鶴瓶の家族に乾杯 | 千葉県香取市(アンミカさん)

各回の放送内容(あらすじ)と、ロケ場所となったお店の名前や取り上げられた名物・特産品の情報を集めてみました。

「鶴瓶の家族に乾杯」は、NHK総合テレビで、毎週月曜日の夜7時30分から放送されている、バラエティ番組です。
「家族」をテーマにして、司会の鶴瓶さんとその時々のゲストが旅人として田舎を訪れ、地元の人々と触れ合いながら、ステキ(素敵)な家族を求めて日本中をめぐる、“ぶっつけ本番”の旅番組です。

今後の放送予定や、収録地・出演者(ゲスト)、再放送の予定などは、「放送予定のロケ地とゲスト情報!」のページをご覧ください。

 令和3年10月18日(月) アンミカ 千葉県香取市でしゃべくり出会い旅スペシャル

旅のゲストは、女性ファッションモデルの アン ミカさん。韓国・済州島生まれ、大阪市育ちの49歳。大阪府立住吉高校を卒業後、トップモデルを目指して単身パリへ移住。18歳でイギリスのファッション誌に写真が掲載されたことを契機に、20歳でパリコレクションへ初参加。30歳を過ぎてからは、活動の範囲をモデル業以外にも広げ、現在はジュエリーやファッションのデザイナー、化粧品のプロデュース、エッセイスト、テレビタレントなど、多方面で活躍中です。アンミカさんが”家族に乾杯”に出演するのは、今回が初めて。

旅の舞台は、千葉県香取市(かとりし)。2006年に、佐原市・小見川町・山田町・栗源町の1市3町が合併して誕生しました。千葉県の北東部、霞ケ浦の湖尻の先端部に位置し、茨城県と接しています。一帯は、利根川流域の”水郷(すいごう)”と呼ばれる地域で、お米の出荷量は千葉県内で第1位。佐原は、江戸時代には”北総の小江戸”や”江戸優り(えどまさり)”と称されるほど商家町として栄え、かの伊能忠敬も商人として活躍した土地柄で、小見川や街道沿いに古い土蔵造りの商家や町屋が建ち並ぶ「佐原の町並み」は、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定され、日本遺産「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」にも認定されています。

そしてアンミカさんは、香取市にある「須田本店(水郷のとりやさん)」の参鶏湯(サムゲタン)のお取り寄せが、大のお気に入りだとか!。サムゲタンは、若鶏のお腹の中にもち米や、高麗人参・ニンニクなど様々な漢方食材を詰めて煮込んだ韓国料理で、滋養強壮や美肌に効果抜群の薬膳料理といわれています。アンミカさんの旅の目的は、ひょっとして参鶏湯でしょうか?(笑)。また、家族に一杯では、「華蓮」の名物・カレー焼きそばが取り上げられる様ですよ。この汁だくのカレー焼きそばは、香取市小見川(おみがわ)地区(旧 小見川町)のソウルフードだそうで、地区内の何軒かのお店で食べることが出来る様です。


ロケが行われたのは、7月7日(水)。アンミカさんが、小江戸情緒あふれる千葉県香取市を舞台に、しゃべくり出会い旅を繰り広げます!。旅の目的は、神社と発酵食品を満喫すること。アポなし旅は初めてと言いつつも、巧みな“口”渉術で出会いを重ね、名所や名産品を押さえていくアンミカさん。見るもの、聞くもの全てを魅力的な言葉で表現する姿に、鶴瓶さんも脱帽!(笑)。一方、鶴瓶さんは、自身を“現代の伊能忠敬”と豪語し、市内のゆかりの地を目指します。すると、不思議な出会いに次々と引き寄せられていく!?。

 

 

再放送は、10月21日(木)の午後11:35から、NHK総合1で放送予定です。


番組内で紹介されたお店や訪問先など

二人旅

鶴瓶さん

アンミカさん

家族に一杯

 


番組内で紹介されるかもしれない 香取市の名物など

▲ページTOPへ