【スキーウェア2021】注目の大人気ウェアはこれ!

大手ブランドの最新スキーウェア、2020-2021年シーズンの最新モデルを一挙紹介。今年の流行のトレンドは?

このページでは、日本のスキーウェア業界を牽引してきた老舗5大ブランドメーカーの、2020-2021年シーズンに向けて新発売された新製品ニューモデルウェアのうち、人気が高く要注目のイチ押しおすすめのウェアを、厳選して紹介したいと思います!

日本のドメスティックブランドに限定した理由は、私もフランスの Millet(ミレー)など、海外ブランドのステキなウェアを着たいとは思うのですが、いかんせん身丈が合いません(汗)。その点、ここに紹介した老舗5大ブランドのスキーウェアなら、痒い所にまで手が届く、至れり尽くせりの配慮が施されていて、安心して購入できます(笑)。

なお、それでも今シーズンの新作ウェアの種類は数えきれないほど多く、私の個人的な嗜好で、かっこいいと思うデザインのウェアのみ厳選させてもらいました m(__)m。また、高級ウェアやリーズナブルすぎるウェアも除外していますので、ご容赦ください。

昨今のスキーウェアのデザインのトレンドは、2018年頃から大流行した斜めシェイプ・片流れのデザインや、アシンメトリー(左右非対称)なカラーブロック配置のデザインから、徐々にですが、シンメトリー(左右対称)なカラー配置のデザインが多くなってきている様です。またプリント柄は、以前に比べてだいぶ減りました。

ページ移動 【スキーウェア2020】注目の大人気ウェアはこれ!<メンズ編>
ページ移動 【スキーウェア2020】注目の大人気ウェアはこれ!<レディース編>
ページ移動 スキーウェアの人気ブランド一覧ページも、併せてご覧ください。

 ゴールドウイン ゴールドウインのスキーウェア・2019-2020モデル

株式会社ゴールドウインは、1951年(昭和26年)に富山県で創業した日本のスポーツウェア&スポーツ用品メーカーです。社名と同じ自社ブランドの「GOLDWIN」のほか、ライセンスブランドとして「ザ・ノース・フェイス」「ヘリーハンセン」「エレッセ」「speedo」等の有名ブランドも多数扱っています。

日本代表(SNOW JAPAN)チームのオフィシャルサプライヤーでもあり、2018-19年シーズンからは「Division.3」チームのユニフォーム(モーグル、エアリアル、スキー/スノーボードクロス)を、ゴールドウインが提供しています。

ゴールドウェンのスキーウェアカタログ(PDF)を開くページ移動 ゴールドウィンの2020-2021 Snow Style Collection カタログ【PDF】ダウンロード



¥67,100(税込)
(¥61,000)
詳細を見る

¥53,900(税込)
(¥49,000)
詳細を見る

¥68,200(税込)
(¥62,000)
詳細を見る

¥60,500(税込)
(¥55,000)
詳細を見る

¥47,300(税込)
(¥43,000)
詳細を見る

¥42,900(税込)
(¥39,000)
詳細を見る

¥82,500(税込)
(¥59,000)
詳細を見る

¥66,000(税込)
(¥60,000)
詳細を見る

¥47,300(税込)
(¥43,000)
詳細を見る

 フェニックス フェニックスのスキーウェア・2019-20モデル

株式会社フェニックスは、1952年(昭和27年)創業の、東京都新宿区に本社を置くスポーツウェアメーカーです。社名を冠した主力ブランドの「phenix」の他、テクニカルファッションウェアブランドの「alk phenix」、アスレティックウェアの「Kappa」ブランドを展開しています。

2006-07年シーズンから2017-18年シーズンまで、12年間にわたって全日本スキーチームのオフィシャルサプライヤーとして、選手をはじめ役員やスタッフの公式ユニフォームを提供してきたのは、フェニックスでした。しかし、平成20年に親会社だったオリックスから大半の株式が中国のスポーツアパレル企業「中国動向」に売却され、現在は中国資本の下で再建中です。そのため、2018-19年シーズンから SNOW JAPAN の公式サプライヤーからは外れましたが、相変わらずデザイン的にかフェニックスの人気は高く、大学生スキーチームや社会人スキークラブのチームウエアでは、フェニックスブランドが一番多い様な気がします。

フェニックスのスキーウェアカタログ(PDF)を開くページ移動 フェニックスのスキーウェアカタログ2020-2021【PDF】ダウンロード



¥54,000(税抜)
詳細を見る

¥54,000(税抜)
詳細を見る

¥45,000(税抜)
詳細を見る

¥42,000(税抜)
詳細を見る

¥38,000(税抜)
詳細を見る

¥49,000(税抜)
詳細を見る

¥38,000(税抜)
詳細を見る

¥49,000(税抜)
詳細を見る

¥45,000(税抜)
詳細を見る

 デサント デサントのスキーウェア・19-20モデル

デサントのロゴの意味株式会社デサントは、1935年(昭和10年)創業の、大阪市に本社を置くスポーツウェアの専門メーカーです。特に野球のユニフォーム等で有名な同社ですが、実は社名の「デサント」は、フランス語の「descente=滑降」に由来します。また、ロゴマークにある下向きの「3本の矢」は、スキーの直滑降・斜滑降・横滑りを表しているそうです。

日本代表(SNOW JAPAN)チームのオフィシャルサプライヤーでもあり、2018-19年シーズンからは「Division.2」チームのユニフォーム(アルペン、スノーボードアルペン、デモンストレーター)を、デサントが提供しています。また日本代表以外でも、アルペンスキーでは、スイス、スペイン、韓国のナショナルチームにウェアを供給しています。

デサントのスキーウェアカタログのダウンロードページページ移動 デサントのカタログダウンロードページへ



¥66,000(税込)
(¥60,000)
詳細を見る

¥57,200(税込)
(¥52,000)
詳細を見る

¥44,000(税込)
(¥40,000)
詳細を見る

¥47,300(税込)
(¥43,000)
詳細を見る

¥41,800(税込)
(¥38,000)
詳細を見る

¥88,000(税込)
(¥80,000)
詳細を見る

 ミズノ ミズノのスキーウェア・2019-2020モデル

美津濃株式会社(ミズノ)は、1906年(明治39年)創業の大阪市に本社を置く、日本を代表する総合スポーツ用品メーカーです。スポーツ用品では、アシックスやデサントを抑え、国内最大級の規模を誇っています。

日本代表(SNOW JAPAN)チームのオフィシャルサプライヤーでもあり、2018-19年シーズンからは「Division.1」チームのユニフォーム(ジャンプ、コンバインド、クロスカントリー)を、ミズノが提供しています。

ミズノのスキーウェアカタログのダウンロードページページ移動 ミズノのカタログダウンロードページへ



¥49,500(税込)
(¥45,000)
詳細を見る

¥50,600(税込)
(¥46,000)
詳細を見る

¥49,500(税込)
(¥45,000)
詳細を見る

¥49,500(税込)
(¥45,000)
詳細を見る

¥49,500(税込)
(¥45,000)
詳細を見る

¥41,800(税込)
(¥38,000)
詳細を見る

¥39,600(税込)
(¥36,000)
詳細を見る

¥50,600(税込)
(¥46,000)
詳細を見る

¥52,800(税込)
(¥48,000)
詳細を見る

 オンヨネ オンヨネのスキーウェア・2019-2020モデル

オンヨネ株式会社は、1961年(昭和36年)創業で新潟県長岡市に本社を置く、スポーツウェアの専門メーカーです。当初はスキーウェアが専業で、1989年にSIA(スキー職業教師協会)、1991年にSSSA(スイス・スキー学校協会)、1993年にSAJ(全日本スキー連盟)のオフィシャル・サプライヤーとなりました。2005年から、イタリア「BRIKO」の日本販売代理店となり、自転車や野球、アウトドア分野にも商品を展開しています。

オンヨネのカタログのダウンロードページオンヨネのスキーウェアやファッションアイテム、ブリコのヘルメットやゴーグル等のスキー用品のカタログ(PDF)は、こちらのページからダウンロードできます。

ページ移動 オンヨネのカタログダウンロードページへ

¥47,000(税別)
詳細を見る

¥51,000(税別)
詳細を見る

¥47,000(税別)
詳細を見る

¥36,000(税別)
詳細を見る

¥36,000(税別)
詳細を見る

¥52,000(税別)
詳細を見る

 

<GOLDWIN>詳細ページへ
<Phenix>詳細ページへ
<DESCENTE>詳細ページへ
<mizuno>詳細ページへ
<onyone>詳細ページへ

【関連ページ】も、是非ご覧ください。

▲ページTOPへ