鶴瓶の家族に乾杯 | 愛知県知多市(安治川親方)

各回の放送内容(あらすじ)と、ロケ場所となったお店の名前や取り上げられた名物・特産品の情報を集めてみました。

「鶴瓶の家族に乾杯」は、NHK総合テレビで、毎週月曜日の夜7時30分から放送されている、バラエティ番組です。
「家族」をテーマにして、司会の鶴瓶さんとその時々のゲストが旅人として田舎を訪れ、地元の人々と触れ合いながら、ステキ(素敵)な家族を求めて日本中をめぐる、“ぶっつけ本番”の旅番組です。

今後の放送予定や、収録地・出演者(ゲスト)、再放送の予定などは、「放送予定のロケ地とゲスト情報!」のページをご覧ください。

 令和2年3月2日(月)放送 元関脇・安美錦の安治川親方と愛知県知多市ぶっつけ本番旅!

旅のゲストは、元大相撲力士の関脇・安美錦関で現在は安治川(あじがわ)親方の、安美錦竜児(あみにしき りゅうじ)さん。青森県西津軽郡深浦町の出身で、41歳。高校卒業後に、兄の安壮富士が先に入門していた安治川部屋(後の伊勢ヶ濱部屋)に入門。1997年1月場所で初土俵を踏み、21歳の2000年1月場所に新十両へ昇進、同年7月場所に新入幕を果たします。2007年9月場所において、新入幕から所要43場所で自身最高位の関脇に昇進。その後は三役と平幕を何度か往復しますが、2012年3月場所の関脇位を最後に、その後はケガが響いて徐々に階級を落とします。西十両11枚目で臨んだ2019年7月(名古屋)場所において、初日から2連敗の後にケガで休場を余儀なくされ、場所中の10日目に現役引退を発表。当時、現役最年長の40歳、関取在位117場所は魁皇と並んで歴代1位の記録。生涯戦歴は、907勝908敗。結果的に、現役最後の試合となった不戦敗により、負け星が勝ち星より1つ多くなったのも、安美錦らしさでしょうか!?。受賞歴は、殊勲賞4回、敢闘賞2回、技能賞6回、金星8個。その最初の金星は、2003年1月場所において、”平成の大横綱”といわれた貴乃花から挙げたもので、貴乃花はこの取組を最後に現役を引退したため、安美錦は貴乃花の現役最後の対戦相手としても知られています。得意技は、右四つからの寄りや押し、出し投げなど。まわしを取って頭をつけるなど、技巧派で鳴らし、土俵際の粘りも信条。いつも微妙な取り組みにより行司が軍配を上げにくい相撲をとるため、「行司泣かせ」との異名が付いたほどでした(笑)。

サントリー ウイスキー 知多旅の舞台は、愛知県の知多半島の付け根に位置し、伊勢湾に面した場所にある、知多市(ちたし)。南側は、中部国際空港(セントレア)を擁する常滑市に隣接しています。沿岸部は発電所や製油所などが立地する工業地帯で、内陸部ではフキやペコロス(小球タマネギ)などの農産物が作られています。さて、安美錦関と知多市の関係ですが、正直、まったく分かりません!(笑)。無理やり予想すると、安美錦が現役最後となった場所は、2019年7月の名古屋場所。3日目からケガで休場し、再出場の機会を探りつつ、幕下陥落が決まる十日目までの一週間、ひょっとして安美錦関は、たまたま出掛けた知多市の何処かで、引退の決意を固めたのかも?(汗)。さらに探ると、安美錦関の好物はワインと甘口のカレーライスで、嫌いなものは梅全般だそうです。知多市には、梅で有名な「佐布里緑と花のふれあい公園」があり、全国梅サミットに加盟するなど、梅を地域資源として活用する土地柄。そんな場所で、梅嫌いを直そうと、知多市を訪れたとか?(笑)。腹案は、特産の「知多木綿」。相撲には、浴衣や手拭いと、木綿生地が付きものですが、ひょっとして何か知多木綿に思い入れがあったりして?。詳しいことが分かりましたら、また情報をアップします。

satoさん情報によると、竹新製菓の「おかきや辰心」に、NHKの取材班が訪れたとか。メニューを見ると、”きしめん”など愛知県名物も気になりますが、この店の一番の名物は、”岡田かつ丼”だそうです!。ひょっとして、これが本日の一杯でしょうか?(笑)。


ロケが行われたのは、1月30日(木)。

 

 

 

 

再放送は、3月6日(金)午前0時55分~午前2時07分(木曜日の深夜)に、NHK総合で放送予定です。

 


番組内で紹介されるかもしれない 知多市の名物など

▲ページTOPへ