型)SUV。横積みができ、トノカバーを外せば4バック可。
LX
2015/8 国内導入
 復活、日本上陸
1,100万円
トヨタ・ランドクルーザーの上級版、レクサスブランドの高級大型SUV。海外専用車を20年ぶりに国内発売。

トヨタ

FJクルーザー
2011/11 NEW
(2018/1 生産終了)
320万円~350万円
トヨタのビッグサイズSUV。2006年に北米市場専用に登場。日本でも人気化し発売。
ハリアー
2013/12 FC
2017/6 MC
280万円~460万円
トヨタ高級クロスオーバーSUV。ハイブリッドも。レクサスRXに移行も国内専用で復活。
ハイラックス
2017/9 NEW
 復活、日本上陸
325万円~380万円
2004年に国内販売終了し海外専売のヘビーデューティ・ピックアップが逆輸入で復活。
ランドクルーザー
2007/9 FC
2012/1 MC
450万円~650万円
トヨタの最上級大型四駆車。通称ランクル。現行200系はステーションワゴン的位置付け。
ランクル プラド
2009/9 FC
2017/9 MC
330万円~500万円
ランドクルーザーシリーズのうち、ライトデューティ用途(70系ライト)の位置付け。
ランドクルーザー 70
1984/11 FC
2007/3 MC
350万円~360万円
ランドクルーザー源流のヘビーデューティー、2004年販売終了から10年ぶり期間限定復活。

日産

エクストレイル
2013/12 FC
2017/6 MC
230万円~350万円
ミドルサイズのSUV。大型化も丸みを帯びてラゲッジはきつめ。3個は余裕も4個は視界なくギリ。

価格.com自動車保険 比較・見積もり

ホンダ

マツダ

CX-5
2017/2 FC
 新型発売
210万円~330万円
マツダのCセグメントサイズのクロスオーバーSUV。CX-7後継の新型。クリーンDターボが主力。
CX-8
2017/12 NEW
 新型発売
320万円~420万円
CX-5の全長を延長、3列シート7人乗りにしたミニバン×SUVの新型クロスオーバー。

三菱

パジェロ (ロング)
2006/10 FC
2013/7 MC
290万円~490万円
三菱のオフロードSUV。オンロードに加え悪路走破性は国産随一、パリダカ総合優勝12回。
アウトランダー・PHEV
2012/12 FC
2015/7 MC
250~320万円(PHEV:340~440)
三菱のミドルサイズのクロスオーバーSUV。プジョーとシトロエンにOEM供給。

スバル

フォレスター
2012/12 FC
2014/11 MC
210万円~300万円
スバルのクロスオーバーSUV。インプのプラットフォームから派生も大型化が進み本格SUVへ。

ゴルフバックが4つ積める国産SUV車のうち、私が買ってもいいかな~と思っている購入予定?候補のSUV車を比較した、一覧表を作ってみました。  ページへ進む買換え予定のSUV候補車を徹底比較

 ミニバン

ゴルフに便利なクルマ | ミニバン編

トヨタ

アルファード
ヴェルファイア

2015/2 FC
310万円~520万円
トヨタの大型(LLクラス)高級ミニバン。エスティマの格上だがシャーシ共通。ハイブリッドも追加。
エスティマ
2006/1 FC
2016/6 MC
290万円~430万円
トヨタのフラッグシップ大型ミニバン。ハイブリッドもラインナップ。現行3代目、次期FMCはあるのか?
エスクァイア
2014/10 NEW
2017/7 MC
260万円~320万円
5ナンバーのノア・ボクシ―に上質感を持たせた新型車。「新上級コンパクトキャブワゴン」と位置付け。ハイブリッドもラインナップ。
ノア・ボクシ―
2014/1 FC
2017/7 MC
220万円~300万円
トヨタの5ナンバー枠ファミリー層向けミニバン。ハイブリッドもラインナップ。
ウィッシュ WISH
2009/4 FC
2012/4 MC
190万円~260万円
トヨタの5ナンバー枠ミニバン、スポーティさを持たせたモデル。ホンダ・ストリーム対抗馬。
アイシス
2004/9 FC
2014/10 MC
200万円~250万円
日本専用左側通行向け左右非対称ボディが特徴の、トヨタの大衆ミニバン。次期FMCはあるのか?

日産

エルグランド
2010/8 FC
2014/1 MC
325万円~560万円
日産の上級ワンボックス型ミニバン。高級ミニバンの先駆的存在感、芸能界・VIP層にも人気。
セレナ
2016/8 FC
240万円~360万円
日産の5ナンバー枠大衆ミニバン。ミニバンで初の同一車線自動運転を搭載。室内空間はクラスNo.1。ハイブリッドは2017年1月予定。
ラフェスタHighwaySTAR
2011/6 FC
2013/2 MC
220万円~260万円
日産の7人乗りミニバン。現行モデルからマツダ(プレマシー)のOEM供給。
NV200
e-NV200

2009/5
2014/10 NEW
190~200万円・460~480万円
日産のライトバン&ミニバン。5ナンバー枠、ビジネスライクなスクエア形で使い勝手に優れる。

価格.com自動車保険 比較・見積もり

ホンダ

オデッセイ
2013/11 FC
2017/11 MC
250万円~405万円
ホンダの上級ミニバン。乗用車ベースの低床と走りがウリ。4本を縦積1段で、更に余裕も。
ステップワゴン
2015/4 FC
2017/9 MC HV追加
230万円~360万円
ホンダの5ナンバー枠ミニバン、スポーティなスパーダも。先代よりダウンサイジング&低床化。
フリード
2016/9 FC
190万円~270万円
ホンダ小型ミニバン。基本3個も、長尺DRを抜き立てるか2・3列目席片側倒し縦積みすれば…?
ジェイド
JADE HV

2015/2 NEW
250万円~290万円
ホンダ新型ミニバン。2列目シートをいちばん後ろまでスライドさせた状態でも9型4個を積載。

マツダ

ビアンテ
2008/7 FC
2013/5 MC
230万円~290万円
マツダのミドルクラスミニバン。ノアやセレナと並ぶワンボックス型ミニバンだが3ナンバー。
プレマシー
2010/7 FC
2013/1 MC
185万円~240万円
マツダのファミリーユースのミニバン。以前は5ナンバーも現行3ナンバーに。海外名はマツダ5。

三菱

デリカ D:5
2007/1 NEW
2012/12 MC
240万円~400万円
三菱の大型ミニバン。世界で唯一、オールラウンダーミニバンがコンセプト。
デリカ D:3
2011/10 NEW
200万円~210万円
日産NV200バネットのOEM。3ナンバーのD:5とコンパクトハッチバックのD:2との中間サイズ。

スバル

クロスオーバー7
2015/4 NEW
(2017/12 生産終了)
275万円
スバルのミドルサイズのミニバン、エクシーガ後継。スバルで現在唯一の多人数乗り乗用車。

 外国車・輸入車

外車は車種が多すぎて、とても把握できないので、とりあえず「GDO GOLF Style」の記事に掲載されていた輸入車のうち、4バック積載可能な車種のみ、リストアップしてみました。

ゴルフに便利なクルマ | 外車編

SUV

フォード
エクスプローラー
460万円~550万円
斜めに積み上げ3個は積載。4個収納もやれそうだが、3個で結構いっぱい。
ジープ
グランドチェロキー
450万円~
3個積んだ時点でいっぱいだが、4個積めないことはないかも?。チェロキーは横積みすら無理!
BMW
X5
800万円~1,045万円
トノカバーが閉まる高さに留めるとなるとバッグ3つが限界だが、外せば4つ可能。
ボルボ
XC60
520万円~720万円
トノカバーをしたままでも4つのキャディバッグを飲み込める。
ランドローバー
レンジローバー
1,265万円~
高級オールパーパスフルタイム4WD、ランドローバーのフラッグシップ車。

ワゴン

VW
ゴルフ・バリアント
280万円~360万円
ゴルフのステーションワゴンモデル、2014/1FMC。トノカバーを外せば楽々4個を飲み込む。
メルセデス・ベンツ
Eクラスワゴン
630万円~1,190万円
ベンツのミドルサイズラグジュアリーワゴン。現行は2012年に大幅MC。ラゲッジは600L。
BMW
5Seriesツーリング
670万円~1,180万円
2012年MC。セダンの走りそのままに、560Lラゲッジのスポーツワゴン。

▲ページTOPへ