2021年 プロ野球開幕 今年の優勝チームを予想

令和3年のプロ野球、解説者による順位予想。巨人とソフトバンクの独走を止めることが出来るのは、どのチーム?

※ 2021年シーズンの予想にページを更新中です!最新
※ 「2020年」「2019年」「2018年」「2017年」「2016年」「2015年」「2014年」の各ページはアーカイブへ!

昨シーズン(2020年)のセントラル・リーグは、コロナ禍にあって変則的な日程と特別ルールの下、復帰2年目の原監督率いる読売巨人軍が序盤から独走態勢を築き、2年連続38度目(1リーグ時代を含めると47度目)のリーグ優勝を果たしました。最後、2位から5位の阪神タイガース、中日ドラゴンズ、横浜DeNA、広島カープは混戦となりましたが、ヤクルトだけは中盤以降続く連敗の波から脱することができず、断トツ最下位に沈み、2020年のセリーグは、1強・4並・1弱となったシーズンでした。

一方のパシフィック・リーグでは、序盤から首位をなんとかキープし続けたソフトバンクが、疲れの出だした終盤になって、圧倒的な戦力を武器に他球団を完全に置き去りにするラストスパートを魅せると、最後は2位ロッテに14ゲーム差を付ける、圧倒的な強さで3年ぶりのリーグ優勝を果たしました。

日本シリーズには、コロナ禍でクライマックスシリーズが無かったセからはリーグ優勝した巨人が、ファイナルステージだけ開催されたパからはCSで2位ロッテを3勝2敗で退けた1位ソフトバンクが進出。2年連続で同一カードの対決となりましたが、ソフトバンクが巨人の再挑戦をものともせず、2年連続の4勝0敗で、4年連続の日本一に登り詰めました!。2年連続日本シリーズで4タテされた巨人、いわんやセ・リーグは、果たしてどのような立て直しに動くのでしょう?。

さて2021年、コロナ禍が続く中で今シーズンのペナントレースは、延期された東京オリンピックの関係でまた変則開催となり、3月26日(金)に、セパ揃って開幕します。

 2021年プロ野球 年間スケジュール

オープン戦
2月23日(火)~3月21日(日)
セ・パ公式戦
3月26日(金) セ・パ両リーグ開幕
セ・パ交流戦
5月25日(火)~6月13日(日)
オールスター
7月16日(金) 【第1戦】メットライフドーム
7月17日(土) 【第2戦】楽天生命パーク
(五輪中断期間)
7月19日(月)~8月12日(木)
日本シリーズ
11月13日(土)~ 【第1戦】パ本拠地から

 1.2021年 解説者による順位予想

昨年(2020年)順位予想の答え合わせ!

セ・リーグ

昨シーズン、セ・リーグの最終順位をみごと的中させた解説者が、私が調べた限りで、2人出ました!。大西崇之氏(6/16 中日スポーツ掲載)と、権藤博氏(6/18 日刊スポーツ掲載)です。昨シーズンは、中日が台風の目となったことから、中日出身の解説者に追い風が吹いた様です(笑)。とは言え、阪神で活躍した赤星憲広氏(3/7 日テレGoing!放送)と桧山進次郎氏(6/18 日刊スポーツ掲載)の2人も、4位と5位の順位が逆になっただけで、みごとAクラスの順位と最下位は的中させています。最後まで広島と横浜が争ったことを考慮すれば、ほぼ正解にしたいくらいです。ただし、主に関西で活動している桧山進次郎氏は、虎ファン向けのYouTube番組とABC朝日放送においては、阪神を1位とする予想を発表しているので、マイナス10点です!(笑)。

パ・リーグ

昨シーズン、パ・リーグの最終順位をみごと的中させた解説者が、私が調べた限りで、1人います!。巨人と中日で捕手として活躍した、小田幸平氏(3/18 YouTube 小田幸平のはげchで公開)。的中させた順位は、3月18日に公開した動画で発表されたものです。しかしその後、コロナ禍で開幕が延期、再開されることになった6月の動画では、小田氏は楽天を6位に下げるなど別な順位予想を発表し、当初の予想を変更してしまった点は残念ですが、それでもパのAクラス入り3球団すら当てた解説者は他におらず、この点だけみても素晴らしい予想でした!。

1月 「どこよりも早い順位予想」合戦

2月 まだまだ早い「キャンプインしたての順位予想」合戦


セントラル・リーグの順位予想

2021年 セ・リーグの順位予想(その1)
順位 関テレ(12/30) AERA dot. YTube(1/1) 週ベ(1/6) YTube(1/13) サンスポ(1/26) ガッツリ(1/29) (昨年順位)
山本 昌 (1/1) 里崎智也 岡田彰布 中西清起 江本孟紀 記者9人均
優勝 阪神 阪神 中日 阪神 阪神 巨人 巨人 巨人
2位 中日 巨人 阪神 巨人 巨人 阪神 阪神 阪神
3位 巨人 広島 巨人 DeNA DeNA ヤクルト 中日 中日
4位 DeNA 中日 広島 中日 中日 DeNA DeNA DeNA
5位 広島 ヤクルト DeNA 広島 広島 広島 ヤクルト 広島
6位 ヤクルト DeNA ヤクルト ヤクルト ヤクルト 中日 広島 ヤクルト
備考
ボタンにマウスを重ねると、簡単な解説を表示します。古いブラウザは機能しないかもしれません、ご容赦ください。
2021年 セ・リーグの順位予想(その2)
順位 スカイA                          (昨年順位)
狩野恵輔 関本賢太郎                         
優勝 阪神 阪神           巨人
2位 巨人 巨人           阪神
3位 中日 中日           中日
4位 DeNA ヤクルト           DeNA
5位 ヤクルト 広島           広島
6位 広島 DeNA           ヤクルト
備考          

パシフィック・リーグの順位予想

2021年 パ・リーグの順位予想(その1)
順位 関テレ(12/30) AERA dot. YTube(1/1) 週ベ(1/6) サンスポ(1/26) ガッツリ(1/29) YTube(2/1) (昨年順位)
山本 昌 (1/2) 里崎智也 岡田彰布 江本孟紀 記者9人均 G.G.佐藤
優勝 ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク ロッテ ソフトバンク
2位 楽天 楽天 西武 楽天 西武 西武 西武 ロッテ
3位 ロッテ 西武 ロッテ ロッテ ロッテ ロッテ オリックス 西武
4位 西武 ロッテ 楽天 西武 楽天 楽天
オリックス
(同点)
楽天 楽天
5位 日本ハム オリックス オリックス オリックス 日本ハム ソフトバンク 日本ハム
6位 オリックス 日本ハム 日本ハム 日本ハム オリックス 日本ハム 日本ハム オリックス
備考

2.2021年 順位の途中経過と結果

2021年プロ野球のレギュラーシーズンの、節目ごとの途中順位。ゲーム差の数字は、首位との勝差です。
(更新日: 2021年**月**日時点)

2020年 セ・リーグの順位変動
順位 オープン戦 6月末 7月末 8月末 9月末 10月末 2020年
最終順位
1位 読売ジャイアンツ 優勝
2位 阪神タイガーズ 7.5
3位 中日ドラゴンズ 8.5
4位 横浜ベイスターズ 12.0
5位 広島カープ 13.0
6位 ヤクルト・スワローズ 25.0
予想 この順位を
予想

権藤 博
大西崇之
(全的)
※ 便宜上、1位~6位まで順位づけしていますが、同率のタイの場合もありますので、ご留意ください。但し最終順位は、もし勝率で複数球団が並んだら、セ・リーグは勝利数が多い球団を上位とし、パ・リーグは当該球団間の勝率が高い球団が上位となります。
※ オープン戦は、そもそも両リーグ混戦を強引にリーグ別に分けている事、試合数が少なくチームによっても試合数が大きく異なるので、勝差の算出に無理がある点、ご留意ください(引分けの数が多いと、マイナスの値もあり得ます)。
※ この表での「勝差」の値は、当該末時点における1位チームとのゲーム差です。
2020年 パ・リーグの順位変動
順位 オープン戦 6月末 7月末 8月末 9月末 10月末 2020年
最終順位
1位 ソフトバンク・ホークス 優勝
2位 ロッテ・マリーンズ 14.0
3位 西武ライオンズ 15.5
4位 楽天イーグルス 16.5
5位 日本ハム・ファイターズ 20.0
6位 オリックス・バッファローズ 27.0
予想 この順位を
予想
小田幸平①
(全的)
(但し6月予想では楽天を6位に下げる…)

 3.クライマックスシリーズ 勝敗の行方と結果

2021年のクライマックスシリーズは?

クライマックスシリーズ、解説者の予想は?


パ・リーグ CS(ファイナル)
出場チーム advan 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 勝敗
1位   
 
 
 
 
 
 
 
2位   
 
 
 
 
 
 
 
※ 名前は先発投手(勝ち投手・負け投手ではありません)。

 4.日本シリーズ 解説者予想 ならびに 勝敗の行方と結果

日本シリーズ、勝敗の行方を占う解説者の予想は?


直前情報

イベント情報

SMBC日本シリーズ2021 開催日程
出場チーム 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 勝敗
開催日
球場
11/13(土)
 
11/14(日)
 



11/16(火)
 
11/17(水)
 
11/18(木)
 



11/20(土)
 
11/21(日)
 
セ 位   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
( 勝 敗)
パ 位   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
( 勝 敗)
※ 名前は、先発投手。
※ 延長回は、第7戦までの各試合では12回をもって打ち切りとし、第8戦以降は延長回の制限を設けない。もし第7戦を戦っても勝者が決しない場合は、翌日に同球場で第8戦を行う。さらに第9戦が必要な場合には、1日移動日を設け、もう一方のチームの球場で行う。
【関連ページ】 こちらも併せてご覧ください。
(アーカイブ)

▲ページTOPへ