サツマイモの育て方

都会からリタイアして地元の田舎に戻り始めた家庭菜園、少しずつ学んだ野菜の育て方のコツをまとめてみました。

 1.サツマイモ栽培のキモとコツ

サツマイモとは

サツマイモ(薩摩芋)は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物で、その塊根(養分を蓄えている肥大した根)を食用します。『”ヒルガオ科”の花が咲く野菜は、他にもあったぞ!?』と思い返してみると、確かにありました、「空心菜」(クウシンサイ=ヨウサイ)です!。

サツマイモの花サツマイモもクウシンサイも、秋になると、アサガオ(ヒルガオ)の様な大輪のキレイな花を咲かせます(笑)。サツマイモの原産地は南アメリカ大陸の熱帯地方とされ、16世紀にフィリピンから中国を経由して、日本の琉球(沖縄)へと伝わり、1600年代前期(江戸時代初期)に薩摩経由で日本中に広まったことから、「薩摩芋」と呼ばれる様になりました。荒れ地や痩せ地でも育ちやすく、連作も可能で、デンプン質が豊富で栄養価も高いサツマイモは、江戸の開墾時代から戦中戦後の食糧難の時代まで、日本人の貧しい食生活を下支えした、貴重な食糧でした。

ただし、痩せた砂地の土地では育てやすいサツマイモも、水はけが悪い粘土質で、土が直ぐに固くなってしまう我が家の畑では、逆に育て難い野菜の代表格でもあります。特に収穫のため土を掘り返す時に、土が固いため手で芋を掘り起こすことが出来ず、スコップを使うことになるのですが、スコップを使うと、どうしても芋を傷つけてしまいがちです。すると、傷ついた芋は、すぐに腐ってしまい、保存が出来ません(汗)。しかし、最近人気のしっとり系やネットリ系の品種のサツマイモを、貰って食べると、これが美味しいこと!(笑)。そこで、ぜひ自分でも、この美味しい新しい品種のサツマイモ栽培に再びチャレンジしてみたくなり、マルチを使って、粘土質の畑でも上手にサツマイモを育ててみたいと思います!。


【品種】
サツマイモは、家庭菜園では一般的に、5月頃にホームセンターや種苗店などから苗(挿し穂)を買ってきて、それを植えて育てます。色々な品種を育ててみたいところですが、多くの店では、苗は20~25本束で売られていることが多く、家庭菜園では1束でも多すぎる程。たまに、10本束で売られている店もあるので、もし状態の良い苗が残っていたらラッキーです!。
サツマイモの品種は数多く、出荷用に作付けされている品種だけで、約60種類もあるそうです!。味の違い、食感の違い、色の違いなど、こだわると切りがありません(汗)。ここでは、一般的に多く出回っていて手に入りやすい品種で、素人でも作りやすくて美味しい、昔ながら人気の「①ほくほく系」と、最近特に女性に人気の「②ねっとり系」、そして両者のいいとこどりをした中間の「③しっとり系」で、それぞれの代表品種を選りすぐって紹介します。
①ほくほく系金時/紅あずま
昔から大人気で、サツマイモと言えば”これが定番”と言われるほど人気第一なのが、西の「金時」と、東の「紅あずま」。ほくほくな焼き芋が食べたいなら、これ一択。天ぷらにしても美味しく食べられます!。
②ねっとり系安納芋
近年スーパーの店頭で焼き芋が売られる様になった”火付け役”とも言われるのが、特に女性に人気の、ネットリと甘い蜜がこぼれ出す、糖度が高くて水分多めの「安納芋」。とても甘くてネットリとした食感は、まさにスイーツそのもの、ぜひ焼き芋で頂きましょう!。
③しっとり系紅はるか
最近登場した「紅はるか」は、安納芋に負けず劣らず甘いのですが、ほくほくな食感から後味がスッキリしているため、ネットリした強烈な甘さが苦手な方や男性に人気です。焼き芋以外にも、スイートポテトなどお菓子作りにも合うので、安納芋よりレシピは広がりそうです!。
【連作障害】
サツマイモは連作の影響を受け難く、連作も可能です。しかし連作すると、ネコブセンチュウなどの病気が発生することもあり、可能であれば翌年は別の場所で育てた方がいいでしょう。ネコブセンチュウの予防に役立つコンパニオンプランツとして、「マリーゴールド」がよく知られていますが、サツマイモは育つと葉が密集して茂るため、マリーゴールドも負けてしまうのが残念です(汗)。
【病害虫】
サツマイモは比較的病害虫に強く、家庭菜園でも無農薬栽培で育てやすい野菜のひとつです。まれに、土中に潜むヨトウムシやコガネムシの幼虫によって、葉や茎、塊根が食害される被害に遭う場合があります。未熟堆肥が入った圃場や、他の野菜で被害が発生している畑では、サツマイモの苗(挿し穂)を植える前に、土に「ダイアジノン粒剤」や「オルトラン粒剤」などの殺虫剤を撒いて耕しておきましょう。

 2.植え付けと管理

ジャガイモは、種イモそのものを伏せて(埋めて)、種イモから生えてきた茎の根元に新しいジャガイモが出来ますが、サツマイモは、5月頃に種イモから生えてきた茎の先端部分の20~30cmほどを切り取り、その茎の一部(苗、挿し穂)を挿し芽の様に植えて育てると、挿し穂の節の部分に新しい芋が生ります。

苗(挿し穂)の入手方法は、以下の3通りありますが、家庭菜園では、苗は買うのがおすすめ。

  1. 種イモから苗を育てて、苗を自家採苗する
  2. 親株を購入して育て、苗を自家採苗する
  3. 苗を購入する

サツマイモ農家では、苗(挿し穂)を買っていたのでは商売にならないため、自家育苗します。3月頃から温床を作って、前年に収穫し貯蔵していた種イモを伏せ込み、暖房しながら苗を育てます。しかし、栽培数が少ない家庭菜園であれば、育った苗を買てきた方が、遥に楽で手っ取り早いです(笑)。苗の価格は、1本あたり 30円~50円くらいで、1苗から数本のサツマイモが収穫できます。なお、種イモから発芽した親株を買ってきて、その親株を植えて育て、分岐した脇芽から苗を自家採取する方法もあります。親株は1苗が120~150円くらいなので、沢山挿し穂が採れれば苗を買うより安上りですが、手間暇が掛かります(汗)。

【気象環境】
南アメリカの熱帯地方が原産のサツマイモは、発芽・生育適温は20度~30度と高く、高温と日照を好み、日陰になるような場所は栽培に適しません。
【植付の適期】
暖地では4月下旬ごろから、寒冷地では5月上旬ごろから、ホームセンターでサツマイモの苗(挿し穂)が売られ始めますが、良い苗は先を争う様に売れてしまいます…。コロナに纏わるデマ情報で、トイレットペーパー等の紙製品が一時店頭から消えてしまった様に、サツマイモの苗も競争となると、どうしても気が逸って、早く苗を買って、早植えしてしまいがちです(汗)。しかし、私の経験則では、霜が降りる前、出来るだけ遅くに収穫期を迎えた方が、いい芋が採れると感じています。さらに、苗を植え付け、活着したころに梅雨入りしてくれれば、葉の生育が一段と良くなります。したがって、関東甲信地方の梅雨入りは、平年6月上旬頃なので、苗の植え付けは5月中~下旬頃がベストなタイミングかと!。
サツマイモの植え付けと収穫時期
【土壌・施肥】
PHが 5.5~6と比較的酸性土の痩せ地でも育ちやすい作物です。肥料、特に窒素分が多いと、ツルボケして葉ばかりが茂り、いい芋が採れません。そのため、肥えた土地では、無施肥・無石灰でも大丈夫です。通常でも、元肥も追肥も、他の作物の半分くらい、控えめに施します。乾燥には強いですが、多湿には弱いため、水はけの悪い粘土質の我が家の畑では、30cmほどの高畝で栽培します。なお、畝を立てる前に、畝の下に藁を敷いてから畝を立てると、水はけの確保と同時に、藁が分解されるときに窒素分が吸収され、芋が生る頃には肥料の役目を果たすと言われています。

植え付け方

苗を定植する1週間前に、サツマイモを栽培する場所に畝を立てます。痩せた土地では少量の肥料を全面撒布し、20~30cmの深さまで耕起します。藁があれば、畝の底に藁を敷いてから、1条植えでは畝幅 50~60cm、高さ 20~30cmの高畝に仕上げます。サツマイモは植えたら、収穫までほとんど手間が掛からない作物ですが、葉が茂るまでの草取りだけは欠かせないので、さらに手間を省きたい人は、マルチを掛けましょう(笑)。白マルチや紙マルチがあればいいですが、真夏には葉が茂ってしまうので、黒マルチでも構いません。マルチをした方が、栽培期間も短くなります。

サツマイモ苗の植え方苗の植え方には、何通りかあります。一番簡単なのは、苗を真っ直ぐ縦に植える「①垂直植え」。芋の数は採れませんが、味が凝縮した、丸っこくて大きな芋になりやすいです。苗の節数が少なかったり、逆に長くて多すぎる場合には2本に切って、垂直植えにすると良いでしょう。しかし大抵の人は、数多くの芋を収穫したいので、畝に沿って苗を横向きに植える、「②斜め植え」や「③水平植え」、「④船底植え」にします。「垂直植え」や「斜め植え」では、畝に棒を刺して穴を開けて、その穴に苗を挿して植え付ければ簡単ですし、マルチに開ける穴も小さくて済みます。また、乾燥しやすい畑や、干ばつにも強い植え方です。一方、「水平植え」や「船底植え」では、畝に沿った方向にカッターで苗の長さにマルチを切ってから、穴を掘って植え付けます。「水平植え」は、苗を浅く植えることで芋の生育は良くなりますが、干ばつには弱くなります。一方「船底植え」は、芋のできる深さが均等になるので、形の揃った沢山の芋が採れると言います。まずは、自分の畑ではどの植え方が適しているのか、いろいろ試してみましょう(笑)。

サツマイモの苗の植え方

苗と苗の間隔は、垂直植えなら 40cmほど、横向きに植えるなら 30cmほど開けます。したがって、2mほどの畝に、垂直植えなら5本程度、横向きに植えるなら4本程度の苗が植えられます。10本の苗を植えるには、1条植えだと、4~5mほどの畝の長さが必要になります。

管理

苗が活着すれば水遣りの必要もなく、マルチがしてあれば草取りの心配も無く、サツマイモは本当に手の掛からない、孝行者の野菜です(笑)。

ただ、ツルが伸びて葉が茂ってきた頃に、「つる返し」という作業をした方が、いい芋が採れるとされています。サツマイモは、伸びたツルが地面に付くと、節のところから根が生えて、その根の先に芋が出来る性質があり、そうなると苗の養分が分散してしまい、いい芋が生らないからだと言われています。そのため、ツルが伸びて葉が茂ってきたら、地面に付いたツルを地面から引き剥がし、ツルの天地を逆転(反転)させることを、「つる返し」と言います。この作業が、真夏の暑い時期に重なるので、サツマイモ農家では大変な重労働とされていました。しかし、最近の品種は、品種改良が進み、伸びたツルの先に芋は出来にくくなっているので、つる返しの作業は必要無いとされています(汗)。むしろ、つる返しの作業は株を傷め、生育不良に繋がるとも言われています。果たして、つる返しはやった方がいいのか、やらない方がいいのか?、私は面倒なので、しませんが…(笑)。


 3.収穫と貯蔵

 

・・・・作成中です・・・

 

 


収穫

 

 

掘り起し

 

 

 


▲ページTOPへ