ネギの育て方

都会からリタイアして地元の田舎に戻り始めた家庭菜園、少しずつ学んだ野菜の育て方のコツをまとめてみました。

 1.ネギ栽培のキモとコツ

ネギとは

ネギ(葱)は、何やら学術上は難しい分類に含まれるようですが、ネギ属の一種で、日本では大きく分けて、下仁田ネギや深谷ねぎに代表される、根元の軟白部分を主に食べる「根深ねぎ(長ネギ)」と、九条葱やワケネギ(分けつネギ)に代表される、主に葉の部分を食べる「葉ねぎ(青ネギ)」とに分類されます。長野県内では、「松本一本ねぎ」(一本太ねぎ)という根深ねぎの品種が、とても多く流通しています。土地や気候に合っているのでしょうね。なお、関東以北では「根深ねぎ」が、関西以西では「葉ねぎ」が一般的に多く流通していますが、当地で栽培されるネギは、松本一本太ねぎに代表される根深ねぎ(長ネギ)が主流なので、こちらを中心に紹介します。

【品種】
「根深ねぎ」も「葉ねぎ」も、種類はとても豊富です。柔らかい・甘い、早生・晩生、耐病性・耐暑性・耐寒性、夏取り・冬取り、さらに太さも・長さも様々。あまりに多すぎて、違いもよく分かりません(汗)。
いろいろな品種を試してみるのもいいですし、うまく組み合わせて長い期間収穫するのもいいですが、夏にネギが沢山採れても・・・(汗)。一般的には、当地での「松本一本ねぎ」の様に、それぞれの土地で昔から多く栽培されてきた品種が、そこの気候や風土に合っていて、作りやすいと思います。ただし、我が家のように土が硬い畑では、軟白部の長い根深ねぎは栽培するのが大変なので、太くて短い「下仁田ネギ」が作りやすいです。
【連作障害】
一般にネギ類は、連作の影響を受けにくい野菜です。キュウリやスイカなど、ウリ科の野菜のコンパニオンプランツとして知られており、キュウリの種を蒔いたり定植する時は、一緒に株元に、撤去する10月頃に収穫できるネギを移植しておくと良いです。
【病害虫】
ネギのさび病さび病やべと病、黒斑病などの病気が発生することがあります。一番多く発生しやすいのが赤さび病です。植え付けの時に、根元にワラや積んでおいた落葉、半熟堆肥などをかけると、アブラムシや赤さび病の予防になるそうで、私は毎年実践しているのですが、やはり赤さびは発生してしまいます(汗)。
さび病は、春と秋の長雨が続くと、発生しやすくなるウイルス性の病気です。株まわりの枯れた下葉は、出来るだけ早めに取り除き、圃場外へ廃棄しましょう。農薬に頼るのであれば、被害が広まると薬剤が効きにくくなってしまうので、早めに殺菌剤を散布します。我が家で常備している殺菌剤は、安いダコニール。効きを高めたい時は、ちょっとお高いストロビーを使っています。

 2.種まき

長ネギ(根深ねぎ)は、一般的に秋まき・年内収穫と、春まき・年明け収穫という2つの作柄シーズンがあります。しかし、長野県のように冷涼な地域であれば、秋まき栽培だけで年内から翌春まで収穫することも可能ですし、ネギの収穫は鍋が始まる12月以降でよければ、春まき栽培だけで済ますことも可能です。

ただし、ネギの栽培は、植え替え作業と、特に一本太ねぎのように軟白部が長い根深ねぎは、土寄せ作業が大変。春まき栽培だと、植え替えが、7月の一番暑い盛りの作業となるため、できれば避けたいところです。しかし逆に、秋まき栽培だと、栽培期間が長くなるので、草取り作業が余計にかかるのが難点。どっちもどっちですね(汗)。

一方、春に株分けする分けつ種のワケネギ(分けつネギ)は、秋に定植し、翌年の春から夏にかけて収穫します。

【気象環境】
発芽・生育適温は、15~25度。30度以上で成長は衰え、5度以下で生育は止まりますが、耐寒性は強く、マイナス8度までは耐えられます。マイナス10度を下回る寒地でも、雪の下に潜ってしまえば、越冬は可能。弱い日照にも、よく耐えます。
寒冷地では、秋まき栽培が、温暖地では春まき栽培がおすすめ。もちろん、越冬できない極寒地を除けば、品種を変えて両方栽培することで、より長い期間収穫できますよ。
【播種の適期】
葉ねぎは、種まきから60~70日で収穫できますので、暖地であれば春先から夏まで種まきし、順番に収穫することができますし、秋まきで越冬させ翌春に収穫することも可能です。
さて本題の長ネギ(根深ねぎ)ですが、播種(種まき)の時期は、春まきは3月中旬から4月、秋まきは9月下旬から10月中旬(寒冷地)~11月上旬(温暖地)です。
種まきと収穫時期
 
【土壌・施肥】
土壌はあまり選びませんが、多湿には弱いので、排水性のよい場所を選びます。「曲がりネギ」は全国各地にありますが、仙台の曲がりネギが特に有名。地下水位が高い仙台では、深植え出来ず、また植えっぱなしでもよいネギが育ちません。そこで何回か、ネギを横倒しにして植え直します。するとネギは、上へ上へと起き上がりながら、曲がって成長しますが、その時にネギにかかるストレスで、ネギは甘く柔らかくなると言われています。
【種まき】
タマネギに準じます。種1袋で、約1~1.5坪ほどの広さの苗床(蒔き床)を作ります。排水の悪い畑では、畝を立ててください。一般的に野菜の苗作りでは、無肥料の培土に種を蒔きますが、育苗期間の長いネギ類では、種まきの1~2週間前に、石灰と堆肥を漉き込んだ蒔き床を作りましょう。
種の蒔き方は、ばら蒔きも可能ですが、間引きや草取り作業が手間になるので、すじ蒔きがおすすめ。5~10cm間隔の蒔き溝を作り、十分灌水してから、種を5mm~1cm間隔で蒔いていきます。
ネギの苗床ネギの種子発芽は、嫌光性です。しかし、覆土が厚いと発芽し難くなってしまいます。5mmくらい薄く覆土し、軽く鎮圧したら、灌水後、新聞紙や稲わら、寒冷紗を掛けて、遮光と乾燥防止を図ります。
発芽するまでの日数は、気温や覆土の厚さにもよりますが、5日~1週間ほど。発芽が揃うまでの10日間ほどは、必ず毎日灌水します。ただ、新聞紙は毎日の散水時に剥ぐのが面倒だし、藁は散らかるし、寒冷紗は汚れます。そこで私は、雑草対策も兼ねて、覆土した上に、鶏糞と籾殻を蒔いています!。
なお、ネギの種は短命なので、買った種はその年に使い切り、余っても、翌年はケチらず新しい種を買いましょう。もちろん絶対に発芽しない分けではないので、発芽したらラッキー程度で蒔いてみるのはアリです。

 3.育て方

春まきした苗の定植時期は、6月から7月の暑い時期。また、寒冷地で秋まきした苗も、一旦4月に定植しますが、8月の暑い最中にもう一回植え直すことで、甘みと柔らかさとが増すそうです。しかし、この暑い時期の植え替え作業は、殊のほか大変。とは言え、この時期はネギの畝間は草でボウボウのはず。草取りを兼ねて植え直すか、草取りだけしてそのままにしてしまうか、悩みどころです(汗)。

この夏の植え替えに合せて、掘り起こしたネギを縛って、1~2週間ほど風通しのより軒下に吊るしておくと、乾燥への耐性が高まり、病害虫の発生も抑制され、成長がよくなると言われています。

【定植】
秋に種まきしたネギ苗の定植適期は4月、春に種まきしたネギ苗の定植適期は6月~7月、遅くても8月上旬位までです。本葉が3~4枚付き、長さは30cmくらい、太さはエンピツより一回り太いくらい、色のハッキリした苗を選んで定植します。小さい苗は大きな苗に負けてしまうので、苗の大きさを揃えたいところですが、小さい苗も勿体ないので、サイズ毎に畝を分けて植えてもいいですね!。
深さ15cm~30cmの植え溝を掘ります。排水性のよい畑であれば、土寄せの手間を省くために、深植えも可能。柔らかい土であれば、あえて耕うんせずに溝を掘った方が、壁が崩れずに、掘る土の量が少なくて済みます。我が家の畑のように、硬くて排水性があまりよくない粘土質の土の場合は、深植えは厳禁も、土寄せするのも大変なので、よく耕うんしてから定植するしかありません(汗)。
ネギの畝株間は、7cm~10cm。この時、ネギの苗をよく見ると、ネギの葉は、左右に並んで付いているのが分かります。ネギの葉は、その方向にしか展開しないので、その向きを揃えて苗を植えると、その後の管理が楽になります。畝の向きに対して、45度の方向に斜めに揃えて植えると、隣の株と葉が重ならず、株間も畝間も狭められ、密植が可能。かつ、土寄せ作業も楽です。
ネギ苗の植え方ネギ苗を、植え溝の片側の壁に寄せて立て、根本に土を掛けます。ネギは成長に多くの酸素(空気)を必要としますので、定植時は、根が隠れるぐらいの浅植えとし、絶対に深植えしない様にします。しかし、浅植えしたままだと苗が倒れてしまうので、植え溝に、稲ワラや籾殻、落葉、半熟堆肥などを入れて苗が倒れないように押さえ、風に飛ばされない様に上から軽く土を掛けておきます。半熟堆肥を根元に入れておくと、赤さび病などの発生予防も期待できるそうです!。
【土寄せと追肥】
定植から一カ月おきに、土寄せと追肥を行います。土寄せする高さは、葉が分岐している部分まで。
植え替えから1月も過ぎると、トウ立ちし、ネギ坊主が出はじめます。トウ立ちすると成長の妨げになるので、見つけたら早めに摘み取ってしまいます。花が開く前に摘んだネギ坊主は、天ぷらや炒め物、味噌汁の具にして、美味しく頂けます。

収穫

秋から冬にかけて収穫期を迎えますが、1~2回は霜にあてた方が甘みを増します。

温暖地では、畑に植えたまま、必要な量を都度収穫してもいいですが、雪の降る当地だと、雪の下からネギを掘るのは大変。そこで、雪の降る前に収穫し、天日で乾かした後に、土蔵や倉庫に入れ貯蔵します。しかし全部は掘らず、春先まで食べられるように、1月分くらいは畑に残します。雪が溶けてきたら、順番に掘り起こして、収穫します。

暖かくなりだすと、急速にネギは固くなり、芯が出来てしまいます。そうなりだしたら、一旦全部掘り起し、畑を掘って新聞紙を敷き、ネギを横に寝かせて積み上げ、土をかけておきます。そうすれば、もう暫くは食べることができますが、そうは長く持ちません(汗)。

 


▲ページTOPへ