直木賞 歴代ノミネート作 一覧

最近の直木賞で候補作として選考にノミネートされた小説を一覧にしました。

令和3年7月14日(水)、第165回(2021年上半期)芥川賞・直木賞の受賞作が発表されました! 新着記事、最新記事
直木賞-歴代受賞作- 全作品一覧 のページはこちらへ
【芥川賞】歴代ノミネート作 一覧 のページはこちらへ

直木賞は、正式には「直木三十五賞」といい、当時文藝春秋社社長だった菊池寛氏が、友人の直木三十五氏の名を記念して、1935年に芥川龍之介賞(芥川賞)とともに創設しました。直木三十五(なおき さんじゅうご)氏は、『南国太平記』(1931年)などを著し、大衆文芸の世界で活躍しましたが、1934年(昭和9年)に、結核により43歳という若さで亡くなっています。

当初、直木賞は、広く各新聞雑誌(同人雑誌を含む)に発表された”無名もしくは新進作家の優秀な大衆文芸作”を表彰する賞とされ、「新人作家の登龍門」とも言われていました。しかし現在では、”無名・新進・中堅作家が対象”とされ、中堅作家まで表彰の対象が拡大されています。

直木賞は、年に2回発表されており、上半期に公開された作品は7月中頃に、下半期の作品は翌年の1月中頃に発表されます。ただ、受賞に値する作品が無かった場合は、”該当なし”とされる回もあります。なお、受賞作の選考にあたっては、財団法人日本文学振興会が選任した選考委員が、討議によって受賞作(1作または2作)を決定します。しかし、当然ながら選考委員がすべての作品を読めるはずもなく、選考会の約1か月前(6月中旬と12月中旬)に、5~6作の候補作品が選ばれ(ノミネートされ)、選考の対象とされます。ちなみに候補作品は、文藝春秋社の『オール讀物』編集部員や出版部員、合わせて20名による多数決で決められているそうです。

現在の直木賞の選考委員は、浅田次郎氏、伊集院静氏、北方謙三氏、桐野夏生氏、高村薫氏、林真理子氏、宮部みゆき氏、角田光代氏、三浦しをん氏の9氏です(2020年1月に宮城谷昌光氏が退任、代わって3月に三浦氏が就任)。ちなみに、9氏のうち8氏は直木賞を受賞した経験のある作家ですが、北方健三氏だけは3回候補に挙がったものの受賞には至っていません。

 2021年 直木賞

2021年 上半期 受賞作発表!

第165回直木賞(2021年上半期)にノミネートされたのは、5作品。5名のうち、澤田瞳子(43)氏は5度目の候補入り、呉勝浩(40)氏は2度目の候補入り。一方、一穂ミチ(43)氏、佐藤究(44)氏、砂原浩太朗(52)氏の3名は初の候補入り。

そして、直木賞に選ばれたのは、佐藤究さんの『テスカトリポカ』と、澤田瞳子さんの『星落ちて、なお』の2作品。

佐藤究さんの「テスカトリポカ」は、5月に山本周五郎賞も受賞しており、平成16年の熊谷達也さん以来17年ぶり2人目となる、同一作品での山本周五郎賞&直木賞のダブル受賞です。テスカトリポカ(煙を吐く鏡)とは、古代文明の神話で描かれた神ですが、巨大な力を持ち、キリスト教の宣教師たちは悪魔と捉えました。メキシコの麻薬王バルミロ・カサソラは、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会い、う。った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、そして彼らの犯罪に巻きこまれていく――。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開けます。

澤田瞳子さんは、同志社大学大学院で奈良時代の仏教の歴史を研究したあと、小説の執筆を始め、平成22年に『狐鷹の天』でデビューしました。古代を舞台にしたものなど、歴史・時代小説を多く発表し、直木賞は今回で5回目の候補でした。受賞作の「星落ちて、なお」は、幕末から明治にかけて活躍した鬼才の絵師・河鍋暁斎の娘の暁翠が、自身も絵の道に進む中で、父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の数奇な人生を描いた物語。家族の愛憎と、芸術の道の険しさや喜びが描かれています。


直木賞 第165回 候補作品と受賞作


スモールワールズ」(講談社)
一穂ミチ
 

おれたちの歌をうたえ」(文芸春秋)
呉勝浩
直木賞 受賞

テスカトリポカ」(KADOKAWA)
佐藤究
直木賞 受賞

星落ちて、なお」(文芸春秋)
沢田瞳子
 

高瀬庄左衛門御留書」(講談社)
砂原浩太朗

 2020年 直木賞

2020年 下半期

第164回直木賞(2020年下半期)にノミネートされたのは、6作品。候補者全員が初のノミネートで、直木賞候補作が全て初候補者で占められるのは、実に25年ぶりのことです。候補者の一人、歌手で俳優・タレントでもある、アイドルグループ「NEWS」メンバーの加藤シゲアキ氏(33)は、2012年に小説『ピンクとグレー』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。芥川賞にノミネートされた、ロックバンド「クリープハイプ」メンバーの尾崎世界観氏(36)とともに、芸能界で注目を集めました。

そして直木賞に選ばれたのは、西條奈加さんの「心淋し川」。舞台は江戸の下町、長屋に住む庶民の喜びと悲しみをたたえた暮らしぶりを描く連作短編集です。

西條奈加(さいじょう なか)さんは、北海道池田町出身の56歳。貿易会社勤務を経て、2005年に『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞しデビュー。2012年『涅槃の雪』で中山義秀文学賞、2015年『まるまるの毬』で吉川英治文学新人賞を受賞。時代小説から現代小説まで幅広く手がけ、近著に『亥子ころころ』『せき越えぬ』『わかれ縁』などがあります。


直木賞 第164回 候補作品と受賞作
 

汚れた手をそこで拭かない
芦沢央(あしざわ よう)
 

八月の銀の雪
伊与原新(いよはら しん)
 

オルタネート
加藤シゲアキ(かとう しげあき)
直木賞 受賞

心淋(うらさび)し川
西條奈加(さいじょう なか)
 

インビジブル
坂上泉(さかがみ いずみ)
 

アンダードッグス
長浦京(ながうら きょう)

候補作の作品紹介(内容、あらすじ)

汚れた手をそこで拭かない(芦沢央)
平穏に夏休みを終えたい小学校教諭、認知症の妻を傷つけたくない夫。元不倫相手を見返したい料理研究家……始まりは、ささやかな秘密。気付かぬうちにじわりじわりと「お金」の魔の手はやってきて、見逃したはずの小さな綻びは、彼ら自身を絡め取り、蝕んでいく。
取り扱い注意! 研ぎ澄まされたミステリ5篇からなる、傑作独立短編集。(文藝春秋より)
八月の銀の雪(伊与原新)
不愛想で手際が悪い――。コンビニのベトナム人店員グエンが、就活連敗中の理系大学生、堀川に見せた真の姿とは(「八月の銀の雪」)。会社を辞め、一人旅をしていた辰朗は、凧を揚げる初老の男に出会う。その父親が太平洋戦争に従軍した気象技術者だったことを知り……(「十万年の西風」)。科学の揺るぎない真実が、傷ついた心に希望の灯りをともす全5篇。(新潮社より)
オルタネート(加藤シゲアキ)
高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、3人の若者の運命が、鮮やかに加速していく――。恋とは、友情とは、家族とは、人と“繋がる”とは何か。悩み、傷つきながら、〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を端正かつエモーショナルに描く。著者3年ぶり、渾身の新作長編。(新潮社より)
心淋(うらさび)し川(西條奈加)
直木賞 受賞 江戸の片隅、小さなどぶ川沿いに建ち並ぶ長屋。住人たちは人生という川のどん詰まりでもがいていた。懸命に生を紡ぐ人々の切なる願いが胸に沁みる感動連作!(集英社より)
インビジブル(坂上泉)
昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭に麻袋を巻かれた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組むはめに。帝大卒のエリートなのに聞き込みもできない守屋に、中卒叩き上げの新城は厄介者を押し付けられたといら立ちを募らせる――。(文藝春秋より)
アンダードッグス(長浦京)
「君の選択肢に『No』はない。『Si(はい)』でなければ『morte(死)』だ」――1996年末、元官僚の証券マン・古葉慶太は、顧客の大富豪・マッシモからある計画を託される。それは、中国返還直前の香港から密かに運び出される国家機密を強奪せよというものだった。かつて政争に巻き込まれ失脚した古葉は、逆襲の機会とばかりに香港へ飛ぶ。だが、彼を待っていたのは、国籍もバラバラな“負け犬”仲間たちと、計画を狙う米露英中、各国情報機関だった――。裏切るか、見破るか。策謀の渦巻く香港を“負け犬”たちが駆け抜ける!(KADOKAWAより)

2020年 上半期

第163回(2020年上半期)直木賞にノミネートされたのは、5作品。馳星周氏(55)は、2016年上半期以来となる7回目の候補入りです。他にも、澤田瞳子氏(42)は4回目、伊吹有喜氏(51)は3回目、今村翔吾氏(36)は2回目の候補入りと、常連組が多くなっています。初ノミネートは、遠田潤子氏(54)のみ。

そして直木賞に選ばれたのは、馳星周(はせ せいしゅう)氏(55)の「少年と犬」。馳星周氏は、北海道浦河町出身の55歳。横浜市立大学卒業。書評家などを経て、96年『不夜城』でデビュー。

直木賞 第163回 候補作品と受賞作
 

雲を紡ぐ」(文藝春秋)
伊吹有喜(いぶき ゆき)


じんかん」(講談社)
今村翔吾(いまむら しょうご)
 

能楽ものがたり 稚児桜」(淡交社)
澤田瞳子(さわだ とうこ)
 

銀花の蔵」(新潮社)
遠田潤子(とおだ じゅんこ)
直木賞 受賞

少年と犬」(文藝春秋)
馳星周(はせ せいしゅう)

候補作の作品紹介(内容、あらすじ)

雲を紡ぐ(伊吹有喜)
「分かり合えない母と娘」。壊れかけた家族は、もう一度、一つになれるか? 羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織りあげられた「時を越える布・ホームスパン」をめぐる親子三代の「心の糸」の物語。
いじめが原因で学校に行けなくなった高校生・美緒の唯一の心のよりどころは、祖父母がくれた赤いホームスパンのショールだった。ところが、このショールをめぐって、母と口論になり、少女は岩手県盛岡市の祖父の元へ家出をしてしまう。美緒は、ホームスパンの職人である祖父とともに働くことで、職人たちの思いの尊さを知る。一方、美緒が不在となった東京では、父と母の間にも離婚話が持ち上がり……。実は、とてもみじかい「家族の時間」が終わろうとしていた――。(文藝春秋より)
じんかん(今村翔吾)
仕えた主人を殺し、天下の将軍を暗殺し、東大寺の大仏殿を焼き尽くすーー。民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした」青年武将は、なぜ稀代の悪人となったか?
時は天正五年(1577年)。ある晩、天下統一に邁進する織田信長のもとへ急報が。信長に忠誠を尽くしていたはずの松永久秀が、二度目の謀叛を企てたという。前代未聞の事態を前に、主君の勘気に怯える伝聞役の小姓・狩野又九郎。だが、意外にも信長は、笑みを浮かべた。やがて信長は、かつて久秀と語り明かしたときに直接聞いたという壮絶な半生を語り出す。
貧困、不正、暴力…。『童の神』で直木賞候補となった今最も人気の若手歴史作家が、この世の不条理に抗う人すべてへ捧ぐ、圧巻の歴史巨編!(講談社より)
能楽ものがたり 稚児桜(澤田瞳子)
わが国最高峰の舞台芸術として受け継がれてきた能楽。長年、能に親しんできた著者が名曲にインスパイアされて生み出した8編の時代小説集。
3「稚児桜」―清水寺の稚児としてたくましく生きる花月。ある日、自分を売り飛ばした父親が突然面会に現れて……。(原曲『花月』)(淡交社より)
銀花の蔵(遠田潤子)
大阪万博に沸く日本。絵描きの父と料理上手の母と暮らしていた銀花は、父親の実家に一家で移り住むことになる。そこは、座敷童が出るという言い伝えの残る由緒ある醤油蔵の家だった。家族を襲う数々の苦難と一族の秘められた過去に対峙しながら、少女は大人になっていく――。圧倒的筆力で描き出す、感動の大河小説。(新潮社より)
少年と犬(馳星周)
直木賞 受賞 傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。
2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか……
犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!(文藝春秋より)

 2019年 直木賞

2019年 下半期

直木賞 第162回 候補作品と受賞作
 

嘘と正典
小川哲
直木賞 受賞

熱源
川越宗一
 

スワン
呉勝浩
 

背中の蜘蛛
誉田哲也
 

落日
湊かなえ

2019年 上半期

直木賞 第161回 候補作品と受賞作
 

平場の月
朝倉かすみ
直木賞 受賞

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び
大島真寿美
 

トリニティ
窪美澄
 

落花
澤田瞳子
 

美しき愚かものたちのタブロー
原田マハ
 

マジカルグランマ
柚木麻子

 2018年 直木賞

2018年 下半期

直木賞 第160回 候補作品と受賞作
 

童の神
今村翔吾
 

信長の原理
垣根涼介
直木賞 受賞

宝島
真藤順丈
 

ベルリンは晴れているか (単行本)
深緑野分
 

熱帯
森見登美彦

2018年 上半期

直木賞 第159回 候補作品と受賞作
 

破滅の王
上田早夕里
 

宇喜多の楽土
木下昌輝
 

じっと手を見る
窪美澄
直木賞 受賞

ファーストラヴ
島本理生
 

傍流の記者
本城雅人
 

未来
湊かなえ

 2017年 直木賞

2017年 下半期

直木賞 第158回 候補作品と受賞作
 

くちなし
彩瀬まる
 

彼方の友へ
伊吹有喜
直木賞 受賞

銀河鉄道の父
門井慶喜
 

火定
澤田瞳子
 

ふたご
藤崎彩織

2017年 上半期

直木賞 第157回 候補作品と受賞作
 

敵の名は、宮本武蔵
木下昌輝
 

会津執権の栄誉
佐藤巖太郎
直木賞 受賞

月の満ち欠け
佐藤正午
 

あとは野となれ大和撫子
宮内悠介
 

BUTTER
柚木麻子

 2016年 直木賞

2016年 下半期

直木賞 第156回 候補作品と受賞作
 

十二人の死にたい子どもたち
冲方丁
直木賞 受賞

蜜蜂と遠雷
恩田陸
 

室町無頼
垣根涼介
 

また、桜の国で
須賀しのぶ
 

夜行
森見登美彦

2016年 上半期

直木賞 第155回 候補作品と受賞作
 

天下人の茶
伊東潤
直木賞 受賞

海の見える理髪店
荻原浩
 

家康、江戸を建てる
門井慶喜
 

暗幕のゲルニカ
原田マハ
 

ポイズンドーター・ホーリーマザー
湊かなえ
 

真実の10メートル手前
米澤穂信

 2015年 直木賞

2015年 下半期

直木賞 第154回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

つまをめとらば
青山文平
 

ヨイ豊
梶よう子
 

戦場のコックたち
深緑野分
 

羊と鋼の森
宮下奈都
 

孤狼の血
柚月裕子

2015年 上半期

直木賞 第153回 候補作品と受賞作
 

東京帝大叡古教授
門井慶喜
 

若冲
澤田瞳子
 

永い言い訳
西川美和
 

アンタッチャブル
馳星周
直木賞 受賞


東山彰良
 

ナイルパーチの女子会
柚木麻子

 2014年 直木賞

2014年 下半期

直木賞 第152回 候補作品と受賞作
 

鬼はもとより
青山文平
 

あなたの本当の人生は
大島真寿美
 

宇喜多の捨て嫁
木下昌輝
直木賞 受賞

サラバ!
西加奈子
 

悟浄出立
万城目学

2014年 上半期

直木賞 第151回 候補作品と受賞作
 

ミッドナイト・バス
伊吹有喜
直木賞 受賞

破門
黒川博行
 

男ともだち
千早茜
 

私に似た人
貫井徳郎
 

本屋さんのダイアナ
柚木麻子
 

満願
米澤穂信

 2013年 直木賞

2013年 下半期

直木賞 第150回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

恋歌
朝井まかて
 

王になろうとした男
伊東潤
 

あとかた
千早茜
直木賞 受賞

昭和の犬
姫野カオルコ
 

とっぴんぱらりの風太郎
万城目学
 

伊藤くん A to E
柚木麻子

2013年 上半期

直木賞 第149回 候補作品と受賞作
 

巨鯨の海
伊東潤
 

夜の底は柔らかな幻
恩田陸
直木賞 受賞

ホテルローヤル
桜木紫乃
 

ジヴェルニーの食卓
原田マハ
 

望郷
湊かなえ
 

ヨハネスブルグの天使たち
宮内悠介

 2012年 直木賞

2012年 下半期

直木賞 第148回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

何者
朝井リョウ
直木賞 受賞

等伯
安部龍太郎
 

空飛ぶ広報室
有川浩
 

国を蹴った男
伊東潤
 

春はそこまで 風待ち小路の人々
志川節子
 

ふくわらい
西加奈子

2012年 上半期

直木賞 第147回 候補作品と受賞作
 

もういちど生まれる
朝井リョウ
直木賞 受賞

鍵のない夢を見る
辻村深月
 

新月譚
貫井徳郎
 

楽園のカンヴァス
原田マハ
 

盤上の夜
宮内悠介

 2011年 直木賞

2011年 下半期

直木賞 第146回 候補作品と受賞作
 

城を噛ませた男
伊東潤
 

春から夏、やがて冬
安部龍太郎
 

夢違
恩田陸
 

ラブレス
伊東潤
直木賞 受賞

蜩ノ記
葉室麟
 

コラプティオ
真山仁

2011年 上半期

直木賞 第145回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

下町ロケット
池井戸潤
 

アンダスタンド・メイビー
島本理生
 

オーダーメイド殺人クラブ
辻村深月
 

ジェノサイド
高野和明
 

恋しぐれ
葉室麟

 2010年 直木賞

2010年 下半期

直木賞 第144回 候補作品と受賞作
 

」(もぬけ)
犬飼六岐
 

砂の王国
荻原浩
直木賞 受賞

漂砂のうたう
木内昇
 

悪の教典
貴志祐介
直木賞 受賞

月と蟹
道尾秀介

2010年 上半期

直木賞 第143回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

あの日にかえりたい
乾ルカ
 

天地明察
冲方丁
直木賞 受賞

小さいおうち
中島京子
 

リアル・シンデレラ
姫野カオルコ
 

かのこちゃんとマドレーヌ夫人
万城目学
 

光媒の花
道尾秀介

 2009年 直木賞

2009年 下半期

直木賞 第142回 候補作品と受賞作
 

鉄の骨
池井戸潤
直木賞 受賞

廃墟に乞う
佐々木譲
直木賞 受賞

ほかならぬ人へ
白石一文
 

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
辻村深月
 

花や散るらん
葉室麟
 

球体の蛇
道尾秀介

2009年 上半期

直木賞 第141回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

鷺と雪
北村薫
 

きのうの神さま
西川美和
 

乱反射
貫井徳郎
 

秋月記
葉室麟
 

プリンセス・トヨトミ
万城目学
 

鬼の跫音」(おにのあしおと)
道尾秀介

 2008年 直木賞

2008年 下半期

直木賞 第140回 候補作品と受賞作
 

きのうの世界
恩田陸
 

汐のなごり
北重人
直木賞 受賞

悼む人
天童荒太
 

いのちなりけり
葉室麟
 

カラスの親指
道尾秀介
直木賞 受賞

利休にたずねよ
山本兼一

2008年 上半期

直木賞 第139回 候補作品と受賞作
直木賞 受賞

切羽へ
井上荒野
 

愛しの座敷わらし
荻原浩
 

あぽやん
新野剛志
 

鼓笛隊の襲来
三崎亜記
 

千両花嫁―とびきり屋見立て帖
本兼一
 

のぼうの城
和田竜

 2007年 直木賞

2007年 下半期

直木賞 第138回 候補作品と受賞作
 

ベーコン
井上荒野
 

悪果
黒川博行
 

敵影
古処誠二
直木賞 受賞

私の男
桜庭一樹
 

警官の血
佐々木譲
 

約束の地で
馳星周

2007年 上半期

直木賞 第137回 候補作品と受賞作
 

玻璃の天
北村薫
 

赤朽葉家の伝説
桜庭一樹
 

まんまこと
畠中恵
 

鹿男あをによし
万城目学
直木賞 受賞

吉原手引草
松井今朝子
 

俳風三麗花
三田完
 

夜は短し歩けよ乙女
森見登美彦

 2006年 直木賞

2006年 下半期

※ 該当作品なし。

直木賞 第136回 候補作品と受賞作
 

空飛ぶタイヤ
池井戸潤
 

四度目の氷河期
荻原浩
 

ひとがた流し
北村薫
 

一瞬の風になれ
佐藤多佳子
 

どれくらいの愛情
白石一文
 

失われた町
三崎亜記

2006年 上半期

直木賞 第135回 候補作品と受賞作
 

砂漠
伊坂幸太郎
 

安徳天皇漂海記
宇月原晴明
 

遮断
古処誠二
 

愚行録
貫井徳郎
直木賞 受賞

まほろ駅前多田便利軒
三浦しをん
直木賞 受賞

風に舞いあがるビニールシート
森絵都

 2005年 直木賞

2005年 下半期

直木賞 第134回 候補作品と受賞作
 

死神の精度 (文春文庫)
伊坂幸太郎
 

あの日にドライブ (光文社文庫)
荻原浩
 

蒲公英草紙
恩田陸
 

夜市 (角川ホラー文庫)
恒川光太郎
直木賞 受賞

容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野圭吾
 

ハルカ・エイティ (文春文庫)
姫野カオルコ

2005年 上半期

直木賞 第133回 候補作品と受賞作
 

逃亡くそたわけ
絲山秋子
 

ユージニア
恩田陸
直木賞 受賞

花まんま
朱川湊人
 

ベルカ、吠えないのか?
古川日出男
 

むかしのはなし
三浦しをん
 

となり町戦争
三崎亜記
 

いつかパラソルの下で
森絵都
【関連ページ掲載】
※ これまで、「本屋大賞・芥川賞・直木賞」の全受賞作を、一覧(リスト)にしていましたが、あまりに数が多くなってしまったので、各賞を切り出した、それぞれのページを作りました。
 → 芥川賞-歴代受賞作|全作品一覧
 → 直木賞-歴代受賞作|全作品一覧
 → 本屋大賞-歴代受賞作|全作品一覧

▲ページTOPへ