2023年Jリーグ 解説者による順位予想

今季もJリーグを牽引するのは横浜と川崎か? それとも台風の目となるクラブが現れるのか?

最新ニュース2023年シーズンが終了、順位が確定したのでページを更新しました!(2023/12/7)
※ 2023年シーズンの順位予想に更新を開始しました!(2023/2/14)
※ 過去の「2022年」、「2021年」、「2020年」、「2019年」、「2018年」、「2017年」、「2016年」、「2015年」の各ページはアーカイブ。

 2023年 Jリーグ 年間スケジュール

今シーズンの明治安田生命J1リーグの日程は、2月17日(金)19:00キックオフの 昨年王者・横浜FM vs 川崎フロンターレ 戦(等々力、DAZN放送)というビッグマッチで開幕!。18クラブによる最終節(第34節)は、12月3日(日)の予定です。

一方、J2の開幕は2月18日(土)で、22チームで全42節を戦い、最終節は11月12日(日)の予定です。また、J3は3月14日(土)に開幕、20チームで全38節を戦い、最終節は12月2日(土)の予定です。

 1.Jリーグマスコット総選挙2023

Jリーグに所属する全クラブの人気度を鏡に映す「Jリーグマスコット総選挙』、2013年にスタートしたこの企画も11回目を迎えた今回が最後。そして、投票結果の最終発表が2月11日(土)に開催された FUJIFILM SUPER CUP のハーフタイムに行われました。

マスコット総選挙2023 投票結果で1位に輝いたのは、初エントリーのマリン(横浜FM)でした。横浜F・マリノスでは、2020年にマリノスケが、2022年にマリノス君が1位になっており、マリノスケ・マリノス君・マリンとクラブマスコットが全て1位を獲得するのは史上初の快挙です!。なお、2位は同じく初参加のワルンタ(川崎フロンターレ)、3位はヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)でした。

Jリーグマスコット総選挙2023

 2.2022年 J1 解説者による順位予想と結果

予想順位を知りたいクラブ名のボタンを押してください!

(並び順は、昨年のJ1順位→昇格組J2順位。)


解説者・識者の2023年J1順位予想と結果(その1)
順位 サッカーダイジェスト 2023年
最終順位
岩本輝雄
(元平塚ほか)
播戸竜二
(元G大阪他)
名良橋晃
(元鹿島ほか)
林 陵平
(元東京V他)
橋本英郎
(元G大阪他)
財前宣之
(元仙台ほか)
松木安太郎
(元川崎監督)
清水秀彦
(元日産監督)
早野宏史
(元横浜監督)
小島伸幸
(元横浜監督)
1位 川崎F 横浜FM C大阪 横浜FM 横浜FM 横浜FM FC東京 横浜FM 川崎F 横浜FM 神戸
2位 横浜FM 川崎F 横浜FM 川崎F 川崎F 鹿島 川崎F 名古屋 横浜FM 広島 横浜FM
3位 FC東京 C大阪 鹿島 C大阪 広島 C大阪 横浜FM 川崎F C大阪 川崎F 広島
4位 C大阪 鹿島 川崎F 広島 C大阪 川崎F 名古屋 浦和 広島 C大阪 浦和
5位 広島 広島 広島 浦和 鹿島 FC東京 浦和 鹿島 名古屋 名古屋 鹿島
6位 鹿島 名古屋 FC東京 浦和 名古屋 広島 広島 FC東京 FC東京 名古屋
7位 札幌 浦和 名古屋 名古屋 FC東京 浦和 C大阪 C大阪 鹿島 鹿島 福岡
8位 湘南 G大阪 浦和 鹿島 G大阪 神戸 鹿島 FC東京 川崎F
9位 G大阪 FC東京 FC東京 神戸 広島 G大阪 鳥栖 浦和 G大阪 C大阪
10位 浦和 鳥栖 鳥栖 G大阪 鳥栖 神戸 神戸 札幌 浦和 新潟
11位 G大阪 札幌 札幌 G大阪 鳥栖 札幌 FC東京
12位 神戸 神戸 札幌 鳥栖 名古屋 G大阪 札幌 神戸 神戸 札幌
13位 鳥栖 札幌 神戸 神戸 湘南 鳥栖 京都 札幌 G大阪 鳥栖 京都
14位 名古屋 湘南 湘南 湘南 札幌 新潟 鳥栖 京都 横浜FC 福岡 鳥栖
15位 横浜FC 京都 新潟 京都 京都 湘南 湘南 横浜FC 湘南 湘南 湘南
16位 新潟 福岡 京都 新潟 福岡 横浜FC 福岡 湘南 新潟 京都 G大阪
17位 京都 新潟 福岡 福岡 横浜FC 京都 新潟 福岡 京都 横浜FC
18位 福岡 横浜FC 横浜FC 横浜FC 新潟 福岡 横浜FC 新潟 福岡 新潟 横浜FC
色分け背景色が黄色 予想がピッタリ的中!
※ 2024年度からJ1のクラブ数が20クラブに増加されるため、2023年シーズンは臨時的に最下位(18位)のクラブのみがJ2降格となり、J2から3クラブがJ1へ昇格する。

 

解説者・識者の2023年J1順位予想と結果(その2)
順位 Web Sportiva Web Sportiva(識者5人) 2023年
最終順位
加地 亮
(元G大阪他)
名良橋晃
(元鹿島ほか)
杉山茂樹
(スポーツライター)
中山 淳
(Sジャーナリスト)
原山裕平
(サッカーライター)
小宮良之
(スポーツライター)
浅田真樹
(スポーツライター)
1位 広島 C大阪 浦和 C大阪 広島 川崎F 横浜FM 神戸
2位 川崎F 横浜FM 横浜FM 広島 横浜FM 広島 鹿島 横浜FM
3位 C大阪 鹿島 鹿島 横浜FM 川崎F 鳥栖 川崎F 広島
4位 横浜FM 川崎F 川崎F 川崎F C大阪 横浜FM 広島 浦和
5位 広島 広島 鹿島 FC東京 鹿島 C大阪 鹿島
6位 鹿島 FC東京 神戸 FC東京 C大阪 名古屋 名古屋
7位 名古屋 名古屋 FC東京 名古屋 名古屋 札幌 FC東京 福岡
8位 鳥栖 浦和 浦和 浦和 FC東京 浦和 川崎F
9位 FC東京 C大阪 神戸 鹿島 浦和 C大阪
10位 神戸 鳥栖 G大阪 鳥栖 鳥栖 神戸 新潟
11位 浦和 G大阪 名古屋 札幌 G大阪 名古屋 G大阪 FC東京
12位 福岡 湘南 鳥栖 G大阪 神戸 湘南 新潟 札幌
13位 G大阪 神戸 札幌 湘南 G大阪 札幌 京都
14位 札幌 札幌 横浜FC 湘南 札幌 神戸 鳥栖 鳥栖
15位 湘南 新潟 新潟 新潟 横浜FC 新潟 湘南 湘南
16位 京都 京都 湘南 福岡 新潟 京都 福岡 G大阪
17位 横浜FC 横浜FC 福岡 京都 福岡 横浜FC 京都
18位 新潟 福岡 京都 横浜FC 京都 福岡 横浜FC 横浜FC

 

解説者・識者の2023年J1順位予想と結果(その3)
順位 スポニチ 西日本スポーツ SPAIA サカダイ 2023年
最終順位
槙野智章
(元浦和ほか)
中払大介
(元京都ほか)
島田 徹
(サッカーライター)
田中健二
(お笑い芸人)
AI
 
全30人
総合ランク
1位 FC東京 横浜FM 横浜FM 福岡 川崎F 横浜FM 神戸
2位 広島 川崎F 川崎F C大阪 横浜FM 川崎F 横浜FM
3位 横浜FM 広島 FC東京 鳥栖 名古屋 C大阪 広島
4位 川崎F 名古屋 鹿島 広島 鹿島 広島 浦和
5位 C大阪 FC東京 広島 横浜FM 新潟 鹿島 鹿島
6位 名古屋 札幌 C大阪 川崎F 広島 FC東京 名古屋
7位 浦和 C大阪 鹿島 FC東京 浦和 福岡
8位 神戸 福岡 福岡 FC東京 C大阪 名古屋 川崎F
9位 神戸 鳥栖 名古屋 浦和 C大阪
10位 鳥栖 鳥栖 浦和 浦和 横浜FC G大阪 新潟
11位 鹿島 名古屋 G大阪 鳥栖 神戸 FC東京
12位 G大阪 浦和 湘南 京都 鳥栖 札幌
13位 湘南 湘南 G大阪 神戸 福岡 札幌 京都
14位 福岡 鹿島 札幌 湘南 湘南 鳥栖
15位 京都 G大阪 神戸 札幌 G大阪 新潟 湘南
16位 新潟 横浜FC 新潟 京都 神戸 福岡 G大阪
17位 札幌 京都 横浜FC 横浜FC 湘南 京都
18位 横浜FC 新潟 京都 新潟 札幌 横浜FC 横浜FC
※ AI予想や集計・分析の予想では、同率で同じ順位のケースがあり得ますが、並び順で順位欄に掲載しています。

 

解説者・識者の2023年J1順位予想と結果(その4)
順位 FB-TRIBE FB-ZONE EL GOLAZO 日刊スポーツ スポーツ報知 WINNER WilliamHill 2023年
最終順位
補強診断&
ランキング
戦力格付け
ランキング
記者18人
総合ランク
記者4人
総合ランク
記者9人
総合ランク
オッズ
(開幕時点)
アウトライトオッズ
(開幕時点)
1位 鹿島 横浜FM 横浜FM 横浜FM 川崎F 横浜FM 横浜FM 神戸
2位 横浜FC 川崎F 川崎F 川崎F 横浜FM 川崎F 川崎F 横浜FM
3位 C大阪 広島 広島 広島 広島 鹿島 広島 広島
4位 名古屋 浦和 C大阪 C大阪 鹿島 広島 FC東京 浦和
5位 FC東京 C大阪 FC東京 FC東京 FC東京 FC東京 名古屋 鹿島
6位 G大阪 名古屋 鹿島 鹿島 C大阪 浦和 鹿島 名古屋
7位 湘南 鳥栖 浦和 名古屋 浦和 C大阪 浦和 福岡
8位 川崎F FC東京 名古屋 浦和 G大阪 神戸 川崎F
9位 札幌 鹿島 神戸 名古屋 名古屋 C大阪 C大阪
10位 京都 鳥栖 G大阪 鳥栖 神戸 札幌 新潟
11位 新潟 札幌 神戸 G大阪 FC東京
12位 浦和 G大阪 札幌 鳥栖 神戸 札幌 新潟 札幌
13位 鳥栖 神戸 G大阪 札幌 札幌 新潟 G大阪 京都
14位 湘南 湘南 湘南 湘南 鳥栖 湘南 鳥栖
15位 広島 福岡 京都 福岡 福岡 京都 鳥栖 湘南
16位 横浜FM 京都 福岡 新潟 京都 湘南 横浜FC G大阪
17位 福岡 新潟 新潟 京都 横浜FC 福岡 福岡
18位 神戸 横浜FC 横浜FC 横浜FC 新潟 横浜FC 京都 横浜FC

 

順位予想元の記事・ニュース

 3.2023年 J2 解説者による順位予想と結果

予想順位を知りたいクラブ名のボタンを押してください!

(並び順は、昨年の降格組J1順位→昇格・降格組除くJ2順位→昇格組J3順位。)


解説者の2023年J2順位予想と結果(その1)
順位 サッカーダイジェスト 2023年
最終順位
名良橋晃
(元鹿島ほか)
岩本輝雄
(元平塚ほか)
松木安太郎
(元川崎監督)
林 陵平
(元東京V他)
橋本英郎
(元G大阪他)
財前宣之
(元仙台ほか)
播戸竜二
(元G大阪他)
早野宏史
(元横浜監督)
小島伸幸
(元平塚ほか)
清水秀彦
(元日産監督)
1位 岡山 清水 清水 磐田 清水 仙台 清水 清水 磐田 清水 町田
2位 清水 仙台 磐田 清水 岡山 町田 町田 磐田 清水 岡山 磐田
3位 仙台 磐田 山形 仙台 仙台 清水 岡山 岡山 仙台 磐田 東京V
4位 山形 岡山 長崎 甲府 大分 山形 磐田 仙台 長崎 山形 清水
5位 磐田 町田 仙台 長崎 山形 磐田 大分 徳島 甲府 仙台 山形
6位 長崎 大分 東京V 山形 町田 千葉 山形 長崎 岡山 大分 千葉
7位 町田 山形 町田 町田 磐田 大宮 長崎 山形 徳島 徳島 長崎
8位 大分 長崎 いわき 岡山 甲府 岡山 仙台 町田 大分 長崎 甲府
9位 東京V 藤枝 藤枝 大分 熊本 東京V 徳島 大分 千葉 町田 大分
10位 千葉 甲府 甲府 熊本 いわき 熊本 東京V 東京V 山形 熊本 岡山
11位 徳島 徳島 千葉 徳島 千葉 徳島 いわき 甲府 大宮 東京V 群馬
12位 大宮 東京V 大宮 金沢 徳島 大分 千葉 熊本 町田 千葉 藤枝
13位 甲府 千葉 徳島 東京V 東京V 秋田 熊本 千葉 東京V 大宮 秋田
14位 熊本 山口 岡山 大宮 山口 長崎 大宮 大宮 山口 甲府 熊本
15位 水戸 いわき 大分 千葉 水戸 金沢 甲府 水戸 金沢 水戸 徳島
16位 金沢 水戸 山口 山口 長崎 いわき 秋田 山口 いわき 金沢 仙台
17位 山口 熊本 金沢 水戸 栃木 甲府 水戸 金沢 水戸 山口 水戸
18位 秋田 金沢 秋田 秋田 大宮 水戸 栃木 秋田 栃木 秋田 いわき
19位 いわき 大宮 水戸 群馬 秋田 栃木 金沢 いわき 群馬 いわき 栃木
20位 群馬 栃木 熊本 いわき 金沢 山口 山口 栃木 熊本 栃木 山口
21位 栃木 群馬 栃木 栃木 藤枝 群馬 藤枝 群馬 秋田 群馬 大宮
22位 藤枝 秋田 群馬 藤枝 群馬 藤枝 群馬 藤枝 藤枝 藤枝 金沢
色分け背景色が黄色 予想がピッタリ的中!
※ 2024年度からJ1/J2/J3のクラブ数が全て20クラブに揃えられるため、J2リーグでのJ1自動昇格・J3自動降格を従来通り2クラブずつとした上で、2023年シーズンは臨時的に3位から6位までのクラブでJ1昇格プレーオフを実施し優勝クラブがJ1へ昇格する。

 

解説者の2023年J2順位予想と結果(その2)
順位 サカダイ EL GOLAZO WINNER YouTube-J論ch YouTube-サッカーキング 2023年
最終順位
全30人
総合ランク
記者21人
総合ランク
オッズ
(開幕時点)
郡司 聡
(ゼルビアTimes)
鈴木康浩
(栃木FBM)
海江田哲朗
(SBG)
名良橋晃
(元鹿島ほか)
北條 聡
(サッカーライター)
三島大輔
(サッカーキング)
1位 清水 清水 清水 町田 清水 仙台 岡山 清水 徳島 町田
2位 磐田 仙台 徳島 徳島 仙台 東京V 清水 徳島 清水 磐田
3位 仙台 徳島 磐田 磐田 徳島 清水 仙台 仙台 仙台 東京V
4位 岡山 山形 仙台 清水 栃木 山形 山形 山形 岡山 清水
5位 山形 岡山 町田 仙台 大分 大分 磐田 大分 山形 山形
6位 町田 大分 長崎 山形 磐田 岡山 徳島 岡山 大分 千葉
7位 徳島 磐田 岡山 大分 山形 千葉 東京V 町田 熊本 長崎
8位 長崎 町田 大分 いわき 千葉 甲府
9位 大分 長崎 甲府 大分
10位 東京V 東京V 山形 岡山
11位 千葉 千葉 いわき 群馬
12位 熊本 甲府 東京V 藤枝
13位 甲府 水戸 千葉 秋田
14位 いわき 熊本 大宮 熊本
15位 大宮 いわき 熊本 徳島
16位 水戸 金沢 栃木 仙台
17位 金沢 山口 水戸 水戸
18位 山口 秋田 藤枝 いわき
19位 秋田 栃木 金沢 栃木
20位 栃木 大宮 山口 山口
21位 藤枝 藤枝 群馬 大宮
22位 群馬 群馬 秋田 金沢
※ J論チャンネルの3氏の予想は7位まで。
※ サッカーキングの3氏の予想はプレーオフ圏(1~6位)まで、7位・8位は“ダークホース予想”として挙げられたクラブを記載。

 

順位予想元の記事・ニュース

 4.2023年順位予想の答え合せ

各解説者の順位予想の答え合わせ

2023年のJ1リーグは、全日程を終了しました。シーズン前に発表された、解説者によるJ1順位予想の答え合わせと、予想の的中率を調べてみましょう!(笑)。

上記の順位予想の一覧表(J1その1~その4まで、全30件の予想)で、黄色く塗った枠が、予想順位と結果がピッタリ当たった予想です!。

前年13位だったヴィッセル神戸の優勝を予想した解説者等は、1人もいませんでした…。神戸の最上位予想は、スポーツライターの杉山茂樹氏による6位予想で、8位予想が財前宣之氏と槙野智章氏、William Hillのアウトライトオッズの3件のみという結果。ちなみに、Football Tribeの補強診断&ランキングでは最下位、SPAIAのAI予想では16位、サッカーライターの島田徹氏は15位予想と、低評価も多い状況でした。一方、2位になった横浜F・マリノスと、3位のサンフレッチェ広島は、それぞれ昨年に優勝と3位だったので、今年も上位予想が多く、比較的正解者も多かったです。

逆に、J2へ降格となった横浜FCの最下位を予想した解説者等は、横浜FCが昨年J2の2位からJ1に昇格したばかりということもあり、30分の12件と正解者が多かったです。

各解説者の的中率は?

さて、解説者の予想的中率を比べてみようと、各解説者の各チームの予想順位と最終順位の「順位差」を計算し、その「順位差の合計」が小さかった順番に並べ直したのが下表です。

私が集めた2023年のJリーグ・J1の順位予想のうち、最も予想が的中したのは、なんと英国のブックメーカー「William Hill」のアウトラトオッズ(開幕時点)の順位予想でした!。そして、WINNERのオッズも3位!。解説者の予想より、より多くの一般人の予想を集約した方が、正解率が高いというのは皮肉な結果です。SPAIAのAI予想も、15位と今年も振るわなかったので、まだまだAI元年とはいかず、人間の知恵の方が優っているいる様ですよ(笑)。解説者では、スポーツライターの浅田真樹氏が2位、スポーツジャーナリストの中山 淳氏が4位、そして元川崎監督の松木安太郎氏が5位となっています。意外と?、松木さんの予想は、毎年の様に好成績ですね(笑)。

2023年J1最終順位と予想順位の差ランキング
解説者
ランキング
最終順位/各チームの予想順位 差の
合計
1位
神戸
2位
横FM
3位
広島
4位
浦和
5位
鹿島
6位
名古
7位
福岡
8位
川崎
9位
C大
10位
新潟
11位
FC東
12位
札幌
13位
京都
14位
鳥栖
15位
湘南
16位
G大
17位
柏レ
18位
横FC
1WilliamHill オッズ81376517291241018151413111658
2浅田真樹10148261635127131714151191860
3WINNER オッズ10146391727135121514168111862
4中山 淳93285716411561117101412131864
5松木安太郎10365841627171121314159111866
清水秀彦10164521737188131491611121566
日刊スポーツ 記者4人91386715241651317121410111866
杉山茂樹62513111749157131812161081468
FB-ZONE 戦力格付13134961525178111671412101868
エルゴラ 記者18人11137681624175121510141391868
11播戸竜二12157461623179131510148111870
財前宣之81972618431451117131512101670
サカダイ 総勢30人11147581623156131712141091870
14林 陵平13145871723169111512141061872
15名良橋晃13258371741156121610141191874
橋本英郎91365121624187141510138111774
小島伸幸12121075143418611161315981774
槙野智章83271161445161171510131291874
SPAIA AI16269431318571812111715141074
スポーツ報知 記者9人12237491516185131610141181774
21加地 亮10411167122318914168151351776
中払大介91312144827185617101315111676
23早野宏史12249751813166101711151381480
名良橋晃13258371841156141610121191780
25島田 徹15151041182616314189121371782
田中健二13541079162188151631411121782
27原山裕平12218971734165141810131161586
28小宮良之14429511181615871631213101788
29岩本輝雄12251061418141637171389111598
30FB-TRIBE 補強診断181615121417831159101376142124
【関連ページ】 こちらも併せてご覧ください。
(参考)

▲ページTOPへ