鶴瓶の家族に乾杯 | 千葉県白子町(草刈正雄さん)

各回の放送内容(あらすじ)と、ロケ場所となったお店の名前や取り上げられた名物・特産品の情報を集めてみました。

「鶴瓶の家族に乾杯」は、NHK総合テレビで、毎週月曜日の夜7時30分から放送されている、バラエティ番組です。
「家族」をテーマにして、司会の鶴瓶さんとその時々のゲストが旅人として田舎を訪れ、地元の人々と触れ合いながら、ステキ(素敵)な家族を求めて日本中をめぐる、“ぶっつけ本番”の旅番組です。

今後の放送予定や、収録地・出演者(ゲスト)、再放送の予定などは、「放送予定のロケ地とゲスト情報!」のページをご覧ください。

 平成31年4月1日(月)放送 なつぞらSP!草刈正雄と千葉県白子町ぶっつけ本番旅

旅のゲストは、俳優の草刈正雄(くさかり まさお)さん。福岡県小倉市(現在の北九州市)出身の66歳。米軍兵士だった父親が朝鮮戦争で戦死し、幼少期は小倉で苦学して育ち、17歳の時にスカウトされ上京。直ぐに資生堂の専属モデルとして売れっ子モデルとなりますが、20歳の頃に野中マリ子氏の俳優養成所「野中塾」で演技を学び、俳優へ転向、めきめきと頭角を現します。2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』では、主人公の真田信繁(後の幸村)の父親で、知力ある戦略家の”真田昌幸”役を演じ、同年5月16日放送の家族に乾杯『栃木県佐野市ぶっつけ本番旅』にも出演しています。今度4月1日から『まんぷくの』後にスタートする、2019年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』では、戦争で両親を亡くしたヒロイン・奥原なつ(広瀬すずさん)が引き取られた十勝の牧場主として、なつに人生を生き抜く術を教え込頑固じいさん”柴田泰樹”役を演じます。草刈さんが家族に乾杯にゲスト出演するのは、2016年の大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸役を演じるにあたり、5月16日放送の「栃木県佐野市」を旅して以来、約3年ぶり2度目の登場です。

今回の旅の舞台は、千葉県長生郡白子町(しらこまち)。千葉県の太平洋岸、九十九里平野の南部に位置し、人口は1万人ほど。紀州の漁民、西宮久助が漂着し紀州漁法である地引き網を伝えたことから、江戸時代には「九十九里いわし漁」発祥の地として漁業で栄えましたが、今ではテニスやマリンスポーツのメッカとして、「海とテニスと温泉の町」として賑わいを魅せています。

『なつぞら』は、東京に生まれたヒロインのなつが、戦争で両親を失い、引き取られた北海道・十勝で広大な大自然と開拓者精神溢れる強く優しい大人たちに囲まれてたくましく成長し、上京後北海道で育んだ想像力と根性を活かして、当時「漫画映画」と称された草創期の日本アニメの世界で、アニメーターを目指す姿を描いたドラマ。千葉の九十九里や、海、テニスとも関係が無さそうです。そうなると、白子町との繋がりは、草刈さんの最大の趣味である「テニス」しか無いと予想しますが?(笑)。放送をお楽しみに!


ロケが行われたのは、平成31年2月?日。テニスが30年来の趣味という草刈さんは、テニスが盛んな町ということで、白子町を訪れました\(^o^)/。

九十九里浜で、鶴瓶さんと草刈さんが話していると、サーフィンをしている女性と出会い、近くで営むサーフショップへ案内されます。サーフボードを作っている夫も交え、ご夫婦からいろいろ話を聞きました。

鶴瓶さんと別れた草刈さんは、テニス合宿に来ている大学生と出会い、一緒にプレーしないかと誘われます。

一方、鶴瓶さんは、名産の「葉たまねぎ」の加工場を発見し、訪問します。

 

 

再放送は、4月5日(金)午前0時55分~午前2時07分(木曜日の深夜)に、NHK総合で放送予定です。

 


番組内で紹介されるかもしれない 白子町の名物など

たまねぎワイン 赤 720ml ■カレーの隠し味にも

価格:1,522円
(2019/3/16 19:29時点)
感想(2件)

▲ページTOPへ