2019年 プロ野球開幕 今年の優勝チームを予想

平成31年のプロ野球、解説者による順位予想。広島の独走を止めるのは?、混パを制するのは何処のチーム?

昨シーズン(2018年)のセントラル・リーグは、広島東洋カープが、3年連続・9度目のリーグ優勝を果たしました。リーグ3連覇は、球団史上初めてで、セ・リーグでは巨人以外の球団としても初めてのことです。5月に早々と独走体制を固めると、混セとの予想をみごと覆し、断トツの強さを見せつけてリーグ優勝。クライマックスシリーズでも、3位から勝ち上がった巨人を相手にせず、3タテで日本シリーズ進出を決めました!。

一方のパシフィック・リーグは、順位予想で圧倒的1位に推されたソフトバンクが、まさかの足踏み。そんな中、埼玉西武ライオンズが開幕から8連勝のスタートダッシュを決めて首位に立つと、シーズンを通じて一度もリーグ1位の座を陥落することなく、日本ハムやソフトバンクの猛追を振り切って、10年ぶり・22度目のリーグ優勝を果たしました。ただし、クライマックスシリーズでは、2位のソフトバンクに2勝4敗(アドバンテージの1勝を含む)で破れてしまい、日本シリーズには進出できませんでした。

日本シリーズでは、解説者から圧倒的な支持を集めていたソフトバンクがようやく本領を発揮、セ1位の広島を振りきり、4勝1敗1分で2年連続の日本一に輝きました。

さて2019年、今年のプロ野球はどうなることでしょう?。今シーズンのペナントレースは、3月29日(金)に、セパ揃って開幕します。

※ 「2018年」「2017年」「2016年」「2015年」「2014年」の各ページはアーカイブへ!
※ 2000年から過去18年間の「プロ野球セ・パ順位表 順位変動チャート」はこちら。
※ ぜひ「プロ野球 各球団の注目選手」のページもご覧ください。

 2019年プロ野球 年間スケジュール

オープン戦
2月23日(土)~3月24日(日)
ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019
3月9日(土) 対メキシコ 京セラドーム大阪
3月10日(日) 対メキシコ 京セラドーム大阪
セ・パ公式戦
3月29日(金) セ・パ両リーグ開幕
セ・パ交流戦
6月4日(火)~6月23日(日)
オールスター
7月12日(金) 【第1戦】 東京ドーム
7月13日(土) 【第2戦】 阪神甲子園球場
日本シリーズ
10月19日(土)~ 【第1戦】 パ出場チーム本拠地

 1.2019年 解説者による順位予想

セントラル・リーグの順位予想

昨シーズン、セ・リーグの一番の番狂わせは、阪神が終盤の連敗続きで最下位に沈んだこと。そして、下馬評では最下位予想も多かったヤクルトが、あれよあれよと最後は2位にまで浮上したこと。この結果、解説者の順位予想は、ことごとく外れる結果となってしまいました(汗)。

ただ、私が調べた中で一人だけ、広島の優勝と阪神の最下位を予想した解説者がいます!。巨人と中日に通算で17年間在籍し、捕手として1軍の371試合に出場した「小田幸平」氏(41)。なお小田氏は、web Sportiva(3/29掲載)と夕刊フジ(3/30号)の両方で違う2つの予想を発表していて、広島優勝と阪神最下位を的中させたのは夕刊フジで発表した順位予想です。

さて今年、また順位予想を的中させる解説者は、果たして現れるでしょうか!?。

1月 「どこよりも早い順位予想」合戦

2019年 セ・リーグの順位予想
順位 デイリー(12/22) 週BB(12/31) AERA dot.
(1/1)
東海ラジオ 産経新聞
(1/4)
  (昨年順位)
小山正明 安仁屋宗八 岡田彰布 山崎武司  
優勝 巨人 広島 巨人 巨人 巨人 広島 広島
2位 広島 阪神 広島 DeNA 広島 巨人 ヤクルト
3位 阪神 巨人 阪神 広島 阪神 阪神 巨人
4位 以下、
ダンゴ
以下、
ダンゴ
DeNA ヤクルト DeNA DeNA DeNA
5位 ヤクルト 阪神 ヤクルト ヤクルト 中日
6位 中日 中日 中日 中日 阪神
備考
ボタンにマウスを重ねると、簡単な解説を表示します。古いブラウザは機能しないかもしれません、ご容赦ください。

パシフィック・リーグの順位予想

パ・リーグの大番狂わせの要因は、セの阪神同様に、Aクラス入りを予想した解説者が多かった楽天が、最下位に沈んだこと。そして、下馬評では圧倒的強さで優勝すると目されたソフトバンクが2位に甘んじ、西武が打撃力でリーグを征したことで、結局パ・リーグでも、今年も全順位予想を的中させた解説者は、私が調べた限り、一人も出ませんでした。

ただ、私が調べた中で唯一人だけ、西武の優勝と楽天の最下位を予想した解説者がいます!。なんと、セ・リーグでも好予想していた「小田幸平」氏。やはり小田氏は、パでもweb Sportiva(3/29掲載)と夕刊フジ(3/30号)の両方で違う2つの予想を発表していますが、何れも西武優勝と楽天最下位を当てています。特に夕刊フジでの予想では、1位(西武)、2位(ソフトバンク)、5位(ロッテ)、6位(楽天)と4チームの順位を見事当て、3位(オリックス)と4位(日ハム)の予想が入れ違うという、惜しい結果でした(泣)。

【小田幸平氏のパ順位予想コメントの要旨】
  • ソフトバンクの連覇は難しいと思う。理由はコーチ陣の大量放出。選手としては、育ててくれたコーチがいなくなったら、多少なりとも不安になるもの。
  • 西武の1位予想は、圧倒的な攻撃力があるから。昨年リーグトップのチーム打率を誇る破壊力は抜群。オープン戦ではブレーキがかかった山川穂高も、バットはしっかり振れているので問題ない。彼が不動の4番となり若手も台頭してくれば、打線に関しては他球団の追随を許さない。
  • 楽天は、評価が分かれるチーム。優勝候補に挙げる解説者もいるだろう。しかし個人的には、戦いにムラがあるように感じているため、6位と予想。
 (twitter @odakohei52
2019年 パ・リーグの順位予想
順位 週BB(12/31) AERA dot.
(1/2)
産経新聞
(1/4)
  (昨年順位)
岡田彰布  
優勝 日本ハム 日本ハム 楽天 西武
2位 ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク ソフトバンク
3位 西武 楽天 ロッテ 日本ハム
4位 楽天 西武 日本ハム オリックス
5位 ロッテ ロッテ 西武 ロッテ
6位 オリックス オリックス オリックス 楽天
備考

2.2019年 順位の途中経過と結果

 3.2019年 個人タイトル獲得者

 4.クライマックスシリーズ 勝敗の行方と結果

 5.日本シリーズ 解説者予想 ならびに 勝敗の行方と結果

【関連ページ】 こちらも併せてご覧ください。
(アーカイブ)

▲ページTOPへ